« ダイナシティ 出ましたね、相場師には成れ無いね | トップページ | 白馬八方から21日戻りました(ハクバ)ですよ。 »

トラックバックが付きました

10月29日の 院展に 今日13日に トラックバックが
付きました どなたかは存じませんが。

とにかくごついやつです けっこう前の方まで
読んでいますね、驚きました、

あの記事は 院展の生い立ちではなく、
日本画とは どんな絵か を 少しでも絵にウトい

人にも分かりやすく

書いたんですが、 本題は 料理 の話なんです。

絵の方では
問題は 横山大観や 下村換算が 岡倉天心を

含めて その当時の俗名?洋画 油彩画を
ヤラレテイタカに掛かると私は思うんですが。

院展はどちらでも良く 日本画という 名前の
出所です、

日本画科という名前は 誰が どのような意図で
付けたんでしょう。

私が思うのは 
(洋画)に対する、対抗上 日本画 と言う

名前を 使ったと思うんです、
最近は洋画とは言わず「油彩画」と言っています、

そうなると油の人は 日本画という呼び名に
違和感を感じて、水彩だろう、 と食いつきます、

所が 水彩には 違いないんですが
一般的に ただ 水彩と言うと 「透明水彩」を

指しますので、全く 遺筆な物ですので
間違います、

其れでも良いのですが そんなに広くしたら
例えば 家や壁に塗る 塗料も 水彩 なら

セメントも 水彩ですので 勿論漆喰も溶くのは水、
これらで描いた絵は みんな水彩画 になり

あまりにも ジャンルが 広くなります、
デスので 名前というのは 必要性が有って 

付くのですから せっかく200年?前から付けられた
ニカワ を使う絵を 主力にした絵を 絵画を 日本画

と呼べれば 日本の 200年の文化が 生きて
つながって行くのでは、

日本では200年は 文化と 見なされないようで
すが 今が文化なんですから 本当は今の文化が

大事なんです、時に日本に根ざした文化が日本人
が 大事にしなければ 消えていってしまいます、

水と粗い砂 によって 出来る表現を日本画と言い
やり方を守りながら発展させるのは 私たち日本人の

使命 では 油彩画の人たちが私たちの絵を見て
「日本画」ですね。と言う方も 居ますので、一目

見ただけで 違いが分かるんです「水彩ですか」
とは 聞かれたことが有りません。

一部指導適立場の 油彩画の先生に 日本画という
呼び名を 極端に嫌う 方がいます、

元をただせば 中国や イランから来たと思うんですが
根を下ろして 200年も 続いて居るんですから、中国

画というよりは 日本画の方が良いと思うんです。

トラックバックを付けた方 
コメントで教えてください。

こちら 絵は 売りたい方で 買いません
あの程度なら 描けますので?

なんと言っても 自分の絵 最高です
油彩では絶対に 真似の出来ない技法ですから。

|

« ダイナシティ 出ましたね、相場師には成れ無いね | トップページ | 白馬八方から21日戻りました(ハクバ)ですよ。 »

絵画」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: トラックバックが付きました:

« ダイナシティ 出ましたね、相場師には成れ無いね | トップページ | 白馬八方から21日戻りました(ハクバ)ですよ。 »