« 花見 | トップページ | ボタンがつきました »

那須 ハンターマウンテン

スキーに行ってきました、6日から9日までの4日間でした、

029_2
030_3
雪は10時まではアイスバーン、11時までは緩んできて
快適、昼からはグサ グサで3時にリフトが止まります、

全体として、急斜面は快適でした、8日の日は曇りで
1日中快適でした、空いているので思う存分体力の
つずくかぎり滑りました、

3日目にあるグループと知り合い

「山根清典」 きよてん、はないから、「きよのり」
さんかな?

この方が御大将「会長」でここのシニアー?常連客
ばかりのグループだそうで、平日シーズン券グループ
かな?10人程いるそうですがいつもは4、5人、

この山根さんに、二日間レッスンを受けました、

いろいろ教わりましたが、1番の「癌」は 外形に
なってしまう、
2番目が  立ち上がりがだめ、
3番目が手の幅高さ、
これは分かりやすく、自分の視界から、手が消えた
らだめ、

4番目が 山足を出すと言うか谷足を引くタイミング、
つなぎ、ここが1番の問題、あくまで私の場合ですが、

何度も何度も2日間やりましたが、遅れます、

途中から参加してきた、赤いウエアーの、もう一人の
方が言はれたのが、
尻の下げ方と上半身の角度
尻は雪をなめるぐらい落としてごらん、

尻を落として体を立てると初めは太ももが疲れます
が、先端が軽くなって自由になります、と言うが、

この方、クラウン並みのすべり、靴を中心に、くるり
くるりと回る、尻を落とす 上下動の大きな滑り、小回り。

「ブランシュ鷹山」の1級検定の前走の滑りと 
見たところ同じ、
この時の前走はテクニカル?と言ってましたこの方も
テクニカルかも、でも話に出ないところをみると、「旅ガラス」
かも?なんだかこの方のほうがすべりはは上に見えますが。

これは鷹山の平山さんからいただいた検定の時のビデオ
を見ての

感想ですが、「あ、あの人と同じ滑りだ」これが私の
直感でした。
私は検定で一番点数の出なかった
小回りを散々やりましたが、私の場合 「立ち上がり
すぎ?、でタイミングが遅れて、小回りにならない、
」らしい、そうかと言って、立ち上がりなしで
やると、抑えられない、抑えるとテール中心の、
「ワイパー型」になってしまう、

立ち上がりなしの ワイパーなしでは、いまの私には出来ない

靴を中心にした回転以外に できないが、これは
私には至難の業?。
悲しいかな、次第にスピードが出てしまいます。

山根さん面白い表現でした、これは、「侍歩き」で行き
ましょう、」
「侍はどんな歩き型ですか」?と聞いたら「手と足を
同時に出して歩く」
んだそうです、かみしも歩きですね、 

私は即座に「阿波踊り」を習ったときを思い出しました、
阿波踊りも原則 「手と足を
同時に出す、半歩引く」 スキーは山足を出す
と同時に谷足を引けるだけ引く、このとき谷足側の
手も引く、山の手はだすがそのまま谷の手になる
したがって谷のてを早めに出す、だから、侍歩き、
谷側の股関節を折ると今度谷になる股関節は伸びる?

谷足をどのぐらい引くか?できる限り引くと言う、そうしたら、
テレマークになりますが、と言うと、できるなら
それでも良い、ではやってみます、

「それで良いです、あなたの様に1度言っただけで
テレマークの滑りをやられた方は初めて見ました」
ほめられたが?
本人はこれで良いのか不安で首をかしげる。
しかしこのときの腰の形がどうも良いらしい少し
練習しよう。
完全に谷足先行で5回転ほどやったんです、引い
た方の足のすねが、ガツンと当たりますが、
重心を高くすると出来ます。
直滑降、斜滑降なら、どちらの足でも引けます、
もともと
斜滑降では山足が先行している、これを更に
オーバーに出して

フラットにしながら、谷になる前の山の手も出す、
谷だった手は引く、突いたら引く、手と足が同じに前後する
動きだがね。

スイッチを入れてから、スキーが回りだすのだが、
「貴方は回している」
スキーがわずかでも回転しだすと、スイッチは
時すでに遅く、入らない、足を引くのが難しくなる、
まだ谷足に乗っている間に、その谷足を引きながら、腰から
上は殿様?裃歩きで、回転のスイッチを入れます、
といわれるんですがね。

さーどうします、来シーズン迄トライを待ちますか?

のんびりしているわけには行かないでしょう。

私は付きっ切りの二日間やりましたが、まだまだスイッチの
入れ方が 違うようです、

「それでは1級はくれませんよ」

「でも、67点もらっていれば、「美味しい大福」は目の前にありますから、
この春がんばれば、1級の射程圏内にあります、」こう言われれば
この春が欠点克服の時間、更に

「ここでも1級はなかなかくれません

50人に1人取れますかね?ここではこぶが入ります、」
ならブランシュ鷹山のほうが楽か?こぶが無いから、

いずれ テクニカルではこぶをやらないわけには行かない、
上を狙うならこぶをやっていたほうが先が楽かも?

