« ブランシュ高山 | トップページ | 鶏肉のカシュウナッツ炒め »

花見でした

此の風の強い中花見に出かけました、花見と言ってもゴザ持ちの花見ではなくただの散歩です。

花は満開、夜桜も有るのかライトの設備もありました、
私達は深大寺です此処は年間パスを買ってあります、先ず行くのが 「神代桜」の下ですこの桜の色が好きなんです、ソメイヨシノよりは色が濃いんです、御殿場桜と似ていますが咲くのは御殿場桜は遅く、神代桜は早いんです、
大抵は早いので目白がたくさん来ています20羽は来ています、今年は既に他の桜も咲いているので、目白は居ませんでした、
2
私達のお目当ては他にあるんです、一つは昼食です公園の食事はそれほど美味しくないんですが、此処のうどんが美味しいのです勿論手打ち?うどんです此処で打っているのではないんですが、確かに手打ちです、つゆも美味しいんです、深大寺はおそばが美味しいと言われていますが、私は此処のうどんが好きです、もう一つは此の季節、スミレ展をやっています、

特にスミレが好きと言うことは無いんですが、せめてスミレですかね、好きなのはやはりブルーポピーで次が白根アオイですね、これは育てるのが難しい、何度か挑戦しましたが 悉く失敗しました、所が此のスミレもかなり前に

明神スミレと言うのと、平林寺スミレというのが有ったんです、勿論買ってきたものですが、平林寺スミレは2年ほどで消えてしまったんです、あー無くなった、程度で気にはしていなかったんです、所が明神のほうが強く何処にでも出ます、ある時は弐階のベランダーにあった鉢に咲き出したんです、「家は強いのでなければ駄目だね」
この話をすると「幾ら何でも二階までは飛びません、せいぜい1メイトルです、所がこの種は蟻が大好きです運ぶのは蟻ですね、種の表面が甘いんです。」
どの花も余り手入れはしませんから。
まーこんな程度なんですが、昨年も見て、綺麗に咲かせる物だ程度で スミレ展を見ていたんです。

今年も覗いてみよう 程度の興味でふらふらと寄ったんです、所が今日から展覧会の始まりと有って、たくさんの係りの方が居て、いつものように何となく話しかけたんです「旨く咲かせられる物ですね、、、、、、、写真のスミレは展示場のかぶりつきに飾ってありました。
Photo
私のスミレザンギをしている内に、あちらで種を配って説明してくれます、あちらに寄ってくださいと相成ったわけ

奥のカウンターで、先ず話したのが 現在までの家のスミレの話した後、「何年に1度植え変えるんですか?」「毎年です」「毎年ですか」

此処で先ずがくんときた、私はほーりぱなし、これでは無くなるはず、特に平林寺は「種が無く株分けです」、これには参った 無くなるはずだ、明神より色は薄いが花が大きく しっかりして?立派なのです、可愛そうにあの花の性質を知らないばかりに、枯らせてしまった、そればかりではない、明神も種が余りにもたくさん飛び散るので、殆どの種をはじけない内に集めて

近くの多摩川の堤防に蒔いてきたんです、所があれだけうるさい種があれほど蒔いたのに、咲いていない芽も出ていない、やっぱり駄目か、
今日聞いたら、堤防では駄目でしょう、「半日影の水の多い水履けの良いところ」で庭の土では雑菌が多いので
庭にはめったに出ません、」小粒の赤玉です「成るほど」でもたまには家の前の舗装とL字講の間のような所で咲いた事も有りました見た目、殆ど土がなさそうな筋の所にです「強い物だな」と思った物でした。
そう言はれると庭では生えるのが下ではなく、他の鉢で、新しく土を入れた鉢にそれも鉢と土の間鉢の際が好きなようだ其のあたりに移るようだ、

こんな事も知らないでそれでも、どうせ種を貰うならこんどは 株分けの面倒な平林寺はやめて、種の付く、臭いのするやつを貰うことにした、
「名前は解らないので」、「陳列してあるのを見てらっしゃい、」「面倒なので白ではない臭いのするやつで良いです」「相当なもんですね」私の顔を見ながらにこにこしながら、「ウスベニヒゴスミレ」と言うのと「エイザンスミレ」というのを選んでくれた、種をポケットに、帰り際香りすみれのブースを覗いてみたら、目に飛び込んできたのが 「ベニバナヒラツカ」だった臭いも可成りきつい、中には首を傾げたくなる様な薄い香りのもある、これでしょう、しかし さっき切ったタンカで戻りにくい「面倒だから」きまりが悪いが意を決して、 おじさんの所に引き返す、

