« ヒマラヤの土産 ナタを研ぎながら | トップページ | 赤丸二十日大根遅くなった写真 »

岩魚を二日で 中ぐらいの食べ頃を 何匹も釣ったという

syakunage
iwauchiwa
5月の末 例によって 悉知君と二宮君が 岩魚釣りに行ってきました 場所が 奥志賀とのことでしたが池の名前の場所が分からず さんざん説明を聞いた後で 雨宮君がやはり分からず 出された地図お見て 分かった分かった と私の所に其の地図を持ってきて 説明してくれました、話では 草津から白根越えで 奥志賀へ 黒板の説明では全くどこだか分からずでした、彼らはスキーはやらないのか行ってないか・ 

車を捨てて 6~7時間掛けて根曲がり竹の藪を 大変な山奥に聞こえましたが 地図を見て「あ 此処だ」山屋は言葉よりやはり 地図だね。
「ほら 此処が 等々、

其れは志賀高原の いつも行く スキー場の尾根を挟んで隣でした、挟んで と言っても 同じ尾根の反対がゲレンデリフトの上へ突き上げている沢の下流の様でしたもしかすると

 スキーでしか 行っていないのでハッキリは言えないのだが ? 「降り」た方が 楽では無いかと言う話になりました、釣り師達は その手前から入り込むらしいが、此処へ来るのに白根越えで

入る人たちなので 降りるのは 考えにないようでした。
長野廻りでの オリンピック 道路の方が 速いように思えるんですが。
やってみなければ どちらが楽か分からないのですが。

「今度も 食料は持っていかなかったの?」と聞いたら 今回は少し持っていったと言うが 食べ頃の大きさのやつを ?匹も食べると  もっていった物は持ち帰ったという、又 もう少し後なら根曲がり竹の林を越えるので あれを取って焼いて食えば旨いんだがなあ と いかにも残念そうでした あいつらは根っからのサバイバル屋だ 春は山菜 秋はキノコ、冬は勿論雪と氷 岩も大好きときたもんだ 年間の山行日数が ものすごいよ。

最後は釣り餌が無くなってきて 
 釣りを止めたと言うから 餌が有れば、、、、、、。
今はプロの釣り師が居なくなって?
旅館が 養魚所からの仕入れ?に変わったからか?案外良いのかも?
でも昔よりは 小振りになったとか。

そんなこんなで ナタの事は 聞かずじまいでしたが 「幻の岩魚」 も 二宮君の手に掛かったら 、私も釣り竿でも 買おうかな。雪渓が結構有ってピッケル 軽アイゼン の様な物が欲しかったとか やっぱりナタよりピッケルかなあ 今年は 所によっては 雪が多かったからかも。


  私も同じ日に、「東京都山岳連盟トレッキングスクール特別講師」で 谷川へ行って来ましたが 谷川も雪がいつもよりたくさんありました 天神ではまだまだ滑れます。
トラバースが思った通り 初心者には悪く こっちも初心者みたいな物ですが フイックスロープに捕まっていても 下を見ると「此処でやったら 助からないな」と感じました 。

帰りに誰かがそのあたりで 足元の雪の中から菊が一本 にょっこり 生えているのを見つけ「こんな所に菊が? 近くに線香のたばが有りました、新聞に出ていたやつだなー此処は?あの時期はフイックスが埋まっていたのかも?そうしたら 誰が見ても?ザイル物です。

何もなかったら、ピッケル 深く打ち込みながら何度もキックステップで 一歩ずつでしょう そんな感じでした。
菊を見て 皆さんそれぞれに 思う所 有ったと思います。

勿論ちゃんと トマの耳まで行ってきましたよ頑張って。
天神尾根では 例の岩団扇が 殆ど咲いたばかりの濃い ピンクの群落 がいくつも 有り、 小降りで綺麗なシャクナゲの花がこれ又色が赤くて いつもより残雪の多い山をバックに綺麗でしたよ、

出てくる度に皆さんもパチパチ撮していましたが こちらのデジカメに写っていたら後で出します。
皆さん 私のカメラを見て、何処のですか ?「リコウです」「なぜリコウなんですか」と聞いてきます私の持ち物に
興味があります、「単三が二本でも 使えるんです、四本は他にも出ています 思ったより寒さに強いです」と言うと「マイナス20度ぐらいでも大丈夫ですか」と来たので「其処まではやった事がないですが マイナス10度は有りますけど」チィップは一ギガです、等々

其れを聞いて安心したような顔をします それなら自分のも大丈夫 と思うのか?
ヘットライト から ザックまで 見ています、雲台付きの杖もかなり 興味が有った人が沢山いて 私も買いますと言う方何人もいました。

一番受けたのが 柄入りのロングスパッツでした、此は 他のパーテーからも何人も声を掛けられました。
所が 綺麗な新しい方を無くしてしまい家中探してもないんです、誰かの車かなあ、

今回のは もうずたずたで 困っていたんですが、先週デパートで、柄が良さそうな シャツを見つけたので其れで作り替えようと 買ってきました、シャツですので 作り変えなければ成らないんですが 結構高く 1万円ほどしましたがやってみます、ミシンは腕に覚え有りですから あれだけ受けたんでは やらねば 出来たら素晴らしいですよ。

今回は一応 都岳連の講師という事で バス一台で行きましたので 少し気を使いましたが 「ほら」も ふきました。話した後笑うと、「結構本当なんだよ」と どこからか聞こえました。
そうなると 「ほら」ではなく 自慢かも。
さんざん自慢話をして 「お上の要望ですので」 足アゴ付きでお小遣いいただくの たまには良いですね。
谷川の写真出します 、どちらが イワウチワ、かお分かりですか・6月23日。 

|

« ヒマラヤの土産 ナタを研ぎながら | トップページ | 赤丸二十日大根遅くなった写真 »

「エッセイ」カテゴリの記事

コメント

正確には、27匹食べました。2匹は、柵から外れ、どこかに落としてしまいました。料理は、刺身、塩焼き、唐揚げ、うどん、汁です。
焚き火で作る料理は最高です。以上

投稿: 知悉 | 2005/06/15 16:01

tesuto

投稿: 調布のひろちゃん | 2005/06/11 04:26

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 岩魚を二日で 中ぐらいの食べ頃を 何匹も釣ったという:

« ヒマラヤの土産 ナタを研ぎながら | トップページ | 赤丸二十日大根遅くなった写真 »