« 頭と 顔の良い サッポロの小田島君へ | トップページ | お知らせ  »

此は御進めできる

前の記事で名古屋は天ぷら 天ぷらは名古屋 この様な記事を読んで頂いたと思いますが、
知ってますか? この時の話なんですが、知人に 韓国の方がいらして、その方達の話を
聞いている内に キムチの美味しい 自慢話に 成ったんです、「本場のキムチなんだから美味しいでしょうね」

とか「其れは美味しそうですね」などと 相づちを打って居たんですが、「実は私も友人がキムチやさんをやっていて いつも分けてもらうんですよ」といってしまったんです、「お好きなんですか」目が輝いてきたんです
競争意識と言うよりは 好きな人には是非食べてもらいたい?そんな雰囲気でした、

「其れではぜひ食べて下さい 送りますので」断ったんですがキムチによって自分たちを理解してくれるなら
是が非でも とは言はなかったんですが 「ははーとけ込みたいんだなあ」と感じられたので、受ける事に成ったんです 、
彼らの話では「酸っぱくなったキムチが美味しいんです、それに(古くなったキムチに)豚のバラ肉を炒めてその中に其のキムチを入れて炒めていただくと更に美味しいですよ」
「私達は余り酸っぱくない物が良いんですが」などと笑って言っていたんですが、真面目に「分かりました、新しい漬けたてを送ります」 でも悔しそうに「良く漬かったのが美味しいんだけどな」とこぼしていました更に「キムチが

付いたら食べやすく切って冷蔵庫に入れておいて下さい」とも付け加えられたので、「送っていただくのは有り難いんですがお返しは無いですよ」と笑い飛ばしたんです。
酒の席なので あてにはしてなかったんですが、

所が最近に成って 送ってきましてね、送り状を見るとその方の名前の脇に、漬物屋さんからなんです、作り方などの話から てっきり
本人が自分で漬けていると思っていたので、美味しいキムチを売っている所が有るよ、と言う話だったんですね。

とにかく送ってきたので、開けてみて びっくり、 其の唐辛子の色、「まじかよ、」此が第一印象、次に思ったより
ニンニクの臭いが余りしない、第三に感じたのが、白菜の青い所がそのまま漬け込んで有る事、あとは、じゃぶじゃぶにジュウシーな事 これらが(第一)印象、で漬け物の色は一口で言えば 濃厚な 良く熟した アメリカンチェリーをつぶした様な色、

私達の色名では漬け物全体が(チェリーレット)だろう。

さて問題の味だが此は美味しい さすがの本場キムチ、と言う言葉が一番似合う、  思ったより辛くなく 甘みがあるし 問題の青い所もとても美味しいのです、此ならもっと沢山送ってもらうんだったかな、彼らこんな旨いのを食って居るんだ。
なぜか未だ二度しか食べていないが何となく 後を引く、 この調子では大きな二株ほどは 酸っぱく成らない内に無くなるのでは。

送り先が有ったので好きな人の為に、以下に記します。
スーパーでは お目にかかれないし さすがの友人の所でも もし此を見ても 此処までやるか?
解りません、彼もその道の プロ なので 知ってはいると思いますが?

先ず電話  453-0862 朝鮮漬け 鳳商店 名古屋市中村区岩塚町林高寺東61

この味知らずして キムチ 語る無かれ  私の採点 81点 ちなみに ひろちゃんミシェランバッチテスト では
最高点です 70点が合格点です。
南博人のHPクリックすると そばの点数が出ています、二月か三月かだと思います。

私の紹介では解りません、東京にも有るとは思いますが探す手間より速いので お試し下さい、私の舌の感覚が解ります。
お店には行ってませんので、お客用駐車場が無ければー5点です。

|

« 頭と 顔の良い サッポロの小田島君へ | トップページ | お知らせ  »

「おすすめサイト」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 此は御進めできる:

« 頭と 顔の良い サッポロの小田島君へ | トップページ | お知らせ  »