« 地域グループの会 | トップページ | クリスマス サンタ »

タンポポの綿毛

タンポポの綿毛という希望を運ぶ事を 名前にしたグループが有ります、
これはこれで良いとは思いますが、綿毛の下には 希望と言う、種子が
ぶら下がっています、しかし此の種子を分析すると、条件に合えば発芽

するという 全種子同じ 遺伝子が入っています、勿論平等の遺伝子
では無いでしょう、その内のごく希な好条件の種子だけが 発芽するのです。

時期的には 鮭の卵に近いのでは、人口孵化で無い限りおびただしい数の中から、大人
に馴れるのは ほんの1~2匹と言います、これが自然の摂理です、

これを思うとき 人間がまして大人になった 好条件の人間でさえ、フアフアと
飛んでいって、根を下ろして、其処で生活が成り立つとは 思えないんです、
東京が駄目なら 田舎が良いか?これは安易過ぎます、自分は何で暮らすか

少なくても何で暮らしたいか、それには何を身につけたいか、付いているか、
自分は何が売りなのか、例えば頭が悪いが 体が丈夫、この手は沢山
居るが、等ですが、

東京より田舎に仕事が無い事は確かです。
ただ 田舎には 住がある、これも強みの一つですが、それには 住んでいる人
との折り合いが大事になります、悪いとタンポポの発芽の条件に合わない

と言うことに成ります、人が生きて行くには、依食住が大変なんです、一旦
貧困に落ちると はい上がるのは大変です、全てにそれだけの貧困に成る
力量ですから 立ち上がれないんです。

それで若いときには 先を見て 芸?を磨きなさい、芸は身を助ける、これは
本当です、言換えれば 腕に芸を付ける、これでしょう、蕎麦や有り寿司や
有り、ペンキやあり、タイルや有り、パソコン相手に飯を食べる人は 多い

様でスポーツと同じで 僅かです、頭に自信の有る方は別です、更にコネ
の有る方は別です、言いたいのは 何らかの売りのないひとが 風任せに
飛んでいっても、仕事はないよ と言うことを言いたいんです。

今はあらゆる場面に趣味がプロ並みという人が沢山居ますそうしてこの人達は
大抵がいつでも事あれば 独立できるお金の裏付けも持つっています、
こんな人がうようよしている世の中、何も身に付いていない人が、仕事を

見つけるのは大変なんです、恒に先を見て何か腕に覚えてもらう、これが
大事です。
最低 車の免許は欲しいですね、これも時に身を助けます。
売れる物を見つけられる人は憧れの社長に成れます、後は「目」しだいです。
ですから 何も売りがない人がふわふわと飛んでいっても、仕事は
無いと思います。
勿論選ばなければ 何かは有ります、これは東京でも同じです。
取りあえずボロ市でも眺め、やってみることですかね、何がいくらで
売れるか?ソ連でも 困ったときには道ばたでかさい?を売って

しのいでいます、ネパールでも原点は道路端での商いからです。
人の集まる所、屋台で何かを売る、これが仕事の原点だと思います。

私なら「お金のいらない「研ぎ屋」包丁1本研いで800円、これで行きますね、
その為には 家の包丁で恒に練習しておきます。

高齢者なら 市役所に登録出来ます、客は向こうから電話でやってきます。

|

« 地域グループの会 | トップページ | クリスマス サンタ »

エッセイ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: タンポポの綿毛:

« 地域グループの会 | トップページ | クリスマス サンタ »