« ブランシュ 鷹山 が気に入りました | トップページ | 家の購入祝い »

1級検定不合格でした

難しいですね、検定用スキーは 修行が足りなかったですね、
何が悪かったと言うレベルではないですね しいて言えば 「小回り」
ができていないんですね、5年ほど前には小回りばかりやっていたんですが

ここ3年ほどはやめて「カービングスキー」買ってきたビデオを見ながらですがね
熱中?したんですが、今年から検定をはじめ、2級不合格で、あわてて
次の週 講習を受けて、ひと月後2級は取り返したんですが、

今回1級を受けて見て、感じたことは、雪面の状態、硬さなど、または
傾斜の問題、これらは関係が無い、ようですね、と言うのは今回は
アイスバーンの上に10センチ
くらい、新雪が積もり 快適なはずでしたが、だめでした、

点数表を見ると、合格者は70点で合格していますが、私の場合、68点ですね
中には小回りは67点ですから 全体で見てレベル不足です、リズム変化
にいたっては中斜面でしたから、1番滑りやすい傾斜、雪質、の好条件でしたから

頭にきます、決定的な何かが悪い、何でしょう?有る指導員に聞いたら 
2級検定のときの方が良かったといってました、滑りにばらつきが出て
いると言うことですね。
早い話 諸条件は関係が無いということです。

先日の一の瀬の検定も たらたらなところでしたがほとんど落ちたようです。

もうひとつは、かなり身に付いたと思っていた、私の課題 山足を引くと言うことが
まず、5日間の特訓では2級ぐらいしか身についていない、私が平山さんが
撮ってくれたビデオを見ても何じゃこれは、引いていない、もうひとつ、
振込みのうごきが止まる、これは「だめでしょう」

振込みが足りないことに加えて次の振込みの間に 腰が動かない時間が
できることです、これを「止まる」といいますが、滑り事態は止まりませんが
腰の動きが止まる、と言う意味なんですね、初めて知りました,
聞いてよかった、聞かなければ分からない、現に買ってきたビデオでも、
「ほらほら止まる」と言う場面がありましたが、今度の説明を受けて初めて
分かりました、すべりが止まる、変だな?ビデオを見るたびにどこが
止まっているのか。
大事な一言を聞いたものです、これも心臓ですね、聞くが勝ちです、
と聞けばなるほど、これは皆さんも分からないのでは、
知らぬは私ばかりかな。

多分立ち上がりの時、または沈み込みの最後か?もうひとつ、
これを見分けるのは、かなりの目がいるが。
私は谷足加重に問題があり、今まで山足だった
足に、谷足になる切り替えに問題があり、先に山足だった足、乗れば
良いのに内足に乗ってしまい体を
外に乗り出せない 内傾過度になってしまう、(外形とは違います正体)
これが私の場合転倒や失敗につながる。
スキーも硬すぎ、来シーズンからは柔らかスキーに変えます、焼肉を
減らしてね。
スキーは肉と同じで「柔らか」に限ります、準指導員のスキーを抑えて
そのやわらかさにびっくり、ヘッドスキーの柔らかで売れのこり、だそうです。

もうひとつ、相対的には、今まで苦手だったゲレンデー、避けていたゲレンデーに
向かわないと、検定は かなりの急斜面、雪質を選ばない、などに弱く

なりますので、検定をやらなければ、逃げ回っていればよいのですが、
検定を受けるかも知れないと思うなら、疲れるゲレンデーにも出かける
ことが大事では、つくずく思いました、たとえば 急斜面、ぼこぼこ悪雪、

このこなし方、アイスバーンの小回り、これは今回のようないかなる好
条件でも、検定は自分ひとりではなく、前に5人も滑ると、新雪は飛ばされて
下の固いところが出てしまい、
削れたところをはずすと雪がぼこんぼこんと、たまっている、結局滑る所は
アイスバーンになってしまい脇に

前の人が滑るために削られる雪がたまる、私のようにタイミングが遅れると、
下まで持ちこたえるのがやっととなり、自分でも納得できない、形以前の問題に
なってしまい、お見せするのが恥ずかしい、新雪の方がよほど滑りやすい、

ことになってしまいました、格種目1点ずつ 挙げたいもので、今回29日の
検定はあきらめます、練習の時間が無いからです、このままではだめでしょう
欠点を洗いなおすか 分かっていることを身に着けるか
検定は普段のすべりが出ますから、検定に特に旨くは滑れないものです。

滑り込んでから 受けます、このままでは 受けてもだめでしょう、急がないで
来年 n新しく挑戦します、「かなり練習してきましたね、」これが私が
アンケートを出した先生の言葉です。良くご存知ですねと言うと、南さんは

私が最初に扱った(受け持った)人ですから、いつも良く見てますから
知ってます、とか、
あれから5日間ほどやりましたがまだまだですと、、、、。

ところが、1時停止のことですが、上には話しましたが、長野県としても
ここ鷹山でも、マイナス1点は 「決定していません」と言われました。

はっきり減点の対象になります、と聞いたんですがね、決定はしていない
と言われました「訂正」いたしておきます。
ことによると「暴走の確認に使うのかな」コントロールなしのすべりはすぐに分かる
といってましたが。

ここで1点稼ぐよりは、回転弧のつなぎで稼いだほうが 得なようです。

24日1日講習を受けたんですが、ストックを付く位置が昔と違いました

前に着くのではなく、足元に近く突くんですね、構えは前でも良いそうです、
付くときは、漕ぎ出すように突く、これはなかなか直らないので検定
が頭にある方は、今から足に並んで突くようにしないと、癖が直らず

私のように苦労することになります手は治りにくいとも言ってました。

仮眠室に泊まっている方にはかなり上手な方がたくさんいて、スキーの
ザンギに花が咲きますが、ストックの突く位置は このあたりだよ、
といっていた方の位置と教わった位置が同じでした、
ここでは1杯飲みながらの無料講習ですから、

中には、テレマークの講師の平山さんも飲んでいて、私の検定また
コンテストすべて皆さんのも、のビデオ
を撮ってくれて 特別にダビングしてくれました、大変為になりました、これでは
受からないな、と言う、ぶざまな映像で 、とても孫には見せられない、
ビデオです。

平山さん有難う、又来年がんばります、もちろん今年もまだ6月まで雪が
あると思いますので、上越の神楽閉鎖まで何回か行ってみます、高速も
安くなれば出やすいですからね。
跡で写真出します。

|

« ブランシュ 鷹山 が気に入りました | トップページ | 家の購入祝い »

スキー」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 1級検定不合格でした:

« ブランシュ 鷹山 が気に入りました | トップページ | 家の購入祝い »