« 昨日でついにカウントが4万を越しました | トップページ | 今シーズン最後のスキーか »

プロの知恵

Img_0127_2

パルコへ行ってきました、忘れ物のお茶を買いに
行ったのですが、私は別の目的がありました。

折りたたみコンパクト鏡を探すことでした、
何軒か探しましたがありませんでした、最後に
無印印に行ったらありました、気に入らないもの
でしたが、294円でしたので買いましたこれが

左側の白い鏡です。

ところが使用している「プロカメラマン」曰く「100円
ショップでも有るかもよ」
この言葉が耳について、帰りに100円ショップ
(セリア)に寄りました、有りましたね105円
これはやや理想的、何と言っても100円それでも

今度使うには、こちらの方が理想的、先ず厚み
が薄い、ちょうつがいが無印製よりはしっかり、
壊れても安い。
彼が使っていたのは、プラスッチック製だが
蝶つがいが理想?的に良く出来ていた。
ならパルコのが無駄になったか、それがまんざら
無駄でもないのです。

さて私がコンパクト鏡を 何に使うか?

カメラです、

最近いや前からだが、高山植物
のような低い花、これを今までのカメラで写すと
「腹ばい」にならないと写せない、ところがこの

鏡を覗き窓?に付けると、上から覗けるのだ、
ちょうつがいを下にして、鏡のふたを、カメラの
下の邪魔にならない様に切って「両面テープ」で貼り付ける、
鏡は上がパタパタ開くのです、

100円ショップの折りたたみ鏡が厚さ3ミリで
旨く加工できれば2ミリになる、アルミ製だ、
これが右の2枚、なぜ2枚か、(計3枚)予備の目的と

色が2色あるので、迷ったからだ、考えて
迷っているほどの値段でなく、スペアーにもなる
し、カメラも3台有る、で2枚買った。
それだけこの仕掛けに惚れたということ。

100円の強み 、無印製はスチロール製で
切りやすい?
(加工しやすい)カッターで切れる。

問題は どの鏡も、鏡が1センチ程大きすぎ、
これはガラス切りで切るしかない、彼は安い
ガラス切りで切った、と言っていた、

アルミは鋏で切れる、

このように多少加工はいる、しかしこれは特許
が取れるほど、爆発的に、はやるのでは?。

ところで貴方が特許をとってもお金に成りません
それほどメーカーは甘くないからです、
それよりみんなで流行らせよう。

彼はプラスッチック製の黄色を張っていた
使っていたので、

カメラが黒く とても印象的に見えたが、私はごらんの
ように黒とアルミ色を買ってきたんです、
彼のプラスチック製の鏡は、ちょうつがいが
非常にしっかりしているから、100円ではない、
無印の方は白、蝶つがいがダサい
なぜ先走って買ったかもう少し読んでください。

ところがこれが役に立つと言う
プロ曰く、
たいていの場合、フラッシュが強すぎるので
これを適当に切て、上だけテープで止めている
パタパタしている、フラッシュが隠れるように、
必要に成ったら、左手?の指でパタパタ開け閉めできる、
なるほど頭が下がる、1ミリほどの白の
プラスチックがちょうど良い事が多いと言う、
もったいないが、この無印の鏡の蓋を切って
使えそう、と思ったから、「マーイッカ」と思って

とりあえず買った、100円ショップに無ければ
又此処にこなければならなくなるからだ。

さすがのプロですね、専門誌などにいつも
出ている方です。
先日絵を見に来ていただいての情報?です。
私はこれから加工しますが。

蓋だけ切っておいて、使うときに、その場で両面テープ
でカメラに張れば鏡は切らずにすみます、面倒
だからだ。
私はいつも必要ではないからです。

貴方はどちらにしますか?私はフラッシュの蓋?
の方が使う数が多いからです。
もっとも鏡と両面テープをいつも持っていれば
加工しなくても使えます。

人に自慢して見せるなら、加工組みですかね?
私は近くのガラスやさんで切って戴いたほうが
安いガラス切りを買うよりは更に安いのではと
思っています。

厚めの両面テープがいいかもよ、カメラの底は
でこぼこが多いから。
花の写真の好きな方に、このブログを教えてあげて
ください。そっちの方が面倒?
Img_0128

|

« 昨日でついにカウントが4万を越しました | トップページ | 今シーズン最後のスキーか »

趣味」カテゴリの記事

コメント

細かく説明すると、

簡単なのはトップ頁を開いて最後に オレンジ色の
「コメント」をクリックすると
「コメントを書く」がありますよね、此処に適当に書いて、

確認、送信、これをクリックすると、
即座に自分で、見られます。

コメントー1とか2とか出ますので、クリックしてください。
ただし読んだ記事に対するコメントですから、他の記事のことを
書くなら、題名を入れて戴ければ
どこの記事のコメントかが分かります。
どしどし入れてください。(笑)
今度は文章が沢山載るように
画面構成を変更しました、
2時間掛かりました、頭が弱いのでねえ。

投稿: | 2009/06/01 18:41

そうでした、コメントは此処に書いたら確認の後「送信」
を押してくださいよ、
押した瞬間から、すぐに自分で見る事が出来ますので、
分かります。
テストでお試しください。
確認の後送信が出るまでスクロール?してください。

投稿: Hiro | 2009/06/01 08:54

コメント有難う、
昨日まで10日ほど家を空けていました、
今日見ました、
新しい記事につけていただければ
うれしいですが、いつもはあまり
戻しては見ませんので、
時々怪しいコメントが昔の記事に
付くので消すために見ますが
新しい記事のコメントは見ています、又願います。

投稿: Hiro | 2009/06/01 02:06

 こんばんわ! 先ず、教えてください。

 ここにコメントを書くと「プロの知恵」に対するコメントになりますか? この「プロの知恵」へコメントしたつもりが、相当以前の話題に対するコメントのように、「最近のコメント」欄に出ているように思います。

 話題を読ませていただいて、コメントを書くまでの手順を教えていただきたいのです。

 このコメントを書くのは三度目です。何故だか、どこかに隠れてしまって・・・
 
 さて、プロの知恵、デジカメでの低視野撮影用の鏡(鏡面仕上げの金属板ですが)私は山などに行くときは必ず持って行ってはいます。でも、蝶番と両面テープとはグッド・アイデアではありますね!
 
 早速カメラを取り出して見たのですが、我がカメラは小さく、底が狭く、機能蓋が幾つか付いていて・・・。私は切り疵などの時使う、商品名で「サトウバン」の適当な大きさのものを、仰る蝶番のように使って鏡をカメラの底近くで支えさせています。

 今度こそ届いてくれることを願って・・・

                    楽閑爺でした。

 

 

投稿: 楽閑爺 | 2009/05/21 20:16

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: プロの知恵:

« 昨日でついにカウントが4万を越しました | トップページ | 今シーズン最後のスキーか »