更にリフトに乗っていて、面白いことを言ってましたよ、
下品な言い方ですが、と前置きをして、

スイッチを入れるときに、一番近いスタイルが、「おならを
するときに、片方に尻を浮かすでしょう」その感じかな、
と言うのです、で何度かやってみましたが、「尻が持ち上がらない」
どうしてでしょう、遅いのか?
かなり早めに持ち上げないと、手遅れになって、腰が回らなくなる
と言う、これは理屈ではだめで、実際に滑らなければ、
「これだ」が分からない。

写真は左が隣のリフトに腰掛けていながら、おならを
するときのように、こうして尻を持ち上げると言う、山根さん、
90日は滑っていますと、3ヶ月毎日
滑る感じですが、昨年は130日
滑りましたと、えーと言うと、言い分がふるっている。
右が「福田さん」この方もよく教えてくれました、有難う又ね。
130日滑ったと言う山根さんは、

夏はニュウジーランドに2度ほど、行きました、お金の
許す限り行きます、「優雅ですね、」と言うと、そんなことはありません

300万ニュウジーランド国債を買うと21万何がし
利息がつきます
後は生活費を詰めると、持ち出しはやや航空券だけです、

この国は70歳以上はリフトが無料ですから、

誰でも国債とやら買えるんですか?私が買っていますから
誰でも買えます、細かなことは聞きませんでしたが、この20万が
無くなったら1度は帰る

らしいです、昨年は2度行ったようですから持ち出しか?
国債もいろいろあるとかいってました。

向こうの銀行で直接国債を買うんだから、安全ですがな。
1度行けば、後は只ですね、日本の株よりよさそう。

私は英語がだめだから、仲良くしていて、連れて行ってもらおうかな?

指導員付きツアー?1ヶ月良いですね、20万でね(笑)
おかあちゃんに言ったら「私がさびしいでしょう」「一緒に行ったら。」
二人分600万買っておけば(笑い)
夏は毎年ニュウジーランド、まんざら夢でもないらしい?。
032

 ところが今回の宿泊は 塩原温泉でした、
インフオメーションの紹介でした、一番安く泊まれる宿、
と言う条件で聞きました、
一泊素泊まりで2000円と言う温泉、行ってみると、
1人の場合、は3000円です、と言うことでしたが、
入浴料混みということで探すのが面倒で、ここに決めました。

部屋はきれいで 16畳の大きな、トイレ付き部屋でした。

隣が ラーメン、すし屋でそばうどんうなぎ何でも来いの
店で 旨く出来ていると思いました。
食堂は美味しいというわけではありませんが、まあまあです。
向かいには高級?レストランも有りますので、若い方はそちらへ、

驚いたのは 普段日ほとんど満室ですので、予約が要ります、
写真の左側が泊まったホテル、手前どなりが食堂。

皆さんこのホテル、何で分かるか?聞いてみましたら
「おおるりグループ」
だそうで 、湯けむり号」と言うバスが関東各地から出ています

バスは本当か嘘か 往復「300円」だそうです。
怪しいと思う方はホームページでお調べください。

2人様以上ですが、私のように割り増しなら1人でも泊まれます。
奥塩原にも素泊まりホテルが有ると聞きましたが、
ここより200円高いとかでも外には食堂が無いのでか、自炊が
出来るようです、ここのほうがゲレンデーには近いですやはり
「おおるりグループ」だそうです、

ためしに泊まってみるのも良いのでは。
名前は忘れましたが、確か「八汐」といってました
調べれば分かるのでは一度お試しください、私も泊まって見ます。

ここ蓬莱閣は温泉はすばらしい温泉でした。

皆さん安く遊んでいらっしゃる。

私の心臓のほうはだいじょぶでしたが、
血液検査で分かった私のように「中性脂肪の悪玉」
の多い人は 特に美味しい物は月に1度で良いのでは?

肉、油、砂糖、卵、が悪玉には「大敵」らしいですよ、
死ぬまでに後何食も食べられないのにと言う方が多い
んですがね。
油で揚げないとんかつや、
油で揚げないさつま揚げ、ポテトチップが良いとか
良いと言っても、よりは のはなし。

ちまたでは売れまくっているようです。

これからは
キャベツソースだけですかね、?ソースも野菜でしょう。

 もっとも、3月1杯は、仮眠室(1100円毛布付き)が使えて、
夜9時?からですが
朝8時までかな?、8時からは休憩室になります、無料、

早く着いた方は少し先のゴルフ場にも仮眠室

があるそうで、夜早く着いた方も、お風呂だけでも入れて、
一休みしてから
ここの仮眠室にもどる、人もいるとか。

ここのリフトシーズン券は、9月に買えば「3万」と言ってました、
シニアーで1日券10日ぶんですから、がんばればシーズン券
のほうが安いかもね、
母ちゃんに言ったら、「あっちこっちのシーズン券がいるでしょう、
どこへ行っても、持ててしょうがないね」と笑っていました。

