« 新雪の木曽駒ヶ岳 | トップページ | 脳こうそく驚異の回復 »

新雪の木曽駒ヶ岳

Rimg1350_3
Rimg1356_2
Rimg1357
Rimg1397


二日間とも天気が良く 雲も適当に有って素晴らしい 山行に成りました、

下の2枚の風景は露出不足に成りましたごめん,暇を見て尚しますが これが大変なんです、写真1枚なら消せますが こんなに出すと、どれがどれか
分らないんです ですから 露出は簡単に直るんですが 写真の交換が難しいのですHTML?とかが読めないのです、やっている方は分ると思います、全部消して入れ直すのなら出来ますが 次々送られる記事に完璧を追っても時間の無駄?です。
Rimg1413jpg
 

第4班を持ちました、3人が欠席と有って4班は4人でした、夜のミーテイングの時に 皆さんに名詞を配って ブログを見てくださいと頼みましたので何方かが
覗いて頂けたと思いますが プロフィールも覗いて頂けると 嬉しいのですが 

覗いて見ましたか?左上です。


集合写真も出します 4人写っているのが 我が班の4班です、もう少し文は足して行きます。
Rimg1407_2

Rimg1400
Rimg1405
面白かったのが 夕食の時でした私が これは「どうやって食べるの」と言いながら袋を裂いて見ると 乾燥粉納豆でした 正直初めてでした、降り掛け式にご飯に掛けて 「醤油は」と聞くと」「そのままで良いよ醤油掛けても良いけど」私は 海苔が出ていたので 其の海苔に醤油を付けて食べ出すと彼(松本さん)曰く「南さん其れはもったいない納豆だけで食べるの」「え」どうしてかと言えば 「1膳目は納豆で食べて もう1膳で早い話お変わりを海苔で食べると言うのだ そう言えばご飯がどんぶりで出ている割りには盛りが少ない お変わりを前提にしている、
おおせに従って納豆で1膳を食べた私は、お変わりのついでにと 半分ほど残っていた澄し汁を1ッ気に飲み込んで 左手に ご飯のどんぶりと右手に お椀を持って窓口に取りに行くと 残念でした 汁は無いという、それなら一気に飲むんで無かったと悔しがるが もうお腹の中 仕方なく不味い出がらしのお茶をすすりながら海苔に醤油をたっぷり付けてご飯にのせながら 2膳めに箸を入れた、思ったよりお変わりする人が少ない。
 汁の元が有れば出がらしのお茶ででももどせば と思った、残念でした、 それなら 汁のぐい飲みはしないでちびちび飲むんだった 思うにあの汁は パックで 一人1ッコと決められているようだ 鍋で作った汁は余るはずだ 朝のお汁は鍋で作ったような だしのきかない鏡汁だったので これはお変わりに行ったら有った、やれやれ、それほど おかずが悪い、と言うより料理ではなく乾き物だ まして
東北の温泉と紅葉とハイキングの旅5日間のすぐ後だっただけに 食事には情けない思いをした、
良くこんな食事でお金を取る物だ、値段が同じ8000円の東北の温泉を見習って欲しい、
暖房も 設備が古い 北海道の家庭でも この手の石油ストウブは使っていない、建物えの投資額も情けない
お金をもらうなら 風呂かシャワーでも付けて欲しい。

これらの美味しいホテル名などは後で乗せますが 。
富士山も飯が不味いとの話しになると 松本さんに言わせると、今は美味しくなったという、土合の山の家も
この所 急に美味しく成ったという 矢張り競争相手がないと駄目か?此処は羽毛の掛け布団だけが他よりは良い、暖房は悪い これでは 客が付かないのでは?
所がさらに松本さんの話が面白く おかず変りに成った、と言うのは、
3年程前の話しと言うから 同時多発テロのころか。
チュウリッヒ空港とのことで 手荷物検査に出すと、テレビになんと
ピストルが写り 呼ばれたと言う さすがの彼も これには驚いた 何時誰が入れたんだろう、おらしーらんべ、
と決め込んでも これは ピストルが手荷物に入っていては 助かりようがない、「やーまいったなー」 彼は箸を持つまま後ろにのけぞり返って見せた、「其れでどうしたの」と聞いたら」「へんなんだよな、係りの人達は 驚かないんだよな、幾ら他人事でも 写ったのが拳銃だぜ、 どうなる事かと思ったよ荷物を開けろと言うんだよ、其れこそ1かバチか開けた訳さ

そうしたら 荷物の中からこれだと言うんだよ、あれ これはフイルムのはず、何時のまにピストルに化けたのか
開いたわけさ 勿論フイルムだけよ、放射線を通さない袋に入れてあった訳、 聞いてみたら 危険物と思える物が写ると みんな何でもピストルの画像が出る
のだという いやー肝を冷やしたぜ あの時ばかりは、おれ一人だったしな 生きたここちしなかったよ、

こんな話しを聞いている間に 2膳目のご飯が無くなった これだけ食べたら明日も元気だろう 家でもご飯はいつも軽く1膳なのにしかも朝と昼はご飯は殆ど食べない。

|

« 新雪の木曽駒ヶ岳 | トップページ | 脳こうそく驚異の回復 »

「登山 旅行 喰」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 新雪の木曽駒ヶ岳:

« 新雪の木曽駒ヶ岳 | トップページ | 脳こうそく驚異の回復 »