« 舞子高原スキー | トップページ | 元旦は 深大寺で初詣 »

紅白が始まったのに

私は歌はそれほど好きではないんです、嫌いと言うことも無いんですが
新聞に目を通しています。
Img_1380所が目を引いた記事
が有りました、読売新聞武蔵野版でした。
不景気に成ると、共産党を頼る人が増えてきます、そのこと自体は
喜ばしい事ですが、

私は既に50年以上前から応援しているんです、このころは私は運送
業の東京通運という所で 運転手をしていましたから、名前は忘れましたが
確か「風早やすじ」さん と記憶しているんですが。

選挙カーの運転もしたことが有って、それが共産党でしたから 、色々
弾圧や戦いを目の当たりにしていましたから、色々話しも聞きました、

自分たちが幸せに成るには この政党しか無いと信じています。
50年の間には色々有りましたが それほど協力はしていませんが
兎に角 現在の社会に対する反対票として、投票だけは欠かしたこと

は有りませんでした、落選すると知っていながらでも 「反対意志」の
現れである 例え私1票でも入れよう、こんな気持ちで入れていました。
赤旗は 日曜版しか取っていませんが、寄附は多くは有りませんが
時々します。
そんな程度の協力ですが続けています。
人類スタートラインがみな同じではないんです、持てる人が有利な
世の中に 強い物が勝つ、システムが良いのでしょうか。
持っているのはお金や物ばかりではなく 頭も有ります、これは努力
だけでは解決出来ません、遺伝子が問題です、

私はこの遺伝子に気が付き 頭で勝負しても勝てない事を知り,体で
勝負してきたのです それが 山登りであり その中でも岩壁登攀に
力を注いできたのです、これは何とか成りましたが。

年ですから 今では せめてスキーと絵に力を注いでいるのです、これなら
記憶力が悪くても頑張れるからです、
遺伝子の力を利用しようとしているんです、しかし自分は何とか成りますが
社会を変えるにはやはり 政党の力が必要です。
投票だけで良いんです、面倒がらずに、反対票を がんばりましょう。
生活力の弱い人は 、自己防衛力も弱いんです、投票もしないでいて
困ったときになってから、泣き言を言っていては 遅いのです、自己
防衛は 恒に先を見て 行動が第一です、梯子を外されてからでは
遅いのです。
貧困はなかなか立ち
直れません、五体満足でそうですから、体にハンデーの人は大変です、
頭が良くても 取り残される人も居ますが、得てしてこの人達の中から
攻撃的な人も出ます、世を諦めたあげくの行動だと思います。
これらは世の中の「不公平」から来るのでは。

でも今のシステムは自己責任ですから、生活を一つだけに頼らず趣味
に欲を出して 全てをプロ並みにこれがこけない 私のモットウです。

スキーの話しの間ですが 気が付いたので お知らせ?してからにします。
「読売新聞万歳」

|

« 舞子高原スキー | トップページ | 元旦は 深大寺で初詣 »

エッセイ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 紅白が始まったのに:

« 舞子高原スキー | トップページ | 元旦は 深大寺で初詣 »