« 新雪の木曽駒ヶ岳 | トップページ | さすが都岳連 »

脳こうそく驚異の回復

きた さんへ 

今NHKスペシャルで 脳梗塞の回復を見ました これは倒れてから取りあえず3ヶ月以内の札幌近郊の方と言うことでしたがテレビでは札幌医科大学のものでした。
眠れる再生力をいかす新治療と有りました、外国でも既に心見られている治療法です、 望みが出てきましたよ 「骨髄肝細胞」を使うと血液の通わない所に網細血管が再生されて傷んだ脳みそ等に 再生力が出来るという 番組でした 脳梗塞で倒れた方 心臓 手足などの麻痺が治りますよ、自分の腰の骨から骨髄を取って骨髄肝細胞だけを1000倍に培養した物を 点滴と一緒に入れるだけ、見たところ簡単?難しいのは培養技術かな。 

|

« 新雪の木曽駒ヶ岳 | トップページ | さすが都岳連 »

コメント

きたさんこんばんは
一かバチも怖いですね、私なら怖いですが機会
が有ればやってみますがね、自分の細胞ですから 毒では無いと思います、自分のデーターを

出来るだけ公表しておいて、「彼方なら1かバチになる」と言われましたが今後の人のために
テスト台に成りましょう。

これも 意味があります、倒れてから長い人はどうなるかですがその内に6ヶ月が出て1年が出てしだいに伸びていく
と思いますが。

投稿: | 2007/11/06 16:40

南さん情報有難う御座います。
家内も見た様でした。
私は、2年程前にマウスでの実験を知りました。
今、かかりつけの医師に尋ねますと、
「貴方の場合は、イチカバチ」になるから
止めた方が良い。」・・・と言われましたが、
このままでは、一生現状なら、イチカバチカ
に懸けるのも良いと私は思っています。
でも今、奇跡を越える状況になるべき
リハビリの訓練を毎夜行っています。有難うございました。

投稿: 北。 | 2007/11/06 14:45

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 脳こうそく驚異の回復:

» 忍び寄る血栓の恐怖 [何かの感想]
日本人の死亡率のトップは、「ガン(悪性腫瘍)」ですが、その他の死亡原因として、「心臓疾患」や、「脳疾患」などがあります。「脳梗塞」といえば、当時アテネオリンピック野球日本代表監督に就任されておられた「長島茂雄」さんや、昭和天皇が崩御された年、「昭和」から「平成」に年号が変わった事を発表され、後に第84代内閣総理大臣に就任された「小渕恵三」さんが、発症された病気です。これらの「心臓疾患」、「脳疾患」は、血管や血液と深い関係のある病気で、病気の兆候がわかりにくく、突然、死に至るケ...... [続きを読む]

受信: 2007/11/07 09:28

« 新雪の木曽駒ヶ岳 | トップページ | さすが都岳連 »