« 智佳チャン三才の誕生日 | トップページ | 今の所ネズミは勝ち組です »

昨年怪我のニセコスキーでした

お待たせしました 昨日は呆然と過ごしました、疲れましたね 天気は4日間 時々晴れで毎日20センチほど
新雪が積もりましたが、Img_0313_2

たまには洋蹄山が見えてました、し寒かったので雪質は上越では味あえない軽い雪でスキーの腕が上がったように思えました。
怪我の現場も行って来ました、こんな所だ?大した所ではなく 意識していれば転ぶはずのない様な所でしたが
意識がなくなって 突っ込んだのではないか
残念でした、思わず未だ後遺症の痛さの残る右腕に手が行きました、場所は1番上のリフトから右へ緩い斜滑降で100メートルほど降りた隣のリフト降り場の側でした、今はしっかりツナが貼られてました、斜滑降がツナに突き当たる様になり、ツナの下まで デラパージュで降りる様に成っていましたが、其の突き当たりより10メイトルぐらい
上で昨年は其処はツナがゆるんでいて雪に潜っていたとか言ってました、ロープが出ていれば霞み網のように引っかかったのでは、でも意識がなければ 竹のポールでは なぎ倒したでしょう?。
まだ見て戴いていないのですが心臓の不整脈ではないか?こんな所で意識がなくなった事が怖いです。
思わず再び腰の力が抜けたように感じ、あれ又か?と一瞬どきりとしました。
Img_0302jpg
これは中間のレストランでの食事
中 一時晴れたので 外を覗いて見ましたが いないなあと思っていた仲間の一人は外に出て洋諦をメモにスケッチを取ったと後から見せていました、何だか 差を付けられた様に感じました、「これで1枚描ける」と言ってました、外に出ないと、此処からは洋諦山が見えません、 私はその間に此の窓越しの写真作品?が撮れたので 慰めています、いくらか変えては3枚撮りましたその内の1枚です、食事をしながらです。
自分では良い写真が撮れたと思っているんです、人物の形が良いでしょう、窓に付いた雪は何とか描けるのでは、やってみないと分りませんが、絵を見て何とか原画があのブログの写真かな?と想像出来る様な、絵にするのは無理かもね、でも挑戦する価値は有りそうです。
描けたらの話しですが、5月のグループ展に間に合はせますので 見に来てください国立の駅前です、此処でお知らせします。
Img_0278
此の写真は スローシャッターの方が効果的だったかも?露出を2倍でも良かったようです、3枚写したんですが
もう少し追いかけるべきでした、相手は逃げない物ですからね。

今年も外人が多く目に付きました 外貨獲得していますね、外人さんは 5パーセント安くしたほうが良いのに 法律が欲しいですね 外人からは税金をもらはない方が
外貨が入りますよね、一人の人に聞いたら 40日ファミリで来ていると言うオーストラリアの方でした、お泊まりは
と聞くと ニセコプリンスと言ってました、私が驚いたゼッシャをすると リッチですとか、宜しかったらご職業は?
と聞いたら「ドクター」ですって。
日本のドクターはどうなんだ、夏休み せめてニュージーランドでプリンスホテルが有るかないか知らないが ファミリーで40日も行っている人が居るのか?リフトの隣に座ったのは そんなファミリーの学生さんでした、え 私が話した訳ではないですよ
この技術研究会の方は 私を除いて皆さん 英語がたっしゃで 気軽に私の通訳を買ってくれます、外人との
話しの切っ掛けは何時も私ですが、私は誰にでも「ホヤ アーユーカムフローム」これで行くんです、大抵はオーストラリアですがね たまには カナダなんてのが居ますユナイデットステートアメリカ、こんなのも居ます。
皆さん年間労働時間が違い過ぎますね、こんな所こそ真似っこしたいですね。

日本では教師ぐらいですね、選ばれた方です、受験戦争に勝ち抜かないと 40日の休暇は望めないですね
人間食べるために生まれたんですかね、フランスも40日の休暇の大移動が毎年有ると言ってましたが。

話し変わりますが 今回1番やばかったのが、リフトに乗っていて 余りおしゃべりするものだから、思わず大きく
笑って吹き出した時に何と「入れ歯が飛び出して、危うく落とすところ 思わず膝をしめると 其処にぽろりと落ちたんです 思わず拾いましたが 危なかったことあの新雪に落としたら その後何も食べられない所でした、
これを隣で見ていた 松本さん、驚いて 良いネタとばかりホテルでみんなに話すんです 思はぬ酒の魚に成ってしまいました、
ホテルの朝ピンクでしたが左に有るはずの洋蹄は見えません、もっと早い朝は見えたとか寝ていました写真は朝の根性が大事ですね負けました。Img_0292jpg


