« ポロ ラルフローレン | トップページ | hiroの料理ー2 »

hiroの料理

私がやっている料理エッセイは 


自分では先ず作らないで有ろうと思っている方に読んで戴きたいのです、でも今の内に切羽つまらない内に やさしい事はやってみようと言う気持ちが出てこないものか。

此が商いにも通じるのです、手形が落ちる朝になって銀行から当座が不足していますと言われても、間に合いません、朝九時までにお金を銀行に届け無ければ成りません、商いの場合少なくても4日前には 手形の不足を知らなければ手遅れに成ります、叉は4日前に不足を予想しなければ為りません、4日前なら銀行としても助けよう

が有ります、先に話して有れば助けてくれる事も有ります、勿論担保がいることも有ります、それが銀行から先に言はれたのでは、銀行も助けようが無いんです、となると良く耳にする「不渡り」を出す、すなわち倒産と言うことに成ってしまいます。
此を知った問屋はトラックで駆けつけてきて預かりという名目で、洗いざらい持って行ってしまいます。

叉は今自分でも料理をやっているがこれを読んで「そんなやり方も有るんだ、」と思って戴いて、自分流で行くは別にして、違っていれば参考にして一度は試してみる、テスト戴ければ、幸いなのです、なぜならやっていない方に
1日も早く自分で料理に挑戦して戴きたいのです、料理も芸の内、芸は人を助ける?、叉は負けず嫌いの方で、あいつが登ったんだから俺にも出来る、こんな負けず嫌いの方にも読んで戴いて 私の上を行ってもらいたいのです、私の目と考えと行動の上に行ければ 退職後お店を出せるのでは、山やスキー、絵、エッセーなど少しでも私の上に行けばどれでもプロになれます。

 もし息子が店を失敗したら タナチンが来なく成りますので、渋谷で美味しい物飲み屋さんでも
やれる様に、腕を上げておきたい、そんな思いも有ります、あそこなら何でもやれます、月に70万くらいは稼げるのでは?少なくても家賃は0ですから76才の爺が万が壱のそんなことを考えているんです。

だから家内相手に材料以外授業料のいらない、今の内に腕を上げておきたい、日本の家庭の味、プラスヨーロッパの味プラス自分の味とかね、食べることが人間生きている基本的証ですから。

 もし奥さんがいれば、奥さん任せでは違った意味で奥さんの負担が 「長すぎ」やしませんか、と言うことです、料理は面倒を通り越して 面白い物です、でも幾ら楽しくても永久就職では
可愛そうです、此処を分って上げて戴きたいのです、もし自分の稼ぎに感謝の気持ちが欲しいなら 彼方も奥さん

の料理に感謝しなくては 駄目でしょう、言葉でですよ でなければ 幾ら仕事が忙しくても、ほどほどですがね洗い物くらいは出来るのでは 此の洗い物ですが洗えば済むと言う物ではなく、拭いて棚に戻す、こちらの仕事も大変なんです、此の仕事がいらない人は 乾燥器付自動食器洗器でもあれば、この手間が省けて良いですがね。

私は全外食に決めた、此は此で 収入しだいですが、1日3食365日ですよ、
150円の たいの兜煮、を4000円も出して食べれば ふぐ並みですね、フランス、イタリー、等コースでなくてもメインだけでも、色々な新しい物が
作れば楽しめます、 浮いた?お金で 可成りおしゃれが出来ますよ私のように最高とは行きませんがね、

大抵の作り手にしてみれば、明日何を作ろうか?此を考えるのが大変なんです 負担に成るのです、私は未だ何年もやってませんから幾つも先までやろうとしているのが、見えてますが、30年~40年、毎日365日 しかも 戻る時間がまちまちな、メニュウをこなすのは、思ったより大変です、男は定年があって、仕事は大抵は一段落付

きますが、むしろメニュウはリクエストされた方が楽と言はれます、「何でも良いから、」と言うのも此が負担に成るのです気が付かないでしょう、料理名は言はなくても魚とか肉とか野菜とか、それだけでも作り手としては助かるんですよ。
毎日は書いていませんが、私が外で食べて 口新しい事は書いていきますので此の私の発進を無駄にしないでください、此を一つ加えれば 見ちがえる美味しさが更にまします、こんなのが気が付いたら 是非コメントくださいお待ちしていますし、分らない所も聞いてください。

ですから私の食事がベターとは言いませんが、私もこんなのも有りなんだ、と言うちいさな情報を大事にして、トライしてきたんです 、それは人が羨む壁の初登攀も同じです、小さな情報を大きく感じ取るか聞き流すかこの差
だと思います、山も絵もスキーも 商いも 料理もみな同じだと思います、もしかすると此のエッセーも同じかも。

私はこんな感覚が根底に有るんです、 例えば絵ですが私は55才から始めたんです、55才からやれば 定年
65才と決めて10年有ります、定年から何かを始めるとしても山、スキー以外何でも1年生です、此ならさぼりさぼりやってもまあまあやっていれば 定年の年、10年選手ですから 今は20年選手ですがな その割りには伸びませんがね、でもいまは私と同じ表現方法はいません、私一人です。

今夜は きぬざやの肉炒めでした此はテレビの海峡に韓国の小さな食堂で出しているのをちらっと見たんです、
私は此のワンカットを見て あれ きぬざやの炒め物が有るんだ、と一瞬でしたがどきり 見て取れるだけ見たんです、
早速感動が冷めない内に きぬざやの炒め物をやったんです それには肉が入ってましたので先ずにくいためですが其処に私は好きな ししどぅを入れて肉は黒豚の切り落とし 、ニンニクの微塵切り、きぬざや2パック、此を買ったときには さすがの家内も「そんなに買ってドウするの」「まあ任しておきな」此にししどうワンパック肉も最小をワンパック、
いつも野菜炒めは野菜汁がのこるので、最後は軽く片栗をかけました、味は蕎麦汁 酒 胡椒、味の素、でとても満足に出来ました,狙いは全て当り、難を言えば炒めすぎでしたね、今度は旨くやれそうですシシドウを半分に切りますから、ししどうときぬざやの太さが違い過ぎました。

今日の今日まで76年間 きぬざやは お汁の実しか考えていませんでした、炒めても美味しい物ですね、それには若いのではなく太りすぎぐらいのが良いのでは、私が今まで食べた外食では少なくても見たことが無い、きぬざやが太ければシシドウは切らなくても良いかも叉、赤ピーマンを半分
も入れると 美味しくて綺麗で栄養が上がるかも、半分残りますがね 全体の量は2人用なら入れても丁度良いのでは?
此と豆腐とシメジのみそ汁にお新香 ご飯は軽く1膳これだけでした。

黄色の リンゴが無くなったので、富士を7ヶ買ってきました黄色いリンゴより蜜が見えて紙一重美味しいが矢張り私はコンデンスミルクを掛けた方が より美味しく感じます、苺だけでなく リンゴとミルクはなかなか合います
可成り前ですが、苺にカルピスの濃いやつがよく合いましたのでカルピスリンゴでも美味しいのでは?。

|

« ポロ ラルフローレン | トップページ | hiroの料理ー2 »

食事エッセー」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: hiroの料理:

« ポロ ラルフローレン | トップページ | hiroの料理ー2 »