« NHK学園でグループ展です | トップページ | 3月6日 株は全て?売却 »

こちらも 久しぶりのコメントでした

初めは おねいちゃん からではないか とは思ったんですが
 お友達から来たのかと勘違いしましたが
 メールしましたら おねいちゃんでした。

コメントは 06年3月13日の「ばれました」にです。

まとめますと
サッティヤナンダ ヨーガ という
非常に高く評価されている
インド政府公認のヨーガ大学を造った所です。
「マンガラム」 と言う 南 恵美子 の名前で活動しているようです。
はやい話 此処の 「名取り」さんに
成ったようですので 先が 楽しみに成ってきました。
本人も 自信がついて来たので コメントくれたのでは無いかと
喜んでいます
親としては 前向きに 応援したいので 宜しく 頼みます。
取りあえず コメントの 紹介です おいおい 活動を紹介していきます
ので 宜しく
ヨーガは かなりの ブームですので 先が楽しみです。

彼女は カルカッタ語 が堪能で インド大使館などの催しにも
参加したことも有ります。
年の半分はインドで生活している様です?
コメントにブログの アドレスが有りますが恵美子のですので
お寄りください。
けっこう 向こうでも「ココログ」やってやがん の びっくりしたでようー。


17日
又コメントがあり、
ベンガル語と  英語が 堪能とのことですので、興味のある 外人さんにも
紹介 頂ければ と思う 次第です  なお  ブログではなく まともなHP
だそうですので 失礼しました  子は 親を超える?。
自分が 立てたとの事です、 英語の テストにコメントは
英語で やってみては?。 
元々 私が 取り引き等で 外国への手紙は 前から 頼んでいましたが。
頼もしいです 頑張って頂き 生活の 基盤に して欲しいと 望んでいます
いくら応援しても 私は 74才ですので 先が しれていますから?
では覗いて やってください。
英語版の CDも発売 しているそうです。

|

« NHK学園でグループ展です | トップページ | 3月6日 株は全て?売却 »

コメント

哲夫叔父さん、トラック・バックありがとうございます。

かれこれ、13年前から、インドに通っています。
初めの5年間は、西ベンガル州にある、シャンティニケトンにいました。
シャンティニケトンは、BSYと同じグルクル・システムの学校で、100年前に、アジアで初めてノーベル賞を受賞した、インドの詩聖、ラビンドラナート・タゴールが設立した学園都市です。
そこでは、北インド古典声楽(大変高度なナーダ・ヨーガ=音のヨーガ)と、タゴール・ソング(ベンガル語で書かれた、インド哲学の詩/歌)をインド国立、ヴィシュヴァ・バーラティ大学のフォーリン・カジュアル・コースで学んでいました。
しかし、いくら勉強しても、生きたパラマハムサの知識と経験、洞察力から来るアドヴァイスがなければ、私が求めている回答は得られないと考えていました。
そんな時、8年前になりますが、偶然のことから、BSYとパラマハムサ・スワミ・ニランジャンに出会い、とても気に入っていただき、今では、その教科書を訳したり、公認ヨーガ・クラスや、サイトを立ち上げたりして、伝統的なヨーガの、日本への啓蒙活動に日々を費やしています。
サイトもかなり出来上がって来ましたので、昨日、ヨーガ・ジャパン・ネットという無料のサイトに広告を出したところ、今日だけで、早速、30件以上のアクセスがありました。

春のお彼岸で、お寺はお忙しいと思いますが、一段落したら、ぜひ、ヨーガ・コミュニケーションのサイトにも遊びにいらして、感想を、掲示板に、書き込みして行かれてください。

サイト内の「マンガラム日記」(伝達事項を兼ねた、サイト内ブログ)をお読みいただければ、やや詳しく書いてありますが、去年の11月から、オーストラリアSYA(サッティヤナンダ・ヨーガ・アシュラム)の、リシ・フリダヤナンダさんのアレンジで、何回目になるかか判らない、インドに行き(前回は初めてのリキア)、1月20日に帰って来ました。
ですから、今は日本にいます。

また7月ごろから、インドに行く予定です。

ではまた。お元気で。
叔母様にも、よろしくお伝えくださいませ。

Om,Mangalam
マンガラム南 恵美子
ヨーガ・コミュニケーション
www.yogacommunication.jp

投稿: Mangalam | 2006/03/20 00:48

てっちゃん CD 頼んで あげて ください
私は 猿に小判ですので。
繋がりますよ。

インドは一度は ぜひ。
私は3度行って いますので
hiro。

投稿: hiro | 2006/03/19 19:59

えみちゃん久しぶりですね。今インドにいるとは思っていなかった、元気でやっているみたいで安心しました。私も一度はインドへ行きたいと思っています。

投稿: 旦保哲夫 | 2006/03/19 19:28

Hari Om,

今日、ついに、待望のヨーガ・ニドラのページがアップしました。全部で23part訳したうちの、9partしかのせていませんが、これが、世界的に名高い、BSYサッティヤナンダ・ヨーガの、ストレス・マネージメントとして有名な、ヨーガ・ニドラという、誘導付きメディテーションの理論です。
読み応えあると思いますので、伝統的なインドのヨーガにご興味のある方、また、普段、ストレスを解消したいけれど出来ない方、ぜひ、じっくり、お読み下さい。
英語版でよろしければ、CDも販売しております。

Om,Mangalam (南  恵美子)

投稿: Mangalam | 2006/03/18 00:47

早速の宣伝、恐縮です、、、。
親心、ありがとうございます。
なるほど、訪問者のカウントが、10ポイント程上がっていました。

ところで、堪能なのは、カルカッタ語ではなく、ベンガル語です。
一昨年はオーストラリアに派遣されたので、最近、英語も堪能になってきました。

このサイトの日本語への訳は、全てわたしが行っています。

ところで、こちらは、ブログではなく、本当のホーム・ページ付きのウェブ・サイトです。

左側にある、メニューから、各ページにリンクしています。色が青く変わっている文字が、アップしているページです。(白い文字のコンテンツは、まだ作成途中です)

オーストラリアや、インドの親サイトへは、行ってみましたか?

まだ、建築中ではありますが、なにしろ初めてのことなので、うち(ヨーガ・コミュニケーション)のHP訪問の、感想をお聞かせいただければ幸いです。

では、また。
取り急ぎ、お礼まで。

Om,Mangalam

投稿: Mangalam | 2006/03/16 23:01

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: こちらも 久しぶりのコメントでした:

« NHK学園でグループ展です | トップページ | 3月6日 株は全て?売却 »