ホテルでの入れ歯の話しですが、紐を付けておけばとか 名前を付けておけば とか 下え落ちたらみんなで探したのにね、あの新雪では10人でも先ず見つからないでしょう これが一致した意見、でしかも 行くたびに 何時までも酒の魚にされそう。
ニセコはろくな事がない、オマケに食事に出かけると、滑って転んでまたも同じ右腕と肋骨を嫌と言うほど痛めつけられました、滑らない靴の軽いやつを買います。

夕食抜きの近ツリのパッククーポンでしたので 近くの居酒屋で食事をするんですが、此の帰りに 写真教室まがいの 帰り道 通りがかった人を捕まえては二組も モデルに成って貰って、撮影しましたが私はカメラを忘れて
能書き役に徹しました。Img_0280


所が 次の日この日はお寿司屋で 私が外人に捕まって ビデオのモデルに頼まれ、これはお互い様だ、何を言っているのか良く分らないので仲間に通訳を頼んでそれでも分らない 大騒ぎに成りました

相手も4人こちらは10人、色々話しを総合すると 私のいで立ちが気に入って、(ETOROの帽子と黒の毛糸の此叉ETORO)のジャンバー、これに山羊髭、ロングヘアーこれが気に入ったようです。
Img_0317jpg

「カナダ ウイスラー エキストリースキー は素晴らしい」これを私に「言え」と言っている様だ、藪から棒に「言ってくれ」を言わないで、只ビデオカメラを指さして、「エキストリームスキー」を繰り返す が「素晴らしいと言ってくれ、」これを言わないと話しに成らないのに

こちらはこちらで ウイスラーは私の息子が1年 スキーのガイドのアルバイトをやって居たので、エキストリームスキーは話しを聞いているので良く知っています」これを伝えてくれと言ったのですが、どうも自分たちの要求の事が頭に来てこちらの話しは聞いていないようだ、とのことでしたが 、やがてあわてて分かれたのですが隣のブースに陣取った、お寿司を食べている間に お酒がぐい飲みで一つ届きまして 格子越しに入った彼らからの、差し入れという、向こうを見ると、杯を皆さんで上げてこちらを見ています、

私も 杯を上げて乾杯 をしました、 撮影?しているときに 彼らが私を指さして「ユウ エキストリームスキー、」と聞くので 「ノウノウ」と言いながら 震える仕草をして見せました。
暫く時間をおいて 、オネーチャンに「私からの差し入れと言って 渋いお茶を4コ向こうに出してくれ」と言って「寿司はこれをのみながら食べる物だ」とも言ってくれと頼んだら、英語が話せないと断れ、「駄目だね此の商売で英語はなせなくちゃー」
自分を棚に上げて、言いましたが 、格子越しでは 大きな湯飲みをみんなで高く上げて乾杯の用意をしてましたから 通じたのか、こちらでも合わせました。
これなら 差し入れでも只で済むから。

帰り際に格子越しに通訳役を頼んで 「そんな撮影ではなく明日我々グループの滑る所を写してくれ、」と交渉したが
彼らは カナダから来ているインストラクターグループで 既に1ヶ月居るという 仕事が有るのでせっかくだが駄目だと断られました。

それでは此処でお別れと 格子越しに別れの握手をしたかったのですが断られたショックで言えず、 これを撮影したほうが余程ビデオに成るのに とは帰りの雪道で感じました。

その格子の向こうのインストラクターがこの方で、ビデオをもっているのがこの方です。「スティーブ」さんという方です スティーブマックインのスティーブと同じというので覚えました。

Img_0312

寿司やの看板。 Img_0286

Img_0285
下の食堂で向かいに掛けた 2才の誕生の子を連れた方が 暇をもてあまして居るようなので又声を掛けました、
オーストラリアからやはり家族で来ていて 上の子と家内が滑っていると言う奥さんと交代して小守している方でした、 盛んに坊やのジッパーをいじっては、アップ、ダウン、を何度も繰り返していましたので、

パパをダーリー、ママ、 ボール ゴムまりのこと、 ウオーター、 アンドワネットおばあさん?のことをト-ニーこれが早いらしい、 後はバナーナ、 ジュウス、アイスクリームをアイシー、色は可成り知っていて近くにあった色
ブルー、イエロー、グリーン、レッド、他にも知っているようだが ピンクは知らないようだった此の坊やがこれです,
ブルーアイですぜ。

こちらで 頭をテ-ブルの下に下げては ダウン 上げてはアップ、バー、何度も何度もやっていました、キャーキャアー喜んで居ました いったいどのくらいの言葉を知っているのか?聞いてみました20単語ぐらいでしょう、
とパパが言ってました 、一番初めは?。

