« 夕食 | トップページ | スカイラークの割引券 »

キャノンIXYを買い デジカメ物語

此でデジカメが4台目です、初めはかなり前で 

デジカメの出始めに1台買いましたので本当は5台目ですが幾ら思い出しても 何処のメーカーか思い出せないのです キャノン ソニー ニコン以外ですが、此が探しても無いし名前も分らない 、今思えば残念です、 仕方なく 4台目と言うことに成るんです。

この分らない初めの1台を買ったのは 未だ私が渋谷の店にいたときですから 今から15年程前かな、デジカメなど見たことがない初めの頃です驚いたのが,店先でサングラスを売っていたのですが 実際は眼鏡を掛けて鏡で見ても色の濃い眼鏡では鏡では、自分の顔に合っているか人はどの様に見えるか 此は色にも寄りますが分りません、

鏡が付いているので見ることは見ますが鏡では分らないのです、所が有るとき眼鏡を掛けてはカメラで自分の顔を写して、 直ぐに「再生」して、何度も見ているんです、「ははー旨いことやっている人が居る物だ、

此を見て 「なかなかやるな」声を掛けて何処のカメラか聞いて、此は商売に繋がる、皆さんも分らないのでは、
外から何処を見ているか目が見えないグラスを私達は「突っ張り」と言っていましたが 夜でも此が売れるんです、
と思って、早速翌日 ヨドバシで買ったんです、所が外れでした、その後商売には使えなかった お客が「カメラで

見てみますか」というと いやがるんです 、直ぐ消せるのにね、 嫌なんですね、もっとも黒い眼鏡は自分を隠す為も有るので 写されると嫌かも知れない、使えると思った感は早すぎたんですね、私も皆さんも 直ぐ消すことが出来るデジカメは知りませんでしたからね。
此が最初の裏切られたデジカメでした、以後裏切られどうしです。

今手元に有るのが京セラ、壊れたRICOHと少し違いますが、未だ使えるもう1台RICOH それに今度買ったCANONです名前は IXY (イクシー)読めなかったんですが 最近テレビで宣伝を始めたので 分りました、学が無いと情けないですね此が発音が分らないんですから、

IXYにも色々有るようですが、910ISと言うやつです、不満は重くて厚さが厚すぎますので、其処が気に入りません、携帯℡の2ばいの重さがあります, 「28ミリで 手ブレ補正」があると これだけの条件で 「この厚さになる」此がヨドバシの説明でした。

ユーザーガイドを見た限り 余りにも よけい?な仕掛けが多すぎで 此を暗記するのは私のような馬鹿では大変ですね、勿論自分の使う所だけでいいんですが、早い話 お任せと言うやつですかね。

此を選んだのは 大事なところから 画面が大きい、先ず此ですね次が手ぶれ補正ー付、3番が薄いで、4番目がモニターが綺麗「本物と同じ色が見える、」此処が私の1番の拘りでした、何故拘ったか、

昨年でしたか 1さく年でしたか 都岳連の講師で 山へ行ったとき素晴らしい 朝の赤やけが出たんです、気持ちが悪く成るほどの 黒みを帯びた赤が旨いこと適当なクモを巻き込みながら空に広がったんです、 此を私の新しい方の「リコウ」で写したところ、赤がピンクに写ったんですしかもピンクの色は僅か、 勿論絞りはー2から0,5刻みで何枚も撮ったんですが、あの目で見た色には程遠い物でした、

所が 生徒さんの中に 本物と同じ色で写して、自慢げに「おかげさまでこんなに素晴らしく写りました」
と後から見せるんです、勿論褒めて 是非ヤマ系に投稿して見てください、出るかも知れませんよ、
こんな事があって、自分の写真の情けなさに がっかりしていましたが 家に戻ってカメラを調べたところ、

測光方式が 評価測光になっていたのです、此では手前の暗いところに 影響されて露出がオーバーになり
マイナス2でもカバーしきれないのでは、望遠でもあの色はほど遠い物です、 所が今年又同じ所に、同じカメラで 行ったんですが 今度は「スポット測光にして
写したんです この前のような赤ではなくピンクでしたが、どう見ても、液晶モニターと本物を比べても色が本物

の方が綺麗なんです 勿論後で パソコンで修正は出来ますが 矢張り原画が気に入ってなければ、思った色は
出ません、やや後でパソコンで「赤強く」の修正はしましたが 此をするには 画素数を落とさなければやりにくいので おおきくは焼けません、2Lぐらいまでです、面白くないスポット測光で矢張りー2から変えながら何枚も写したのに望遠もやりました、

満足ではなかったのです、 其処でこのリコウのカメラは厚さが厚くポケットに入れていては使いにくい、従って
ウエストバックが必要になる、オマケにモニター画面が小さい、見づらい。

