« ドコモからも電話 | トップページ | ネズミ退治 »

谷川岳に行って来ました

先々週ですから7月の末です、
昨年の時よりは 体力が1付いたようです、何とか小屋まで行って絵を見てきました、
私が77才 喜寿ですか これを鼻に掛けて、あえぎあえぎ登っていると、途中写真のグループに合いました、
Img_0941
Img_0942
名古屋の方とかで先頭の方は何と94才でした 「ぎゃふん」私は84才と勘違いして 未だ10年は登らねば等と言ってましたが、考えてみると 20年でした 達しやなかたですね、小屋で馬場さんに話すと、先日も94才のかたが、此処から
縦走して平らっ票の方に行かれた方が居たそうです、上には上が居る物です、
来た証拠に馬場さんご夫妻を撮りました。
Img_0944
1昨年は 帰りに足が吊ったので、今回は 帰り際 「芍薬甘草湯」とアミノバイタンを飲んでの2時前に下りましたが
前に足が吊った、「アシツリ岩」?も難なく越して快適に下りたんですが 小屋を出る時から鳴ってはいたんですがその内に、ものすごい落雷と豪雨に叩かれ、キモを冷やしました、余りにも近くでの放電?に「あ、空には天井がある」と納得させられる響きでした、思わす首を縮め、ものすごいのが何度も来て、 何だか私を狙って来ているように思えて 光りは見えないんですが、音がものすごいんです 、

長い列になって、可成りの人数が下りましたので、尾根に落ちれば誰かに当たるのでは、何だかそれが余りにも近くで鳴るので
そのたびのステッキを放り投げましたが 、音が聞こえたときには既に時遅しかも。

ケーブルが4時間ほど止まり、何千人?のひとがたまっていましたが、いざ動き出すと思ったより早く下ろしてしまいましたね。
私達はあわてる事も無いので 食堂でコーヒーなどをご馳走に成りました 食堂の席に着いた人には
皆さんに出したようです、

次の日月曜 孫の所から電話があり、後楽園につき合うかと言うので、足も余り痛くないので、つき合ったところ
球場内の階段を上がり下がりしている内に 薬のメッキがはげだしたのか、足が痛くなり出し、山より遙かにつらい一日でした、2軍の試合と有って グランドに出させてくれたんです、その後も孫がトイレとか、この疲れが、何と1週間たっても、足腰が痛く最近になかったダメージでした。
Img_0951

薬のメッキがはげたと言う事ですか。

ヤットこの6日頃から 階段も痛みが無くなり、絵のほうの食事会にも行ってきました。
今回の食事は、野菜懐石でした、国立にも こんな所が有るんだ、と思えるような所でした、1日に一組という貸し切り、

予約席でした、但し5人以上です、値段は安く だいたい多少飲み物を入れて一人3600円程度ですが、後で聞いた話しでは飲み物は持ち込みで、料理は一人3000円とのことでした。

野草が趣味、旦那が盆栽が趣味という 部屋中に鉢植えの野草に囲まれた席で、趣味が講じてのレストラン?普通の家?でした、野菜は大半が借りている畑からの物が多く、新鮮で美味しく関心しながら次の
出てくる 料理を待ちました、此処に連絡先を出しておきます。

野菜懐石
  おいも
       国立市 富士見台4丁目1-3
      電話 042-575-8013  佐伯テル子  
南部線 矢川駅の近くで 車は3台止まれます

野草の好きな方 美味しい和風お芋の食べたい方お勧めです、さすが名前だけ有って印象に残る1品でした。

此処で新しく知ったことが、 盆栽を生け花のように鉢植えにしてある、その中の一鉢「睡蓮木」に私も皆さんも感心感動しました「あら描きたいわ」 みんな初めて見る花でした、生け花の腕がないとこの鉢植えは出来ないですね20年は立っているとか、
ご主人の盆栽は ねじくれた様な盆栽ばかりでは無いですね、下草を使ったすらりとした生け花風。

 私は家で早速「睡蓮木」を検索してみましたら何と、盆栽では人気NO3でした、知らぬが仏。

この盆栽やさん、ガーデン ガーデン、電話 050 7552 3359 睡蓮木で検索のほうが出ますね、
私は買うことに決めました、感動の花でしたから。

料理も早速ジャガイモはまねてみました 、家内が美味しくたけていたよ、私は今一、プロにはかないません、
今日も此処で出た茄子に挑戦、これが変わっていて 「お醤油と鷹の爪のみ」で煮たもの、酒も出汁も入れない、シンプルな
味、出汁の利いた料理が多い中に出されると なかなか これも有りだな、と納得させられた1品でしたですが、
私は昆布を入れて見ましたが、失敗でした 味がぼけます。

