« ゲコ 南博人 お酒の話 第二段? | トップページ | とうとう お墓を買って来ました、が今日はユーミンを聞きに行ってきます »

ゲコ 南博人 お酒の話第三段

 Rimg0537
ワインの 製法 で 普通の方法が 「スティルワイン」
これに対して 「スパークリングワイン」此がガス入りワインで
前にふれた 「シャンパーニュ方式」 「トランスファー法」
「シャルマ法」 「ローカル法」などが有って 、

早い話が シャンパニュ法が 美味しいらしい。

 蔵王のホテル二日目 に 取り出した お酒は 昨日の
お酒と 同じ 四合瓶というのか
ビールの 大瓶ほどの 丈がやや低い このお酒は 初めて見る
 「龍力」
ご存じかな 、箱から出すと にんまり 「飲めないんだよね」
残念そう 。Photo

いや根井さんが 自慢のお酒なら なめてみようか 、
「自慢ではないが 」「お勧めの 一品でしょう」
コップの底に たら たら 何滴か 入れる 彼も コップに 半分ほど注ぐ。

早速私が先に 口に 含んで見て「えらいコクが有りますね」
開口一番 私の直感である、
私の顔を 横目で見ていた彼は 大きく頭を縦に、
「そうなんですよ」

私の直感は 見事に 当たったと見える、
 じつは石打などのスキーで 「八海山」という銘酒があって
「そんなに美味しいのなら 一口飲ませて」 と言って口に

したことが有って 「此が 銘酒の味?癖の無い 軽いお酒だね」
一口だが 口にしたことが有って、
その後 いつもの 飲み屋で キープしていた 「麦焼酎」を

なめた事があり、その時の 印象が 八海山と同じ味だな、
と言ったら 「其れでは八海山が 可愛そう」と皆が言っていたが
それほどでもないが 今の ?
麦焼酎は 癖が無く 美味しいと言う

其の名前は「いいちこ」下町のナポレオンと言われて 30年 人気が
有るそうで ゲコの舌もまんざらでもないようですし 、耳もね、
 星の寒梅という銘酒があって 其処の社長が「明大山岳部OB」で

 八海山の社長が「農大山岳部OBと言うのも 面白いねえ。
 耳は最近 遠く成りましたが 此で 「いいちこ」の 社長がどこを出て
居るんですかね 知りたい所ですので 知っている方 コメントください。

  彼は素人には多くを語らないが 「其れで安心した」とでも思ったのか
そんな 様子だった。
此処で彼は酒のプロか? プロではないがかなりの物だ、以下

彼は「全国新酒 鑑評会」が5月20日にあったので モウ20年ほど
毎年行っていたという、 この頃は 広島でやるように成ったので
行かなくなったとか その頃は 850銘柄 程出ていたが 今は

1000を超えるのでは?との話、
「なに審査員やっていたの」と聞くと 違うという、「一般の人も入れるよ」
と言う 勿論 審査が終わってからと言うが 聞き酒は

自由 とか でも 20~30品種 も 口に含むと はき出しても
 ほろ酔い加減に成るとか、

 どうも 此処で「龍力」の社長(本田さん)と知り合い更に息子さんと

つき合う様に成ったらしい 、
  このお酒は 姫路の 網干し(アボシ) 
と言うところで こだわりは 「山田錦、特A地区」の
お米のみで

 特Aに力を入れる所を見ると 此が 此のお酒の 
「お米」の味だという、

「東京で どこに売っているの」?
「知らないが 先日 船橋の東武で見かけたので買って来たそうな」
船橋の東武は 日本酒に 力を入れていて 時々 銘柄酒を

集めて 特売しているそうで 、もしかすると東武では 鑑評会に
行っているのかも と思うのは 私の勘ぐり、

 根井さんこのほかに 何とやら大学の 酒の研究の

教授が友達で 時々遊びに行くという何でも
まずい酒は 何故まずいか?変な研究が有る物ですね、
やはり番号だけのお酒を 20銘柄ほど並べて 

聞き酒を させられるそうである、
プロか アマか 分らない グレイ色の 酒好きも居ますね。
こんな方の 進める?か 好む?か「こくが有る」
お酒 飲んで見ませんか 検索で
HPが 分ると思うんですが、送ってくれますよ。