帰りに千歳空港でタラバ押し寿司弁当を買いました 佐藤水産と有りましたが 見本と中身が違うのでは?と言ったら
わざわざ包装を壊して見せてくれました、真面目なお店です、帰りの弁当は此処にかぎります。
Img_0319
Img_0318
今日荷物が届いてその中から 孫のカーチャンに出す絵葉書が出てきて「はいお父さん彼方用に買ってあるんですから」とポイと出されました。
この葉書 朝の洋諦だと思ってみていたら 良く見ると反対の夕方のニセコの写真でした、いずれにしても書く事には変はらない、未だ孫からは来ません。

 

|

« 智佳チャン三才の誕生日 | トップページ | 今の所ネズミは勝ち組です »

スキー」カテゴリの記事

コメント

おはようございます!
Mail_HPを見ていただけたようで、ありがとうございます。
私はブログを開設せず、メール専門です。今後もこの発信方法で続けたいと思っています。
先達のブログは必ず毎回覗かせていただきます。

今日の福井はトテモ冷たい風が吹き荒れていますが、雪は全くありません。
近場のスキー場にでも出かけたいのですが・・・
今日は私の組んだ某組合の会計ソフトに一部数字が出ないので、そのチェックと調整に少々時間を取られます。

いづれにしても、八方行きが待ち遠しいことです。

投稿: 楽閑爺 | 2008/01/24 09:56

今朝早くから京都に行っていましたのでお返事遅くなりました。
私からのメールは届きましたでしょうか?
届いていましたら、コメントの中間に下線付きアドレスを貼り付けましたので、そこをクリックしていただければ、開くと思います。

まだ例のナイターに心残りがお有りのようで、今度の八方尾根では適当なバーンで心行くまでお付き合いさせていただきます。

投稿: 楽閑爺 | 2008/01/23 20:38

松本さんからのはメールアドレスに送ってもらうと、見られます。

寒いですね。早めに心臓の専門医に見てもらってください。
いつまでも、スキーができるように。

投稿: 香代 | 2008/01/23 15:23


http://www.geocities.jp/ntnmatsu/mail_hp/20_01_15/20_01_15.html に一致するページは見つかりませんでした。

検索のヒント:
キーワードに誤字・脱字がないか確認します。
別のキーワードを試してみます。
もっと一般的なキーワードに変えてみます。

グーグル検索でこの様に出てしまいます
ご自分ではこれで検索出来ますか?

投稿: hiro。 | 2008/01/22 23:00

先ほどから Googleでもヤフーでも「楽閑爺」ではHPが出ませんが 逆に彼方からのコメントで私のブログが出てしまいます、何か方法を教えてください。

投稿: hiro。 | 2008/01/22 15:55

やーこんばんは コメント有難うシノゴノ書くのが好きで こんな調子でながしています、今はネズミとの知恵比べです、

足が治って良かったですね、更に筋金が強く成りますね、

あの時のナイターは 力尽きたナイターでしたが 一休みしてから後10本程やりたかったですね 私は「下」で十分です、あれよりとばすと孫ごくーに成りますからね。
10本と言わず5本でもよかったのでは、あの最後の2~3本の感覚が 足に残りました、だからあれで良いのかも?結果が良ければ全て良しですね、
又懲りずにお付き合いください、奥様にも宜しく。

投稿: | 2008/01/21 23:17

ナイターもっと遅くまでやったら、雪が締まって本当に飛ぶように滑ったかも知れませんね!
18日の夜行バスで19日早朝6時前に帰り着きました。一日ユックリ休み、脚もほとんど痛みを感じない程度に治り、24日辺りからまた365mの山登りを始めます。Mail_HPを発信しなくてはと思いながら、地域の野暮用に振り回されてチョット遅れますが、出来るだけ早く発信します。南先達のこのページは「お気に入り」に登録しました。覗かせていただきます。

投稿: 楽閑爺:松本 憲郎 | 2008/01/21 21:27

早速のコメント有難う、どうも強いと思ったら こちらも松本さんのような、筋金入りでしたか、それで納得です。 又八方楽しみにしています、八方では追い越されるかもね、頑張ります、
ブログはこんな物で如何ですか もう少し読み直してから 手を入れます。
時々覗いてください 又のコメント楽しみに。

投稿: | 2008/01/20 19:38

不死鳥の南さんもさすがに昨日は疲れたのですね。
私は羽田からは21時に帰宅しました。
翌日10時にはテニスをしていました。
スキーのお陰なのか、足がよく動くし、いいテニスもできました。
今回のスキー旅行で南さんには何歳になってもチャレンジする勇気をもらいました。有難うございました。

投稿: 細見 香代 | 2008/01/20 15:39

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 昨年怪我のニセコスキーでした:

« 智佳チャン三才の誕生日 | トップページ | 今の所ネズミは勝ち組です »