ならばこのカメラで追いかけるより、バッテリーの方は諦めて(リコウはバッテリーが大きく寒さには強いんです、
リコウを買った理由は 寒さに強い28ミリ 此はリコウしか無かった、それにリコウは 単三電池が使えるのです
スペアーとして単産は何処にでも有ります、と思ったんですが、カメラに入っている電池が、思ったより寒さにも
強く長持ちするので、スペアーの単産は出番が今のところ有りません、 ですが今回は電池の方は諦めたんです、
新調しようかとなった訳です、カメラ屋で「どんな要求ですか」とオネーチヤンに聞かれて、こんな話しをしたわけ、彼女いわく、一番バランスが良いのが 此のIXYですね、と進められた、 私は疑いながら、店の赤い所に
合わせては 何台も覗いてみた、大体が白っぽくオーバーに見える、蛍光灯の勢ではないかと、ホワイトバランス

を変えてみたりしたが満足な色ではなかった、キャノンというブランドに あきらめて 買うことにした 古い方のリコウと同じ大きさなので気に入らないが、大きさだけなら直せば使える。

所があれほど時間を掛けてにらんだ液晶のモニターが 買ってきてガイド書を見ると、モニターの明るさが自由になる事が分った、そればかりではなく、「実際に写る方には関係が御座いません」と書いてあった、あの店員さん此を知らないのだ、未だ良くは読んでいないがこのカメラは 撮影前に色の編集が出来るともある、しかも3色は元より6色ぐらい色が 希望道理に成る、らしい、もちろん露出を変えるところも有り、他にモニターの色(明るさ)も変えられる、更に確色だけも変えられる、

カメラ専門の会社だけ有って、可成り色には拘っているよう、後は腕次第 ガイドブックを良く読んだものが勝ちか。
結果は選ぶ拘りが ずれていました、モニターが現物と同じではなく、「再製モニター」の色が本物と同じ、此でしたね
テストにテレビを写してみましたが 同じではなく オーバーでしたねテレビは0,5ほどオーバーに写ってます
イソーは手ぶれの出ない800でやってみました、400では手ぶれシグナルがでます。

此ちらの方が思った様に写し込めるのではないかと希望しているが もう少し 説明書のわかりにくい所を読もう 、この他に顔だけが良くうつる様にも成るが、此は他のカメラにもある、今や私の要求は何処のメーカーでも搭載している、でも私は いつもスポットに合わせているので 、いつでも使えるように切り替えをマスターしてないと、実際には、説明書持参では使えない、

せっかくリコウに慣れたのに 当たり前だが又此に慣れないと使えない、不安と希望の年越しになりそうです 返すがえすもあの時のカメラの名前を聞いておくんだったと 後悔しています、あの時は再生で 余りにも赤く綺麗に写っていたので そのことに気を取られて ブログのことはすっかり忘れていましたし買い換えも頭に無かった、どうも私は事の後で気が付く情けない頭ですね。

始めに買ったリコーも 直して 使えるようにしておこう、リコーのほうが 寒さには強い様ですから望遠も今度のキャノンは105ミリ リコーは135ミリ電子望遠はおのおの別ですよ、 残念なだら 手ぶれ止めがないので、望遠ではISOを800~1600ぐらいに上げて取るしかないが、 紙焼きのほうはキャノンは最大ガソ数でA3まで伸びるが めったに伸ばした

事がないので、ガソ数を落として、パソコン画面より幾らか大きくしておけば良いのではないかと 従って画素数は
関係がない、其のあたりの1200ほどに合わせました、パソコンには いずれ縮小しないと
使えない パソコンは900ですから 携帯より画素数が少ないです、1200でも画面をずらさないと見られない
ですから。
5台目のデジカメでした 何時か結果が出たら又書きます 、青山会館と馬車道は 新しいキャノンIXYです、
此も気に入らないのは、馬車道の写真がスポットで有りながら ステンドグラスの赤が出ていないのです勿論
スポットは赤に当てたんですが、何処に当ててもモニターに赤が出ません、もう少しやってみます、朝日に似てい

ますので あの赤が出れば朝日も写るのでは?此処はオーバーに撮らないと出ないのか?見たところ真ん中当たりに黒く写ってますので、赤が出れば窓の外が飛ぶかも、でも今度のステンドグラスも、プラス2でも取っておくんだったと悔やんでいます、此処は又写せます、何度も行ってますので。テスト撮りの布巾の赤は良く出てます、出して見ますか。
Img_0051jpg900


 今夜は藍屋へ行って 10人の食事会が出来るか聞いてきます勿論藍屋で25パー引で食べますが、それでも
使えれば8人は使えます。
4時半もう外はくらく成りましたね。

藍屋が消えていたので、バーミアンへ行ってきたんですが、聞いた所 、藍屋ではないのではっきりは分らないが
予約無しなら 使えると思いますとのこと、宴会用料理でなければ 良いのでは、とのことでやりように寄っては
使えそうです、宴会用は特別安くやっているという、 幹事に相談してみます、少し明るくなりました。


  

|

« 夕食 | トップページ | スカイラークの割引券 »

エッセイ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: キャノンIXYを買い デジカメ物語:

« 夕食 | トップページ | スカイラークの割引券 »