« 2007年1月9日 信濃毎日~1 | トップページ | マゴット セラピー »

秋のデパートへ お出かけ

今日は久々の晴れの涼しい1日でした 秋の日を感じました、
いつもですがと言うより この時期になると食べたくなる物が有るんです其れは、「土瓶蒸し」
です、いつものように 府中の伊勢丹にある「歌行燈」という和食屋さんですが、この時期には
食べたい物が有るんです、

其れは 紅ザケの「かま」です、これは札幌で買た事が有るんですが、 美味しいのです
この時期大抵のデパートで、 北海道物産店をやってます、此処でもやっています、これに引っかけて行ってきました、

物産展には別に特に欲しい物は無いんですが、もしかして、此の紅ザケのカマが有ったら買ってきましょうと思っていて出かけた訳です、

見た目美味しそうな 身の部分よりは遙かに美味しいんです、腹身は何処にでも有るんですが、油が強すぎて嫌なんです、
なかなか紅カマは無いんです、家内はバターレーズンを買うとか言ってましたが 私は甘すぎて好きでは
ないんです、でもこれは2コ買いました、これは間違い無く売っているんです、

食事の前にぶらつこうと、干し魚の臭いか、やや生臭いが活気のある売り場を回っていると 煮豆に
目がとまり3ヶで幾ら
とか言って大声で客引きしてましたが、取りあえず金太郎と言うパックを一つ買いました 甘いが煮豆は好きな方です、
本来好きなのは煮汁の幾らか有るやつなんですがこれはパック物には先ず無いんです、甘納豆では
嫌なんです。仕方なく、1ヶ、金太郎にしたのは、幾つもの中から金太郎はこの豆が好きなんではなく、
幾らかつゆっけが有ったからです
店員さんも これは中でも幾らか汁っけが多いですと言ってましたから、私の目は確か?、「来年期待してます」

「汁が入っていれば3コ買ったのに」と捨てぜりふを残して。

暫く回ったが 「紅カマ」は有りませんでした 普通鮭の粕漬けかまはありましたが
佐藤水産も出ていて此処にも寄りましたが矢張り、「東京には出していない」と言われました、

立ち止まっているその内に、試食を色々進められて、思いがけなく美味しく思えたのが
「鮭焼きびだし」なるものでした、説明書には 鮭を焼いて熱い内に甘口のだし醤油に漬けた物」
と有りますがこれは食べたことが無い 不思議な味がしました、焼いたので半分スモークのような焦げのような
面白い味です
やはり鮭は鮭だけではなく、生鮭を蒸して野菜を乗せたあんかけも美味しいので、鮭+鰹だし+砂糖酒ですかね。試しに一つ買いました。

更に家内用のバターレーズン、を2ヶ、もう一つ初めて見たのが「草ねじり大福」にも私の目が止まりました
これは、この時期春過ぎでは 追分け団子以外 草の多い草餅が店頭から姿を消すんです。
これも一つ つまみました、 結局物産展で可成りの買い物をしました。

此処に来る前に デパ地下で明日のおかずを買っていこうと目的は鯛の頭の兜煮に絞って銀だら
もついでに 勿論ゴボウとバナナも買いました、バナナは煮ませんよフルーツです。
話しは飛びますがタイでは青いバナナの実を半分にしてそれにビート糖を掛けてフライパンで焼いて
食べるんです 結構行けましたよ。

これらをぶら下げて 「歌行燈」へ、大抵は宮川の弁当ですが、あそこでは土瓶蒸しはやっていない、

土瓶蒸しセットが3500円?もしかすると3200円 所が 見たところ全体の量が多くて食べられそうにない
其処で、賑わい膳にして1785円 目的の土瓶蒸しは別に850円で別売の物を付けました、

土瓶蒸しは別に七品目のデザートが 甘いごま豆腐でしたし 土瓶蒸しも松茸がたんまり入っていて
850円は松茸の形から、安いと思いました、12時が過ぎてもまだお腹が空かず、ねじり大福を横目で
みながらキーボードを叩いています、大福は明日かな?16日の日曜は久しぶりにわらじを履いて
沢登りに行く予定です。

昨日はお腹が空かなかったので次の日の今朝 草餅を食べてみましたが 皮が固くなっていて満足のいく
物では有りませんでした 中のあんも今一でした、そのあんが固い皮を噛みきると隙間から出てきてしまいます
草の味は強く60年前の 札幌の田舎を思い出しました。

|

« 2007年1月9日 信濃毎日~1 | トップページ | マゴット セラピー »

食事エッセー」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 秋のデパートへ お出かけ:

« 2007年1月9日 信濃毎日~1 | トップページ | マゴット セラピー »