 6時半頃 息子から 電話で 寿司でも食べに行こう
と誘われ じつは今し方 伊勢丹で食事して戻ったばかり、
本当は お茶を買いに行ったんだが 夕ご飯の買い物
をして食事して 肝心のお茶を忘れて 来てしまい、

おまけに 予定外の サッカーシャツを アルペンで買って
下に着る長袖の 襟付トレーナーは伊勢丹で そろえて 、
戻ったところでした、 再び 伊勢丹へ 寿司を食べに 

孫に釣られて行ってきました ので 
今夜の食事は まるまる残りました。

 でも孫との食事は 思いがけない楽しい 物でした。 

 明日は朝から 最近 車いすから降りて 平らな所なら
歩けるように 成ったと言う 足立君を誘って 昔好きだった
写真を 「だし」に 60年前に 良く山へ行った仲間と3人で

ドライブ がてら 桜と富士を写しに 行くことに成っていますが
天気が 味方してくれそうにも 有りません、
 ちらりと顔を 出してくれない物かと 
願っていますがどんな物か

明日の 写真出します。
富士は 雨で見えません 、小雨の田貫湖です。
桜も10日程早かったです 、4月10日。Toriminngu

|

« ゲコ 南博人 お酒の話 第二段? | トップページ | とうとう お墓を買って来ました、が今日はユーミンを聞きに行ってきます »

コメント

 車な生活の トラックバック この辺りで辞めてください、 ただ乗り宣伝は 嫌なんです
単純な ブログなら良いですが、
燃費が良くなる 宣伝は嫌なんです
桜だけなら 良いですよ。
宣伝の乗った ブログ は 今度出たら 消しますよ。
hiro。

投稿: hiro | 2006/04/15 23:23

早速のコメント 有難う どうもお酒は 材料と製法の うんちく がうるさいね
こちらは 飲みたくても 飲めないんですよ

肝臓と頭の弱いのは 遺伝ですからね、
小学校の時頭の良いのが二人居てね クラス委員降りたとたん その一人が私に接近してきて

ずいぶん 助けられてね
 
一度合いたくて 20年 程前に 調べてもらった事が 有るんだが なくなられたとか、
あいつ早めに テッチャンの 仲間の世話になっていたんだね  何とか薄命ってね、

聾唖?学校の校長の ムスコで 妹もいたんだが
やはり クラスでは ずば抜けて 居たらしいよそれに引き替え こっちは 落ちこぼれの

休み時間と 体操だけの キカンボウ だったけど 騎馬戦なんか いつも一人勝ちでしたよ。

酒も頭も 遺伝子だね、本人には罪はないね 岩登りも 遺伝子だね、私が 偉い訳では無いね

もしかして絵もそうかも。
お酒は飲めないんだが、此も遺伝子の 癌が 怖いので 毎日 野菜ジュウスを 
コップに すり切り いっぱい 龍力の様にコクの有るやつを 飲んでますわ 
でも遺伝子には勝てないね。
野菜ジュウスで 事が足りるなら 癌の死亡率が減るはず だものね むしろ 増えているよね。 

投稿: hiro | 2006/04/12 11:41

サントリーで田崎さんが呼びかけているワインの会に入って、もう9年目になりますが、世界中にいろんなワインがあるんだなあと感心致します。おいしいお酒というのは、殆んどがさっぱり系ですよね。食事と一緒という時にはちょっとまったり系が良いといわれています。私は1996年のワインは良かったと思っています。2003年も割りにいけると思います。私が酒飲みなので、いろいろとお酒が集まりますし酒飲みも集まります。お酒談義で一晩ぐらいはすぐに潰れます。お酒を飲む時間が無駄だという人もおられますが、酒を知らないで過ごす人生も勿体無いと思います。

投稿: てっちゃん | 2006/04/12 10:34

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ゲコ 南博人 お酒の話第三段:

» キレイな桜。そしてドライブ [etc 〜クルマな生活〜]
桜の見頃も過ぎてしまいました。お花見ドライブに行ったときのことを書いています。日本人は何故桜が好きなのでしょうか!? [続きを読む]

受信: 2006/04/15 20:45

« ゲコ 南博人 お酒の話 第二段? | トップページ | とうとう お墓を買って来ました、が今日はユーミンを聞きに行ってきます »