徹底した野菜で肉魚貝は1ッ片も出ません、笹ご飯、変わりおいなりは出ますが お吸い物も今回は出ません。

茄子はもう1ど挑戦ですね、今回残った昆布は柔らかいので 捨てるに忍びず砂糖をたして煮直しました、
貧乏根性が染みついてます。
Img_0956
又2度目のおいもに挑戦しようと ジャガイモを買ってきました。

何時かスキーの会で、私が中華なら大抵の物を作るよ、今料理に凝っている、、、と言うと、年だから油ものではなく、日本料理をやれば、、、、
と言われた事があり、その時は フライパンでなら と言ってましたが、野菜懐石を食べてみると此処からの真似をしている内に日本料理にも 足を入れて行きそうですね、こんな事が頭をかすめました。
もう1度違う野菜を食べたいので、今度は子供達とでも行ってみようかと思ってます。

家には盆栽といえる物は 実生の五葉松の寄せ植えが有ります 既に私が種を蒔いて30年物ですが自然流です後は岩松ぐらいでこれは5~6年物です、これに今度は 睡蓮木をくわえます、そろそろ花は終わりですが来年と言わず 今すぐでも手に入れたい様な気がしています、

今回は山より後楽園の階段のほうがつらかったです、結構球場の階段が高いんですね、天神尾根の階段より
段差が有ります。
元気な物売りのおネイサンが大変ですね強くなるねあれは来るたびに若い人は強いなあ、うらやましく眺めました。

 はなし違いますが、今度行くときは、有ったらメガホンを持っていきます ボールを取るにはあれに限りますね、みんなが手を出すが

遙か先に 一段高くすっぽり入れますね、参りました。陣取るところは ジャイアンツ側ですねサービスにずいぶん投げますね、あそこでメガホンですね、ジャイアンツ側にはメガホンの人は見えませんでしたね。
何度か来ている頭の良い人が居る物です、子共達は 皆さんグローブでしたね初めは皆さん何に使うのかと
知りませんでしたが飛んできた玉を拾うんですね。

 野菜懐石も良いですが、銀座の北京ダックもみんなで食べたいですね思ったより安いですから思う存分
食べたいです、 いつもは二包みほどですから、 此処もやはり予約ですがね安いからか。

明日は 冬瓜のホタテあんかけに挑戦です頑張ります 3度目です、ホタテは缶詰を使います、中華では
乾燥貝柱でしたが とくのが面倒なので 缶詰です生よりは美味しいです。

|

« ドコモからも電話 | トップページ | ネズミ退治 »

エッセイ」カテゴリの記事

コメント

未だ来てませんが有難う、これでネズミ退治
安心ですが 余ったやつ置き場が今から心配です、メールは日に3度は見ますよ、ブログのコメントも 先にメールで出ます。

でないと どの記事にコメントが付くか分らないからです、可成り前の記事に付く事も有りますから、分るように仕掛け?に成っているのです。
グラスのメーカーは出して宜しければ、教えてください。

投稿: .hiro。 | 2008/08/10 00:38

南 先達 殿

残暑なんて言ってられませんね! 炎暑お見舞い申し上げます。

先達は余りメールを開かれないように思えますので、こちらでお邪魔いたします。

先程グラスウール発送いたしました。昨日の電話で少しでいいよ! 少しでいいよ! とのことでしたが、「これで少しかよ?!」って言われる少しです。少しの感覚の違いはありますが・・(笑い!)

断熱材としては最高級品で、現役の頃の仕事の残材です。(と言いましても、倉庫に保管していて色々の用途に転用します)後輩に切って少量・・って、ことで届けさせたものを又半分にしたのですが、先達にはまだ多いですかね?!

さて、触るとチカチカすると思います。それはお風呂に入ると感じなくなります。(二、三日チカチカするかも・・ですが)
ネズミ用には覆っているビニール膜を切ってグラスウールを曝すようにして下さい。
残りましたら、また色々用途をお考え下さい。

我が家では屋根裏、床下全面に断熱材として使われています。今日の気温は34.8℃と報道されていますが、今、我が家は戸を閉め切って28.2℃です。28.2℃も暑いのですが、外から入るとヒヤァーっと涼しく感じます。周囲の環境にも依るでしょうが、この断熱材のお蔭も無視できません。

とは言え、昨夜は二時間ほどクーラー使いました。それ程暑いのですね!

ご自愛ください!!

投稿: 楽閑爺 | 2008/08/09 14:10

未だ少し先の話しで展覧は9月2日からですが7日までやってますね、いつもの年だと 2日か
3日の11時だと思いますが、
其のあたり 横浜でスタンバイ願いますか。
技術研究会軍団?度どっと行きましょう。

投稿: hiro。 | 2008/08/08 11:26

早速ありがとうございます。
横浜行きは仕事ではありませんし、福井を離れられないのも奥様が留守の間の生き物の世話のためでありまして、小遣い稼ぎが出来ればいいのですが今や現代社会の「北京原人」的存在の楽閑爺には稼がせて頂ける余地は残されていないようです。

谷川岳の小屋には一泊いたしました。このところ、ご利益のない原因が分りました!!

