« 早速ラビオリに挑戦 | トップページ | 東京都 山岳連盟の講師 »

栗の残りで栗ご飯2度か

昨日は市ヶ谷で 雨宮君を励ます会?に行ったので家での夕食はしませんでした、家内はおでんとか言ってました。

110人ほど来てくれました、挨拶をするので 少ししゃらして行ってきました,
臼田君達二人程が、カワセミのネクタイピンやネクタイ、ジャケットを褒めてくれました、お世辞でも嬉しい物ですね、なかなか口に出して褒めてくれる人は居ない物です、普通は見えないカフスも「これも良いだろう」と言って見せて上げました「見えない所のおしゃれですね」と言われました、 瀧本君にカフスを見せている所を写してもらいましたので
もし写って居ましたら 此の文に出しますのでお楽しみに。

今日は3時間ほども庭の草むしりしましたが未だ半分残りました、さて、

今夜も私の出番です中華鍋とフライパンは全て私の出番なんです、今夜は栗ご飯と野菜炒めです、
黒豚切り落とし、キャベツ、人参、ニラ、もやし、生姜、これを太らない油で炒めて味付けはお得意の、お酒と、そばつゆと胡椒です あっという間に出きあがります、

先に家内がご飯を仕掛けて、できあがりのカマの合図で炒め初めても野菜を切っておけば、間に合います、
私達の野菜炒めの忽は 、ニラを普通より短く着ることです 長いと入れ歯の金具に絡みます、2センチ程に切ると食べやすいです、長いとニラだけが 引っかかります、
 口直しに 煮豆と茄子のお新香、食器洗いも私ですその間に家内が梨をむいて 食器を片付け終わると
梨のデザートで今夜は終わりです、所が栗が更に余り もう一度栗ご飯が出来ます、今日の肉も一番小パックを買って来るんですが、半分余りました、勿論野菜も余りました、明日のマーボドーフの引き肉は特に買わず残った切り落とし肉を細かく叩いて使う予定です、豆腐と長ネギは既に買ってきてあります、

明日のマーボドーフも私の出番です これはレストラン並の味?です「試して合点」風、私は生姜焼きも簡単なので得意ですがこれは渋谷の内の店の近くに有ったハニーと言うレストランにいつも食べに行っていて見習ったものですので、一緒にタマネギを炒めますが味付けは私流のそばつゆにお酒と生姜です、沢山の醤油を使わない物はみんなそばつゆです、いつもやる鯛の兜煮は そばつゆでは高く付くので、砂糖と普通の醤油でやります、何故兜煮か 美味しいのも有りますが、ゴボウを食べられるからです、これが繊維の固まりのような気がするんで。

20日程前 新宿の伊勢丹へ行ったので 調布のこの辺りには無い 秋田の比内鳥を買ってきたので自然卵とやらも買ってきて 親子どんぶりをやったんですが これもそばつゆをお酒で割って旨く行きました、お酒は飲めなくても料理には使うんです、これは便利ですね、

自分で作る親子丼は 蕎麦やのとは違い親子専門店の、営業親子丼の特上1500円物ですね、三つ葉がどんぶり全面を覆うのも嬉しいですこれは いかなる店でも有りませんね、親子本来は蒸し器で半熟までむすらしいですが、これはご飯が伸びるのと 面倒ですから フライパンで2人前一気にやった方が ご飯が伸びません

幾らか崩れますが 味には代わりが有りませんまあ見た目が悪いですかね、
タマネギの代わりにタケノコを使ったのもおいしかったですよ、タマネギは甘くなり過ぎと
フライパンのほうが、思ったよりは簡単で早いですよ、

鳥胸肉は一切れで4人分の親子が出来ますね、三つ葉も一人前で4分の1使うんです、これは残してもいつも捨ててしまいますから、
今度は名古屋こうちんでやって見ますこの肉も比内鳥に劣らず美味しい肉ですから。

26日マーボドウフと残りの栗ご飯やりましたが 此の組み合わせは、偶然でしたが思ったより これらが美味しく良く合いますね、お試しくださいきっと受けますよ マーボドーフの元、中カラを 半分にして トウバンジャーとコチジャンを少し入れました、栗ご飯と良く合って受けますよ。

27日 今夜はチャーハンでしたので またまた私の出番です、
焼き豚の残りと長ネギの青い部分、長めの長ネギ半分にして先の方の半分を使いました、卵の代わりに
蟹もどきをワンパックほぐして入れました、
味は塩とコショオのみ いつもはこれに香ばしい様に醤油を垂らすんですが味見したところ
結構焼き豚に強い味が付いていたので 辞めて正解でした後は味の素を少々です、
ジュンサイのようなモズク スープ、白菜のお新香、
果物は 巨峰の葡萄、今日の夕ご飯でした、これで終わり、

|

« 早速ラビオリに挑戦 | トップページ | 東京都 山岳連盟の講師 »

「食事エッセー」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 栗の残りで栗ご飯2度か:

« 早速ラビオリに挑戦 | トップページ | 東京都 山岳連盟の講師 »