« 初登攀物語 NO1 | トップページ | 恒例に成った私の誕生祝い »

ガマと狸と自己脱出、

早速助っ人が現れました、

>南 博人様

グループ山想の谷川岳集中は、悪天候のため残念ながら中止となりました。
本来なら谷川岳にいる筈が、家で朝からパソコンを打ったりしています。
そして南さんのエッセィを読んでいたら「一番新しい絵で半抽象画」の文の中で
「ガマ狸のエッセィを載せたいけど長いのでパソコン打ちが云々・・・」
とありました。
このエッセイはG山想7号用でタイピングが保存してあり、
ここに添付しましたのでもしお使いになるのならご利用ください。

寺倉忠宏<


とのことですので貼り付けますが 3~4部門に分割?します,
寺倉さんはG山想の編集長です、

初登攀物語が終わったら貼り付けます お楽しみに。

|

« 初登攀物語 NO1 | トップページ | 恒例に成った私の誕生祝い »

エッセイ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ガマと狸と自己脱出、:

« 初登攀物語 NO1 | トップページ | 恒例に成った私の誕生祝い »