残念ながら先達の「絵」は拝見したかも知れませんが、全く覚えがありません!ホームページで報告したように「半死半生」と言える位疲れてもいましたから・・・

また、登らなくてはご利益が得られないのでしょうか?考えただけで疲れます。

ありがとうございました。


投稿: 楽閑爺 | 2008/08/07 17:10

 コメント有難う 返事はメールにしました
稼ぎはほどほどが宜しいのでは、冬のための
小遣い稼ぎですか?。

昨年谷川を「何となく」登られたよし、御立派です 所で小屋に寄りましたか?あそこに
私の 素晴らしい絵が
展示されています、新聞見開き版で「隠れた名称?」ですのに あれを見ないと 谷川岳の御利益が半減ですよ、(笑い)
では又 お会い出来る日を楽しみに。

投稿: HIRO。 | 2008/08/07 14:31

hiroさんとのコメントの往復の中で、根井さんの絵の展覧会の話があり、見に行く・・見に行けば恒例の食事云々とありましたが、日時は決まっているのでしょうか?

私は所用で今月21~25日は横浜におりますが、その後は福井を離れられません。

内の奥様は皆さんが集まられるのなら、日時によっては在浜を延ばして・・と仰っています。日時が決まっているのでしたらお知らせいただけると幸甚です。

投稿: 楽閑爺 | 2008/08/07 11:46

 おやおや 遠く福井の旦那ですね、一匹残った ネズミが居無くなり、やれやれと
思っていたら 、夕べ又マラソンをしていました、これでは冬の巣捜しですかね、心配です、今度はグラスですかね、所がこちらの大工センターでは売っていません、少しばかり買えましたら送って頂けませんか?面倒ですかね。
冬が待ち遠しいですね、谷川の小屋でスキーの話しをしたら 、小屋の馬場さんが 見て上げるから天神にいらっしゃい、泊まりもリフトも私が見ます、と言はれたんですが、

「スキーは家内と二人ですよ、」と言うのを忘れてしまいました、12月に入ったら電話します、と言って分れたんですが、気になります、警備隊長をしていた馬場さん?ですから、地元に顔が利くらしいですがね。あやかりたいものですが(笑い)
又コメント願います。 

投稿: hiro。 | 2008/08/06 22:41

ご無沙汰でェ~~す! ご無沙汰はいたしていますが、ここはショッチュウ覗かせてもらってます。

だけでなく、色々ここを読ませていただいて先達の行動力と何にでも取り掛かられる積極さに羨望さえ感じています。

谷川に行かれた由、お元気ですね!!

谷川には私も昨年ナントナク登ってしまいましたが、とても良い思いでになっています。ナントナクと言いますのは、「九十にはチョット間があるんだけれど・・」と仰る大先輩にサポートされて・・と言うことで、

又、南先達が九十四歳の方に会って驚かれたと同様に(鹿島槍でのことですが)冷池までと喘いでいる私を追い越して「若い衆! 今日は何処泊まりだ?! ワシはキレットまでじゃが付き合わんか?!」「とても、とても勘弁して下さいよ」「ワシは九十六になったばっかしじゃが、アンタは?!」の会話。

とても歳を言えず、「まだまだ若いんですが・・・」と言葉を濁したものでした。

さてさて、先達のコメントに対するリコメントが出来ていなかった言い訳をするつもりでしたが、言い訳は無用! これからは少しでもリアクションさせていただきます。

楽しませてください! 楽しませていただきます。

投稿: 楽閑爺 | 2008/08/06 21:31

こんばんは 暫くです ヤット打つ気持ちに
成りました 参りました、山は駄目ですね
やっぱりスキーですね。
家内は山は行きません 高尾ぐらいですね、

根井さんの絵行きます皆さんと後で食事ですね、恒例です。

投稿: HIRO。 | 2008/08/05 17:12

このところブログの更新がされていないので、心配していました。
谷川岳に行って疲れ果てているのかと・・・・・
山は天候が悪くても、何があっても、余裕ですね。
京子さんは行かなかったのですか。
94歳まで山は続けてくださいね。
そのうち一度連れて行ってください。
鍛えておきますから。

投稿: kayo | 2008/08/05 10:21

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 谷川岳に行って来ました:

» 充電式防滴形サイレン付メガホン [ネット専用商社 特選館]
サイレン機構を搭載した充電メガホンである [続きを読む]

受信: 2008/08/05 14:36

» 私書箱 [私書箱]
私書箱 [続きを読む]

受信: 2008/08/05 20:52

« ドコモからも電話 | トップページ | ネズミ退治 »