« 覗いて見ました 杉野保さん | トップページ | 大酒飲みの酒知識? »

美人山岳会に2度目のご対面

Rimg1340jpg
Rimg1329jpg_2
10月21日 
午前中は日が当たらないが 空いているからと 写真の一番上の岩場(名前は後で調べます)「コメントでストリートと分りました」で登っていると

岩場の右上から降りてきた何人かが 合流してきました 、あれ上からも来れるんだ?と思いながら 「こんにちわ寒いね」等と挨拶していると 我々のパーテーもつぎつぎルートから降りてきて人だまりとなった。
その内に内の誰かが 彼らに私を紹介し出した「この方は凄い方なんですよ、、、、、、、」彼たちは驚いた嬉しさ
を全身で表し 大歓迎となった、 「どちらからですか」と私が聞くと 「上諏訪山岳会です」と言うではないか

「昨日下でもお会いしましたよ あの子供ずれのパーテーです」「いたいたいましたね」
話しが弾んで 「それなら地元のような物ですね、八ヶ岳ではないですか、実はこの正月に 信濃毎日に出たんですよ大同心の初登攀者として インタビュウを受けたんです、結構大きく出ましたよ」「ありましたありましたあの新聞は取ってあります半頁でした」と言いながら手で大きく升を切って見せた、大同心を見に行ってきたともいう、
 その内に是非一緒に写真を撮らせてください と言うことで「かまいませんよ」みんなが私を取り巻く 1台叉1台 結局みんなのカメラに収まって私はいつもの様に有頂天?になって気をよくしていた、
 
そうだ此処で名詞を上げておこう、こう思って年配の一人に名詞を渡したがその時手を出してきた人結局みんなに渡した「この名前でブログを検索してください 特に山と言うことはなく 食いしん坊なので 料理が多いですが、等々話している内に 彼らは 「あらそれなら此の我々美人クラブに出合った事も乗せてください ね ねお願い」 となった 

正直 書くことが多いので山で出合った方をみんなは乗せられないので

とまどったが ぴちぴち美人に押されて「其れでは出すかも知れないので一応あなた達美人クラブも写させてください」と言って今度は逆にこちらがシャッターを
切ったのがこの方達 、せっかく楽しみにしているのに 記事にしよう、

今回は 本来の目的が達成出来なかったが 昨日はガマスラブの下で ガイドのかたではないかと思われる方達15人ほどの内の二人に「南さんではないですか」と挨拶されて気を良くしていた事もあって、 
美人クラブへの紹介をしてくれた人が誰だか分らなかったが、
後で聞いたのだが「あの時美人クラブに紹介してくれたのは誰」 野水さんの紹介でした この紹介に寄って大変気持ちの良い小川山に成りました、あのガイドのかたも 顔は見たことはあるのですが名前が分らず 申し訳無く思っています、せめて写真を撮っておけば乗せられたのに 今では上手に登る事が出来なくなったので 声を掛けられるのが何より嬉しく

昔のことを知っていてくれる と言うことはあちコチで声を掛けられる事が 難しい所を登れたと言うより、紅葉が美しいより、何より 嬉しい物でした、この帰りに少し下でも もう一人夫婦のかたで わざわざ高みから 近づいてきて 握手を求められたりして、余韻が残りました この方は 私の初登のルートを何本
か 登ったと言ってました 、改名を聞くと今は会を辞めて二人で登っているとか行ってましたので深追いはしませんでした、声を掛けてくれたこれら2パーテーの方の写真も撮っておくんだったと今更悔やんでいる所ですが 今度声を掛けられた方は きっと写真を撮っておこうと 思いました、実はみずがきでも正月のやつでも顔写真は撮ったのですが 記事に成っていない方が 沢山いるのです、
顔写真を写してもなかなか乗せずじまいで この方達にもブログを覗いて見てくださいとだけ言ったのです、
声を掛けられて私が嬉しいのと 彼らが私のブログに乗ったことの嬉しさが 同じなのかも知れない事に美人クラブの人たちに気付かせて戴ききました、これからは自分の嬉しさだけを追はず出合った方達を乗せよう。

|

« 覗いて見ました 杉野保さん | トップページ | 大酒飲みの酒知識? »

コメント

お忙しいのにコメント有難うホカロンもらったの見ていたのですか? あの上諏訪山岳会の方達は上から降りてきた所なので 体が暖かかったのではと今に思います 私は寒くて藤田君の
フリースを借りて羽織っていたんです、今度岩登りに行くときは、先ず靴を大きくします幾らか登れるかも 今度はリードして引き上げて下し A~0の連続ででも登りたいです、野水さんの何気ない紹介のお陰で岩は登れないのにそれにまして、大変気持ちが良くなった1日でした、 元気を貰えしびれました、紹介が無かったら自分からは言えないのであのまま只バイバイでしたね、

投稿: | 2007/10/27 13:04

小川山の2日目の上ったのは、小川山ストリートと小川山物語(ストーリー)でしたね。
朝は日があたらず、私はとっても寒かったんですが、南さんは、それほどでもなさそうで、さすが北海道出身だな、と思っていました。(美人山岳会のかたからホカロンもいただきましたね)
青空と木々がきれいで楽しかったです。また、来年、狸を探しに行きましょう。

投稿: のみず | 2007/10/26 23:33

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 美人山岳会に2度目のご対面:

« 覗いて見ました 杉野保さん | トップページ | 大酒飲みの酒知識? »