このグループ、地元の方たちは夜は家に戻って弁当持参ですがね
セブンイレブンかねこのグループどうもかよい?らしい。

食堂でテーブルにうつぶいていないで、休憩室で
軽く横になって昼寝これは午後楽ですね。

 私はすぐに地元?のかたたちと溶け込めます、話は
聞いたほうが後々らくですよ。
「こんにちは やーお上手ですね」と言いながら近寄ります
少し教えてくださいよ、3月に2級の取立てほやほやです」
これで相手はにっこり「先ほどから見ていますよ、昨日も
いたでしょう」こんな調子ですね。

 ちなみにこの「山根さん」何よりスキーが好きで
交通費が掛かるので、この上塩原に引っ越してきた
と言う、庭で野菜を作ると、食べ切れませんとか
買うものは肉と魚、安く生活できますよ、と言う。

 子供は育って 奥さんと二人、大企業のえら方?
仕事は海外が多かったとか?、年金暮らしだそうです。
皆さんを連れてヨーロッパにも行くんですが今年は
不景気なのか行く方がいないとか言ってました。
73歳とか。

|

« 花見 | トップページ | ボタンがつきました »

スキー」カテゴリの記事

コメント

 ご無沙汰です! とは言え、先達のブログはほぼ毎日立ち上げて更新されているかな?っと拝見しています。
 
 HPのゲストブックにコメントありがとうございます。ゲストブックには、滅多にお便りをいただけないので、余り覗かないのですが、今日、たまたま覗いて見て・・・リコメント遅くなって失礼しました。

 私の近くでは、残念ながら適当なスキーの出来るところは三月中旬からありません。来シーズンは近場のスキー場のシーズン券を早めに入手して練習にこれ努めたいと思うばかりです。

 今日、書店で山渓の特集にある先達の記事を(友人が定期購読していて、回し読みなので、順番を待ちきれず)立ち読みしてきました。

 富士山でのことは山渓では言えない・書けないことを(「孤高の人・加藤文太郎」を読んだ時、その人となり を想像していたのですが)ブログで拝見し、さもありなん!!と納得したものでした。


 ここからは話の都合上、先達の先便をコピーします。


 「「文章が旨いから発信しているのではなく、バイタリティーを感じてもらいたい。

 私の発見は貴方にとっては、すでに百も承知なのかも知れない、でもヒョットすると新しい情報になっているかもしれない。特に新しいニュウスにならなくても、大間抜けぶりに笑ってください。これでも多彩な方だと思っています。

山をやり、スキーをやり、パソコンをやり、絵も料理もかなりプロを意識してがんばっているのです。」」

 そォーナンデすよね!!! 啓発されてます!! 「「かなりプロを意識して・・・」が、なかなか徹しきれないところで・・・、私の場合は、取りついていることの数は先達に負けないと自負していますが、中途半端になってしまいます。私には五年間、先達の御歳に達するに猶予ありますので、最近見習い始めているのですが・・・


 さてさて、座興脱線!


某雑誌にあった「大人の漫画」をもじって、


 新しいシステムにログインするために新しいパスワードを

  「penis」

 としたら、メッセージが出た

 「このパスワードは、拒否されました、短かすぎます」

 「少し長くして、 my_penis」

  メッセージが出た。

 「このパスワードは、拒否されました、間に合っていないでしょ!」
 

 として見ましたが、如何!!

 ありがとうございました。  楽観爺でした。


 

投稿: 楽閑爺 | 2009/05/20 22:22

コメント有難う

怪しげなコメントが来ていましたので、消したら 隣の爺さんあて
コメントも消えてしまいました、

ごめんなさい。
HIRO、

投稿: Hiro | 2009/05/16 01:53

 ご無沙汰です。先ず、心臓の件 良かったですね! っと申し上げるのでしょうか?! 良かった! よかった! なのですが、表現の仕方が・・・なのです。

 さてさて、例によってスキーの技術的なことの「体感部分の表現」は、余程順序を整理しながら読まないと「えェーー?!」ってことになります。

 良く、ここまで書かれるな! っと、感嘆しきりであります。

 関東に在住していたら、先達の刺激を受けて楽閑爺も若返るのでしょうが、少々付き合い切れない位の行動力ですね!

 一年160日も滑っている方もある由、世の中色々! 余り特別な方の話は聞かないことにしないと、その気にさせられかねない性分なので・・・

 私は一応スキーシーズンを終えましたが、五月の中旬にでも、友人の協力が得られれば立山の室堂辺りから弥陀ヶ原まで滑って見たいとは思っています。
 
 

投稿: 楽閑爺 | 2009/04/14 13:57

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 那須 ハンターマウンテン:

« 花見 | トップページ | ボタンがつきました »