« フランス料理戴いてきました | トップページ | ミシンの糸切れー2 »

ミシンの糸切れ

久しぶりにミシンを出してパジャマを直そうとしたところ 何故か 上糸が切れるんです、

実は穴かがりをしたいんですが 穴かがり所か テスト縫いの平らな物が縫えないんです、さんざ昨日はやりましたが 何処かが違う

確かズボンの裾詰めをやって そのままのはず 思い当たる事は全てやってみたが駄目でした仕方なく今朝
サービスを聞いて℡してみると 此は℡ではらちがあかないと言うことになって、来てもらう事にしました、大至急
と言いましたので 今日中に来ると思いますが 別に大至急でもないんですが ミシンを出しておくと じゃまに成
って仕方がないからです、

昔は可成りミシンに乗っていましたから ミシンには自信が有ったんですが、早い話プロでしたから、でも何か勘違いしていると思うんです 、サービスに℡した限りでは 私の勘違いでは無く 来ることに成ったんです、其れにしても今ミシンに向かうと目が駄目ですね パソコン用の眼鏡では使えないですね、良く見えません、

店には工業用のミシンが何台も有るんです、品物の厚さに寄ってミシンが変わるんです、どれでも乗りこなしていたんです、おのおの癖が有ります、其れが何と情けない、今まで呼んだ事が無い 家庭用サービスを呼ぶはめに成ってしまいました ボケて来たんですかね、たった穴かがり1ヶやるのにね、店では袋ものの修理は素より スパッツ類は全てオーバー手の全ての店売りを 作って売った物です、お陰で其

の儲けもあって渋谷の店を買う事が出来たんです、 店というのはお客の待ち時間も店番ですが、店の始めの3年ぐらいは 売る時間より 待つ時間が長いんです、小さな店では掃除も知れた物ですし 搬入も知れた物です
テレビこそ有りませんでしたが、この間 もったいなくて 何か手で自分で作って其れを売ろう、此でしたね、空きが8時間あれば 職人一人分働けますからね、

15時間は店にいますから、 初めは靴を作ったり ワカンを作ったり、可成りの数を作って売りました、ピッケルのシャフトの入れ替えも数百本やりました、その内にミシンをやり出したんです、こうなると 私一人で問屋分を入れると店番を入れて3人前ですねいや4人前かな、自家売りですし市販物より高く売れます、

オマケに休み無しの其れこそ365日3年程は 元旦も出ましたね、此は体が資本此でしたね、いつも労働歌の「若者よ体を鍛えておけ、、、、、」歌の知らない私は此専門でしたね、ラクビー部出ではないですがね、強いのと欲が無いと出来ませんね、オマケに手先が器用でないと駄目ですね、新しい発想も大事ですね此は余りかけ離れては叉駄目ですが。
寂しいので先日の木曽駒の朝の画像を入れます 少しかしがっているので、使いたく無いんですが色が綺麗
ですので 勘弁してね。
Rimg1376


 生地を生地問屋から買ってきて 作って 直に小売り 此は思ったより「美味しい」思いでした 生地も多いときには50メートルを20反は積んで有りましたからね、チャックだけでも 色々数百本は有りました 、此を店番をしながら 時に夜明けまで、やりましたね、時間的にはお客と対しているより時間的には3倍は長かったですし、 それだけ オリジナルが売れたと言うことです。
自分で使ってみて此だと言う物を作るんですから、其れは売れましたよ、ミシンは関係がないアブミも作りましたよ、勿論今で言うヒットハーネスの走りもね。
他の店には無い物ですからね、材料の質を上げて他では真似が出来ない 卸では 値段が合わない 、ですから作る直小売りでないと出来ないですね、其処にさんざん登って感じたノウハウを入れるんですから、

生地もA反B反C反 があってね、大抵B反を使いましたが 別に悪くはなく B反は50メートルの何処かに僅かに傷があって、何処に傷があると荷札のようなのが付いていて書いてあるんです 、型紙を入れるときに 其処だけ外せば 物に寄っては半額で買えるんです、其の傷に寄っては反などはA反の3分の1そんなのを2~3反ほど買うと
其処の店では お昼時などには天丼をご馳走してくれたりしてね、此が何故か美味しかった思い出が有ります、 私の様な半職人は大事にされて、良い時代でした、単なる職人よりは 渋谷の宇田川で店を張っていると言うと、お金の心配が無いのか?、先を見通してか、もてましたね、生地屋は うぐいす谷でしたかね、
持て出すと無い生地も取っておいてくれました、「そろそろ来ると思って テトロンツイールの花コンを取ってありますよ」売れる色が無くなるんです特にこの生地はね ナイロンツイールは沢山BC反が有るんです、赤も無くなりますね、ですから生地屋に信用を付けると、得ですね、
売れる筋は 花コンですからね、ザックは濃紺でも黄色でも売れるんですがね、生地は違いますがウエストバックもずいぶん作りましたよ、コーデラと言う生地でしたね、生地が変わると同じ物でも売れ行きが全然違いますね、儲けさせてもらいました(笑)結構長く私が店に出なくなる前までやっていたんですよ だから65才までですから32~3年やっていたんですね、家庭用のミシンは殆ど踏んでなかったんですが、其れにしても本ボケではと寒気がしたと言えば 大げさか?、でも先日MRIで検査してもらったばかりで「何処か空いてませんか」と聞いて見たんですが心配は無いとか、此は今年の冬スキーで意識がなくなり大けがをしたので 見てもらったんですが。
この続きはサービスが来てから 続けます、ミシンの話しより面白いかも。

16時30分 ミシンやさんが来ました 矢張り勘違いでした 糸の針えの通し方が 逆でした 手前から奥に通す所体で覚えていたのですが 目が悪く 糸通しを使ったため 糸通しを手前から突っ込んでいました、糸通しは手前に引くので糸は逆に出てきます 此が間違いの勘違いの元でした、℡の説明ではこの最後の糸通しには何故か触れなかったんですね お互い此処は正しいと思いこんでいたんですね、思いこみはやばいですね。
 後は取りあえず旨く行きました、ボタンホールも旨く行きました、此で先ずは万々歳。

なんだかパジャマが 朝鮮服の様に成りました、案外あれって着やすいのかな?ボタン2ヶですから体を締め付けないので浴衣のようです?。
いやはや参りました。
今夜は家内の鍋です、テレビで蛎の養殖番組をやってましたから、鍋は白菜始め色々入りますよ此はポン酢ですね。

|

« フランス料理戴いてきました | トップページ | ミシンの糸切れー2 »

登山、絵画、エッセー」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ミシンの糸切れ:

« フランス料理戴いてきました | トップページ | ミシンの糸切れー2 »