« 紅葉は未だ早い 小川山でしたが | トップページ | 覗いて見ました 杉野保さん »

スティック クリップ 寺倉さんよりのメール

たった今 寺倉さんからメールが届きました 以下のような物です

南 博人様

「チョンボ器」の話、面白く読ませてもらいました。
私もフリークライミングのルートで、グランドフォールの
危険を感じたときに、一本目のクリップに木の枝などを利用して
ザイルを通したヌンチャクをあらかじめ懸けることがよくあります。

この前小川山で伸び縮み可能な外国製と思われるチョンボ器を持っている
人に初めて出会いました。藤田さんのものと同一かと思われます。

フリークライミングの世界では、この一本目にチョンボして
ザイルを懸けることを「スティック・クリップ」といいますが
(ハハハ、釈迦に説法でしたね)私の友人でもあるプロクライマーの
杉野 保君が自分のホームページで、この件に関して面白い文章を書いているので、
ご参考までにここに添付してご紹介します。
なお彼のホームページは「CLIFF top page」で検索すると
見られます。
 
寺倉忠宏

投稿?有難う御座いました 何せ私は  昔の人ですから A-0だろうがB-0だろうが有る物は全て使って 登れば良い主義です、
おやじ会の幕岩でも 堀江モンさん達の目の前で 常に私の体と一緒に動く AーO 用意で登っています
「南君 何か下がっているよ」の声も有りますが あの長いチョンボ器?よりは と言うより良い勝負と思いました、

今時の若い者は 一方で冷やかし 一方で 新兵器を使う いちいちまどわされていては 76年も80年も続きません  我 我が道を行く 此が 良さそうです、 フラットソールのゴム質でも 今のソールのゴムが理想的とは
言えませんが  此が理想的なゴムが出来ても 一時的には勝ちますが 皆さんが使えば 負ける事に成ります、 
今のトップクライマーが使う 釣り竿チョンボ器も 前に述べたように、 改良の余地はまだまだあります。

寺倉さんいつも読んで頂いて有難う御座います。

|

« 紅葉は未だ早い 小川山でしたが | トップページ | 覗いて見ました 杉野保さん »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: スティック クリップ 寺倉さんよりのメール:

« 紅葉は未だ早い 小川山でしたが | トップページ | 覗いて見ました 杉野保さん »