« ホームページ零れ話 | トップページ | 携帯電話 »

洋服ダンスの扉金具

家内が 「洋服ダンスの

扉が閉まらなくなった、何度やっても直ぐに開いてしまう」というので
見てみると 金物が壊れて居る 2ヶ有るが1ヶは可成り前から壊れていたような気がしていた
あの1ヶもとうとう壊れてしまったか、と思いながらの確認でした、「明日大工センターに行って見てくるよ」

家内は「直るの」と言っていた、今日早速 大工センターに、家からは徒歩10分では行かないが、車を辞めて
歩いていく、買い物が有ってもポケットに入る。
行ってみると同類が何個か有る、見本と比べて、ステンレスのやつを買ってきた、所が縦も横も1ミリほどサイズが大きい、金物が浮いてしまう、ノミが有れば簡単だが 確か家には1丁有るはずだが、探すのが面倒、目の前にある大型のカッターナイフで事足そうとしたのが、過ちの元、偉い手こずって何とか納めたが2時間も大汗をかいた,この汗は 大工センター往復駆け足でもこんなに汗はかかない運動量?たまに大汗かいても狸腹は駄目かな。

思ったより、材質が堅い、木ねじでさえ元の穴なのに今度のビスが長いのか、おれる寸前 最後の1本はとうとう十字山が馬鹿になった、これは外す時は大変、と思うが後の祭り、日本の企画は 適当な物だ、又はメーカーに寄ってのばらつきがあるとぼやく、
かくしてステンレス三角バネ 小の取り付けを2ヶ完成、パチリパチリと小気味良い音、建具屋さんのまねごとでした、家具屋さんかな?。
家内が「さすがだね直った サンキュウだって音が違う音が」何度かパチリパチリやってました。
やがて「洋服ダンスも買い換えかなと思っていた」とか 器用貧乏?と言うのかね、「も」がつくのは、最近畳みを二部屋替えたばかりだから。

取り付けた後で パッケイジの裏を見ると、「タンス等の家具の扉に」17ミリ×41ミリ、オマケに「下穴をあけて付属の木ねじで取り付けてください、木部が堅い材質の場合は別途、強度のある木ねじを使用してください」としっかり書いてありました、
これも後の祭り、

|

« ホームページ零れ話 | トップページ | 携帯電話 »

エッセイ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 洋服ダンスの扉金具:

« ホームページ零れ話 | トップページ | 携帯電話 »