« 山渓 編集の羽根田 治 さんが訪問されました | トップページ | ヒマラヤの土産 ナタを研ぎながら »

雲綾会の代表滝本君に 素晴らしい メールが来てました。

azusa
横尾吊り橋 下の テントから
yokosannsou
スケッチは横尾山荘の風呂上がりで 二階からです 6号の スケッチブック 水彩です、
此の吊り橋の右下に我が 雲綾会のテントが有って遊びに行って 寝っ転がって撮したんです、
なかなか素敵でした。

(1)茨城岳連加盟、住友金属山岳部所属、草野と言う者です。

ぶしつけで大変失礼なメールなのですが、そちら様の大先輩、また、岳人皆の大先輩でもありますが、
「南 博人」氏は まだ 御健在なのでしょうか。

先日、連休前で 穂高・涸沢へ入りました。29日に下山して来たのですが、徳沢園の近くで雲稜会の南氏??と 思われるご年配の登山者とすれ違いました。はっ、としたのですが 人違いかも・・とも思いました。
80前後かと思われる 風格を感じた老登山者でした。数年前購入のクライミング関係の本の中の 南氏の写真にそっくりな方でした。

私、若い頃の登山は、貴会が初登攀したルートのトレースに明け暮れた者の一人です。
屏風岩・東壁・雲稜ルート、衝立岩正面壁・第2雲稜ルート、大同心正面壁・雲稜ルート、これらをトレースして ルートの困難度を肌で感じてました。これらのルートが、貴会、南氏らによって初登された事は書物の中で知ってました。「RCC-Ⅱ・日本の岩場」・・昭和の52年頃の購入。
35才頃まで続いていた岩指向も その後ふっつりと途切れ、山と縁の無い生活が10年。

6年前に、思い出しての 山へのカムバック。昔のようには行きませんが、また、ヘルメツト被る山へ少し行ってます。私らに取っての 雲稜会の南氏は、「雲の上の人のような伝説の人、」先日の ご老人が 南氏なのかな・・と 今も気になります。知ってどうこうもないのですが、ご健在かだけ知ろうとメールします。

水戸に 書物の中の伝説の岳人、芳野 満彦氏、「服部 満彦」氏、まだ健在なのです、90才に近いと思います。水戸の「モリ商会」と言うスポーツ屋さんの店主だった方、私の若い頃のクライマーもどきの頃、 店内で姿を見てましたが、10年ブランク後の モリ商会への買い物時に まだ健在・・を聞いておどろいてました。

私は 先日 伝説の岳人と すれちがったのだろか・・と。つまらないメールで失礼します。

茨城県鹿嶋市
住友金属山岳部・鹿嶋山の会・所属
草野一夫

(2)滝本様、返信の事ありがとうございます。やはり 南氏だったのですか、高名な岳人とすれ違ってたなんてうれしい事です。やはり 穂高ですね、関東のヤブ山では こんな事は起こりませんから。

ところが 南氏は、やはり雲の上の人、前から来る岳人を見て「あれっ」とは思ったものの、南氏に 話掛ける 度胸もあつかましさも無かったのです。でもうれしい経験でした。確認出来てうれしく思います。
雲稜会さん、この連休は 屏風岩へ入られたのですか、涸沢の往復時、なつかしく東壁を見上げていました。
T4テラスが残雪斜面となっているのを見てました。

南 博人です、
「草野さん メール頂きまして 有難う御座います 一日遅ければ 「あの」屏風の良く見える所で 滝本君と
二人で朝の5時から夕方の5時まで カメラを構えて 居ましたから時間が有り余ってたんです、
残念でしたねえ。又どこぞやでお会い出来たらきっと 声を掛けて下さい。
ではメール無断ですが 使はせていただきます、素敵なメールでした HPへのコメントもお待ちしています。

追伸 実は 岳人の2004年一月号 ナンバー679に 私の撮した(ツイタテ)の写真が掲載されて居ます
未だご覧でない様ですので 一応 お知らせしておきます、HP立ち上げる前でしたので 何時かHPに出そうとは思っていましたが取りあえず。


5月 14, 2005 in メールや手紙のお知らせなど など | 固定リンク | コメント (1) | トラックバック (0)

5月 13

|

« 山渓 編集の羽根田 治 さんが訪問されました | トップページ | ヒマラヤの土産 ナタを研ぎながら »

メールや手紙のお知らせなど など」カテゴリの記事

コメント

東京雲稜会・南様へ
茨城県鹿嶋市・住友金属山岳部・草野一夫
滝本氏からのメールで、南氏のホームページの中へ、私の厚かましくもつまらないメールを
載せて頂いた事知りました。
大先輩の南様から 返事が頂けた事、大変嬉しく 感激です。
前回の穂高行は、私にとって思い出多き山行にになりました、ありがとうございます。
南様のホームページの事、滝本氏よりのメールで紹介頂き 拝見させて頂きました。
感想として、「すばらしき老い方」、失礼ですが、こんなふうに感じました。
私は今52才です、まだ自分の「老いの頃」を実感出来ませんが、南様のような「老いて尚現役」の姿、私も目指したく思います。
私の山登りの方、気持ちだけがどんどん現役の頃へ近づきつつあります、「無理はしない」を口にしつつ、明日 谷川岳の幽の沢へ入ります。
V字壁の右ルート、一日掛かりのつもりでよじ登って来る予定です。(夕方の6時鹿島発予定)
へたなんですが、好きなんです。
今夜の谷川岳行の車の中での話題は、雲稜会の南様から返事が頂けた事の自慢話しになると思います。
時々、南様のホームページ、拝見さて頂きます。ありがとうございました。
失礼します。
追伸、私のメールアドレスですが、
「K1215@」で始まるアドレスは、今月初めに光通信を入れた関係で今月いっぱいで止ります。
新アドレスは kusanok1215@の方 となってります。今月いっぱいは新旧で2つのアドレスが生きてます。

投稿: 草野一夫 | 2005/05/18 14:55

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 雲綾会の代表滝本君に 素晴らしい メールが来てました。:

« 山渓 編集の羽根田 治 さんが訪問されました | トップページ | ヒマラヤの土産 ナタを研ぎながら »