「あのーやっぱり見たらベニバナヒラツカが良いんですが」さっきのおじさん「はいはい何度でも良いですよ又来てください」と冷やかされる、かくして3種類の種を戴いてきました、でも今蒔いても、花は来年の花見時です、更にこのおじさん 「土変えの時には根を綺麗に洗ってください」と付け加えた、

「何処に出もいる小さな線虫を嫌います、水履けの良い土で水をやって芽が出たら日に宛ててください、」とも言われた、勿論「本葉が出たらすかさず、新しい土に多くて2本にして植え替えてください、」アドバイスが身にしみましたが、「根を綺麗に洗うんですか」?
来年は香り高いスミレが咲くか?それとも蟻に運ばれてしまうか?「日本スミレ研究会」と有った、私達のスキーグループの名前はただの「技術研究会」
この夜、息子がタナチンを届けに来て、一ノ瀬のスキーのビデオを見せたら「旨くなったなー 70過ぎても上達するんだなー」だって
これだけ滑れたら 苗場で雇ってくれるぜ、暫くやったら? 可成りくれるらしいよ、誰か居ないかって頼まれて居るんだよ、と言って、からからと笑いながら タナチンの小切手をくれた。
「先日スクールに入ったから これよりは旨くなったよ、ギャップにいくらか強くなったみたい」
身体が遅れないように成ってきたようだ」と付け加えた。
来月来たら 先日インストラクターと滑って写したハイビジョンのやつも見てもらおう。

|

« ブランシュ高山 | トップページ | 鶏肉のカシュウナッツ炒め »

エッセイ」カテゴリの記事

コメント

コメント有難う、スキーは習はないと上達が遅いですね、自分で自分の欠点を知っている方は何とかなりますが、何故そうなるか、これが分らないと 頑張っても「からもがき」になるので 払う物は払はないと 駄目だという事が 今回解りました、勇気がいりますが、早いに越したことは無いです、私も1さく年習って昨年は怪我で、今シーズン終わりに やっと習った訳で、1の瀬でショックを受けたと言う松本さんも
レッスンの合理性に目覚めたようです。
普通昔1級を取った人は先ず習いません、所が

クライマーの方の松本さんが6年?前にわざわざ
アメリカの10日間カービングスキー合宿ツアーに行ってきた、これは我々とお金と暇の掛けようが違う、それだけ「必要性」を感じたと言

うことで、これを見て刺激されて、1昨年習ったんです、松本さんの滑りを見なかったら、多分未だに習ってないでしょう?28才以後50年ならってないんですから。と言っても中45年は年に1度ぐらいのスキーでしたから、やった内にははいらないですが。

でも私はスキーは彼に負けたくないんです、これ読んで居ないと思いますが(笑)その後かれは習ったかどうか?、昔からの競技スキーの大回転の少しオーバーなやつなので、

競技から来た方は 今頃何騒いでるの?手な物でしょう。
先日行った息子が4~5回転だけだったが、私が見て正指導員の滑りと同じ滑りをして「いくらかカーカービングスキーらしいだろう」と言っていましたから彼は入りやすい、「何とかなるから これからでしょう」あの滑りでも納得の滑りではないらしい。
其処は雪上車でならしての朝ですから堅かった、
傾斜も状態も体力も、全て良かったんですが。
それでも習わないで形には成っていた、何処かで友達の指導員に習ったのかもそれはしりません。
   

投稿: hiro。 | 2008/04/03 00:16

お久しぶりです。
息子の引っ越しで、下石原に行ったり、我が家で荷物を受け取ったり、会社の寮に送る荷物の用意など、忙しくしておりました。
南さんご夫婦は有意義なスキーレッスンを受けてこられたのですね。
益々、追いつけなくなってしまいます。(何年経っても、追いつけないとは思いますが・・・)
お花見にも出かけられたとか。
深大寺は2,3年前に行きましたが、秋だったので、こんなにきれいな「神代桜」にはお目にかかれませんでした。
「すみれ」もいいですね。
我が家は今、「ライラック」「クリスマスローズ」「勿忘草」が満開です。
この季節は、庭の手入れを始めると時間が経つのを忘れてしまいます。
来年「すみれ」が咲いたらブログに載せてください。

投稿: 香代 | 2008/04/02 22:54

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 花見でした:

« ブランシュ高山 | トップページ | 鶏肉のカシュウナッツ炒め »