« 15回光彩展 | トップページ | いよいよ光彩が始まりました »

丸沼高原ー4

赤いジャケットの栃木マスターズで勝ちまくる
「大和田さん」。
下の写真二日目 右「山根さん」と黒い方
が大和田さん。
Img_0085jpg


今度の「丸沼高原ー4」は 続きではなく、4月30日から今日
3日まで、再び丸沼へ行ってきたんです。
春スキーは快適でした、特にこのお二人
に付いていただき、恵まれた丸沼高原
スキーでした、もとより二人も友人?仲間。
栃木からは1番近いせいか、金精峠が開通
すると、彼らは此処にやってきます。
時にはハンタマ シニアーグループがここで10人ほど
連絡なしでそろうと言う。
Img_0087_2


今回も車泊ですから

食料品は4000円買っていきましたが、半分は
残りました、2000円で4日?昼食は500×4=
2000円、食事付きリフト券で中食500円になります

帰りの高速が1000円でした、
ありがたいことです、八王子に出ました。

 寒さを甘く見ていたので 夏用のシュラフ
で行きましたが、寒かったです、持参のタオルケットが

大活躍、水用の3リッターのタンクも活躍しましたが
飲料用ではなく 暖房用です。

最後の日に思いついたので 1日だけでした
タンクに洗面所の熱いお湯を入れて、
ウエアー?で包んでおくと明け方近くまで 持ちました
明け方触ってみると体温よりは低いぐらい、洗面所

のお湯は 手を入れられないほどのお湯ですから
60度か70度?は有ると思います。
家で沸かしてみるとあれは65度ですかね、
電気ポットでも85度から90度で自動的に切れますね
又5ミリのウレタンでは、薄すぎますね、10ミリ
でも薄いかも?更に効率良く?お湯を入れれば
80度から使えそうです。
10ミリのウレタンを張って更にこれをナイロン
ダッフルバックに入れたら、やや理想?かも、
10ミリのウレタンを更にセーターをかぶせて
更に厚手ダッフルバックが良いかも?、となると

静かに冷ますには、発砲スチロールの小箱
に入れたほうが良いかも?3リッターのタンクを
10ミリでくるむとかなり大きくなります。
温度が上に上がりますから、口がかなり熱くなります。
今回は3リッター1本でしたが 11月ごろ(寒いとき)
でしたら
2本または温度を何とか80度ぐらいにすれば効率は
上がるでしょう?

エンジン以外の綺麗な、かなりの 暖房効果
があります、少なくても
人一人分の温度上昇効果はあるのでは?
、車は例のぼろぼです。(笑)
簡単に計算すると、
10×10×10×3×使えるところの温度差40℃
として×40=
12万カロりー12時間で下がるとして、÷12=
1時間あたり1万カロリー の暖房となります?

12時間の内初めが良くて後悪いと言う
冷め方になると思うので、出来るだけカロリー
の小出しがよいのでは、これは私の考え。

先ずはタンクの胴を5ミリのウレタンで巻いてみる
それからでしょう、結果を見てからでしょう。

問題は 三つ叉パーキングトイレに お湯が出るか
出ないかです、
出ないとテストは11月の丸沼になります。
雪が有れば、5月25日から行きたいと思っている
ので、お湯が出ればそのときにテストできます。

条件を変えないと12万カロリーは変わらない
から、たとえばタンク2本使えば倍のカロリー
が使えるのは明らか、無理ですが80度使えても
同じこと
あくまでも洗面所のお湯があるとの条件です。

外が零下10度を下がると、窓ガラスにスポンジなど
を貼り付ければ、更に効果的になると思われます

半数の車は ガラスに何かの方法を取って
いますが、湯たんぽ暖房は今回は私一人
でした、暖かい無料宿泊は頭を使います。
と言うのは今回は
トイレ入り口にがんばっていましたので、皆さん

何を持ち込むか、良く見えました、向こうからも
こちらを見られましたが。
来期からは一人の場合水はレトルトなら
ドリンクの空き瓶2本で
間に合います、それより暖房用に3リッター

2本これがいいと思いました、
今回は足が冷たかったので
コーラの空き瓶にお湯を入れて寝袋に入れても
良かったと反省しています。

今度はタンクに
10ミリほどの 黒いテープ付のスポンジまたは
5ミリのウレタンもあります、これがどの程度
保温するか?
を巻いてみます、尚 効果的ではないか、

後は 工夫で覆い何とかなる、
まったく密封すると今度は暖房効果が無くなる
そんなことも無いか?
、夜7時頃から朝までに冷えることが

効果的ですから、後は頭の使いようです。
とにかく今は洗面所のお湯を使うべきです。

3リッタータンクは洗面台には入らないので
手つきのコフエルがいります。
大型の車でも 4リッター2本でかなりの

暖房が取れます、
これを思いついたのも前の二日に寒い思い
をしたから、夏シュラフの
おかげかな?暖かければ何も考えないからです。

次回は飲料水用ではなく、暖房用としてタンクを
用意したいと思います、どのくらいで冷ますかが

問題ですが、夜中に起きるのはイヤですから、
ゆっくり冷えたほうが良い訳で、
遅いのでは?と思うんです、家でテストは
出来ますが、面白いと思うんです。

黄色いジャケットの遠藤さん、アドレスを
書いていただいている。
Img_0095jpg

今回は前々回 ハンターマウンテンで合った二人の
指導員にも会えて、4日間 特訓を受けました
又もうひと方、隣での車伯の(遠藤さん)この方にも
見て戴きました、
この方は、たまたま家の近くの日野の方で、元山屋
雲稜会に

