« 2005第12回 光彩展 のお知らせ | トップページ | 素敵なロングスパッツが出来ました »

院展90回の歩み展

inntenn
 何年振りかで三越日本橋店に出かけたんです、
900円の招待券2枚をいただいたからです、

院展と言うのは 日展に対抗(文部省)しながら 個人尊重を背景に とあります、

日ッ展にではなく「洋画に対抗して」です、

したがって 

したがって 院展には油絵(洋画)が無く  日本画(水彩画)がほとんどです、

材料が違うだけで 今は表現の方法は洋画と同じなんですが、

日本画は 装飾に力を入れますので 必要最小限の影を描く事が多いんです、

ところが この水彩画には やり方が沢山あって

いろいろに分かれます、水に溶いた糊の種類によって名前が変わってきます、

お分かりかな?

この糊の一つに 膠が有りますが、これで描いた絵を (主に) 日本画と言っています、

最近はアクリル画も日本画に入り 荒い岩絵の具と混ぜることもありますが、

皆 水の性質を利用して描くことによって 油と区別します。

ちなみに洋画と言はれた絵は接着材が油です(植物油)、
勿論墨も 膠ですので 日本画の部類に入ります、


分かり難い絵の 能書きはこのあたりにして、今日の本題です。


行ってみると 会場が 三つに分かれていて 一つ目が新館でした、

一つ見てから 食事でもして、後を見よう、となって 

一つ上の 食堂街とやらにあがったところ そこには 高級店が 3軒有るだけで
 要するに私たちが普段食べているようなお店がないんです、

そこで旧館に行けばあるんでしょうが、これが面倒、

次々上がってくるお客を見ていると 三軒を覗いては うろうろ 

そのあげく 一番沢山集まるのが(筑紫楼)

私たちもその列に並ぶことにしたんです、

思ったより早く席に着くことが出来ました、4人用の大きなテーブルにゆったり、

メニュウを見て たじろぐ

 丸が一つ違うではないか その中で 私たちは 一番安いセット

 3200円なりを頼んだんです、この店私は始めて、家内は知っていてか 

「紫禁城って 中国にあるでしょう 中食で これだけ混んでいるんだからきっと美味しいのよ」

こんなことを もらしていたんですが、

実は私ひそかに 900円の招待券で 3200円の食事に抵抗が有ったんです、

美味しければ700円ほどのざるそばでも良かったんですが、

所が出てくる料理はどれもが 美味しく美味しさににんまりの、 味と食感でした、

特に春巻きの出来は最高?最後のデザートも口にしたことの無い 初めての味で、

最後を締めくくる ピリッとした 冷え方も 改めて最初からの温度のリズムを感じました。

私たちは(満足)して店を出たんです。

 「それにしても お客さんは 美味しい所は良く知っているなあ」 

「こんな高級店に列が出来るんだからな」我々の様に仕方なく入った人もいたでしょうが、


私の採点 82点 ちなみに70点が合格点 、

6000円程のセット料理を食べて見たいと思いました、もっと点数が上になったかも。

私たちと同じ料理を頼んでいる人も目立ちましたが。一度この店の(売り)である 

鱶鰭と タラバガニに 挑戦したいものです 。

何方か食べた方 コメントください。

高いと思った値段が食べている内に 安いと感じたのは 久しぶりでした、

食事後 残りの2会場をゆっくり見て 今日は絵より紫禁楼が印象に残り 夢を残して 帰りました。


孫でも大きくなって こちらも元気だったら 恒例の私の誕生会でもしたいですね。
ここは 家内の誕生会にしますか。

此れが特別な3200円の 料理としても 

誕生祝いの15、000円会費なら かなりの料理が出るのでは?。

|

« 2005第12回 光彩展 のお知らせ | トップページ | 素敵なロングスパッツが出来ました »

食事エッセー」カテゴリの記事

コメント

トラックバック 有難う御座います、
私の言いたいのは 日本画 と言う名前が

どなたが 付けたかが しりたいのです、
更に洋画との違いを 一般の方に分かって頂きたく(この絵は油彩画と変わらないではないか)
この様な質問が多いのです、

私は物知りではなく、現在も芸大の日本画科
博士課程を出られた 小滝雅道先生について

15年程に成りますか、
ただ絵を描いているだけですが、

どうせ日本画をやるんなら、 絶対 油彩画には 真似の出来ない、俵現で 技法で 描くこ

とを 心がけて 居るんです、出ないと油彩と区別が付かなくなると 思うからです。

只それだけです 、展覧会を見に行くのは。私の 俵現方法が どこかに有るかを 確かめに

行くんです 100年前に 使われていたのでは
困るからです、 又何か教えて下さい。

投稿: hiro | 2006/01/14 01:10

招待券集会にお持ちします、

投稿: ひろ | 2005/11/07 18:11

メニュウは覚えていませんが ビーズ展の 招待券が2枚有りますので
送ります、奥さんとでも お試しください、久々のコメント有難う。

投稿: ひろちゃん | 2005/11/03 01:29

3200円で85点というのは魅力ですね。メニューを教えて下さい。一度食してみたいものです。

投稿: takimoto | 2005/11/02 11:57

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 院展90回の歩み展:

» 院展 [美術をきわめる]
院展日本美術院(にほんびじゅついん)は、日本の美術家の団体。1898年創立。岡倉天心が、職場の東京芸術大学|東京美術学校を追われる形で辞職した際に、門下の美術家を連れて結成したのが始まりである。しかし、初期は運営がうまくいかず、岡倉の熱意も冷めて会は数年でほぼ解散状態になる。岡倉が1913年に没する...... [続きを読む]

受信: 2006/01/13 21:26

« 2005第12回 光彩展 のお知らせ | トップページ | 素敵なロングスパッツが出来ました »