« これだけ科学が進んでいても | トップページ | 残念でしたねずのほうが上でした »

再び大工センターへ

ネズミの相棒1匹は今だ健在 これが思ったより静かなので 家内が買ってきたお米10キロ袋米びつに開けないでおいてあったら、夕べあっさり 穴を開けられました、「静かだけれどやっぱり出て来ているんだ」

怒り心頭の私は 

Img_0364_2
再び大工センターへ、目的は金網、金網は三角コーナーのゴミ入れに深さを足してネズミ籠を作うと言う狙い、次が グラスロンウール、こちらで先ずつまずいたのが このほかに
ガラスウールというのがある さてどちらだろう、もう一つロックウールというのもある、がまさか石綿では無いだろうが物騒な名前だけでなくこちらはアルデヒト何とかとか言う
科学物質が入っているとある、論外、係りの方にネズミ退治を色々聞くと、園芸の方に、色々有るという、自分の手で金網で ねずみ取りを作るよりは 昔ながらの ネズミ籠が有りますよ、との説明にこちらは一旦諦めてそちらを 覗いて見ることに「ネズミ籠有りますか?」
「時計に裏の当たりに有ります 、」時計が見あたらないが何処かに時計があるらしい、山勘で 行ってみると成るほど積み上げてある、他にも毒餌は元より粘着系のやつも所狭しとある。
「これですね これください、金網を買って作ろうかと思ったんですが 金網代より安いですね、」「こんなの作ったら
大変ですよ、」「あの糊のやつも買って見たんですがダムでした 掛りませんね 結構高いですしね、これは924円、むしろこちらの方が安いですね この籠は昔から生き延びて売れているんだから 取れるんですよね」「でも今の若い方は生け捕りは嫌うんです後始末が困るんですね、考えて見ると籠事捨てても安い物、糊付のパットも1度で捨てる、「お客さん取れたらどうします、昔はネズミをもっていくと石けんを一つくれたんですがね

今は聞いたことが無いですがね」「そうなんですか」「せっけんが一番掛りやすいですよ ですから大抵は餌は石けんでした。
私よりは若いおばちゃんでしたが、私はネズミと石けんを取り替えた話しは初耳でした。

この話を家内にすると「うちのネズミはグルメなのかな 石けんはかじらないよ何時も洗面台に出ているんだから」。

その代わり面白い物を食べる 例えば おせんべいなどに入っている 酸素吸収剤これを食べますね、植木の肥料の油かす、これは分らない事も無いんですが白い錠剤の肥料 これも食べますね、餌より仕掛けが怖がると駄目ですがね、

おばちゃんに聞いてみた 「石けんが好きならチーズなんかどうお」「もったいないチーズは私が食べます」笑いながら更に続ける「あの糊のやつは家では取れないので外の のきしたや縁の下等に置く人がいるんですが、捨てるのは
もったいないしね、所がネズミは掛らないが 猫が掛るんです大変だよ 放り出す訳にはいかないし鳴くし、結局獣医さんに連れて行って 偉い高い物についたと言う方が来ましたよ。

あれはいらなくなっても外には置かない方が良いですよ、」「どうやって取るのかね」と聞くと「その方の話では天ぷら油を塗るんですって、しらしめですよね、更に後で猫用洗剤で洗うんだそうよ。

これを聞いて燻り出しで、自分が燻り出された先日の事が重なった。
安アパートにいた友人がゴキブリ退治にバルサンを
炊いたら 隣のおっさんが出てきたと言う話しも有るんだ、似たようなネズミが上という漫才のような話しだ。

さて家のグルメネズミ 、「ヒゲのグルチャン」干せたチーズで籠に入ってくれるか?自分ながらせこいと思うが。

|

« これだけ科学が進んでいても | トップページ | 残念でしたねずのほうが上でした »

エッセイ」カテゴリの記事

コメント

コメント有難う、家でも猫は2度ほど飼ったことが有るんです、1ッ匹目はアビシニアン、これは娘が飼ったんですが 手を掛けるのはけっきゅく家内 所が死ぬと娘が家内をなんだ感だ
と早い話あつかいが悪いと言うことです、家内に言わせれば、冗談じゃー無い、となる訳、

そんなこというなら自分でゲージに入れて買いなさい、これで先ず猫そのものに嫌気をさしてしまってます、私が買うとしても結局は家内の手を借りることになります、
ゲージに入れて買えば ネズミは捕れない(笑)マーせっかくですが、そんなところですね。

投稿: | 2008/02/06 18:15

南さん、ねずみを捕らえるのはもう諦めて、猫を飼ったらいかがですか?
我が家にも去年の今頃は猫がいました。
娘が生後10日ぐらいのを拾って来て哺乳瓶で育てた子で、甘えん坊で、家族みんなを癒してくれました。
残念ながら、慢性腎不全で去年の3月に8歳半で亡くなりました。
おとなしい子でしたが、ねずみは来ませんでした。
猫は犬より手が掛かりませんし、4、5日のお留守番はできますよ。

投稿: 香代 | 2008/02/06 14:49

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 再び大工センターへ:

« これだけ科学が進んでいても | トップページ | 残念でしたねずのほうが上でした »