居たことが有るという、遠藤保さんで、人が判定する
指導員の世界から
機械が判定する競技スキーに鞍替えしたと言う
方です、
山根さんが出てくる前の朝の1本を後から
ついていただいで、見てもらい、

最大の欠点を二つ、教えてもらいましたが、
ここでは伏せます、とても「ありがたい」指摘でした。

この方 日野スキー連盟(クラブ?)の会長を
長い間されていた方、と聞きました。

車はマイナス20度にも耐えられるように装備
万端、お金を掛けています。
シニアーの大会を回っていると言う。
たとえば、シュラフは最高級ものです、お昼も
この車で食べる徹底ぶり、日数が多いのでとか
言ってました、
「これを売ってキャンピングカーにしようかな?
だって400万ぐらいだろう?」
お金は年金を奥さんと半分にすると言ってました。

後は二日間見ていただいた方は大和田さん 
赤いコート、この方
「栃木県オープンズ、マスターズ技術選」で

何と 1位が5回2位が2回、こんな経歴の方です、
ちなみに今年は7回目と聞きました、今年は
2位に泣いたので、来年はがんばりたい、

2位では 敗北だと、、、、、、、。
「やっぱり1位のときのあの感激が良いものだ
連続1位はかなり難しい、次々クラウン級の若手
が出てくるので」弱音?とも受け取れる言葉

11月に 此処にくれば又見てあげると、約束?して
くれました、「これだけ滑れるんだから貴方も
来シーズンはマスター選に出なさい、私が見て
あげるから」
と進められましたが、まだでしょう。

並木をバックの山根さん。
Img_0096jpg

この方もハンターマウンテンで知り合った、年間100
日以上滑るといわれる「山根」さん、この方にも
2日間9時から3時45分までのリフトが止まる
まで、付いて教わりました、結局3人に4日間見
てもらいましたが、中1日は、何と御二人に
前後に付いて
いただきました、有難うございました。
指導員二人とは、過保護?かな。

この方達に言はれた事を忘れなければ
の話ですが、二方とも、投げずに最後まで
付き合っていただけました。

山根さんは11月此処へは来ないそうですから、

後は11月は大和田さんと出会うことと、

12月に入ってから、ハンターマウンテン
で三度山根さんグループに会うことですかね
出会える事を願うばかりです。

シーズン券

買いますかね、先に買う、ウイクデー券は3万だそうですから
10日間で何とか元は取れるのでは?。

来シーズンは スキーもアトミックに変えたいです。

3人に同じ所を指摘されているところがありますが
どうしても其処が直らない(出来ないか言われても
分からない)ところがあります、

言い方は違うんですが、多分同じところだろうと
思うんです、なぜか出来ないんです、

「出来なければ 初めはこうやってみたら」
この言い回しが3人とも違うんです、
急斜面のぼこぼこ雪小回りでは、

一人の方は旨いといいます、

もう一人の方は疲れるとまったく違う滑りに
なってしまう、午前はあんなに旨く滑れたのに」
旨く行ったときは「それを忘れない様に」
と言われるんですが、意識が無いので「それ
が分からない」もどかしい物です。

結局、無意識に出来ていることがあるようです、
何とか自分で意識的に滑りたいです。

 緩斜面での 大回りの(レールターン)は まったく
だめです、
大和田さんには付いていけません、1ッ回転で
あっさり離されて、小型のジェット器が付いている

かの様です、何とかしなければ、外足に掛ける
力の掛け方?
スピードが違いすぎます、私はエッチングが
立たないんだそうです。

これが旨くなると、わずかな遠心力でも
かなりの「長い強いエッチング」が出来ます。

私はこれが出来ないんです、膝を内側に
倒せばできますよ、「腰から下でだよ」と言われます。

そのときまで、教わったことを忘れないでいたいと
願うのです。
3人の言うことが違うので有り難いです、もちろん
同じことも言はれます。

普段が大事だ、癖にならないと、検定では
フリーより必ず「落ちる」(下手になる)ものだと
言ってました、
これも 、ともすると、「忘れやすい」大事な指摘です。

私も古い悪い癖が付いている以上、必ず古い
癖の取れた新しい
癖も付くと信じたいです、普段の滑りをいつも検定
員が見ていると思い大事にしたいです。

7日からの絵が終わったら、もう1度 三叉神楽
で5日間ほど
復習をしたいと思っています さて。

|

« 15回光彩展 | トップページ | いよいよ光彩が始まりました »

スキー」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 丸沼高原ー4:

« 15回光彩展 | トップページ | いよいよ光彩が始まりました »