« この所見舞い続く | トップページ | 何が効いたのか 分かりませんが »

兄から聞いた、南 留三郎 の検索

これは 私の父の話、
「検索してみてごらん。」

南留三郎を検索して 見ると 財団法人全日本スキー連盟SAJによると、

昭和8年「私は昭和6年生まれ」に11回全日本スキー選手権大会
のクロスカントリー18キロで 優勝している。
13回でも17キロで矢張り  優勝しています。

親父やりますね。
ところが 宮様スキー大会第5回では 60メートル級ジャンプで矢張り
優勝していますね。

さらにさらに
札幌ホッケイ連盟に記録にも、

「1935年には北海道ホッケー競技誌を発行している。札商の初代監督は陸軍戸山学校でホッケーをやっていた南留三郎である。ファイトに満ちた人で、猛訓練で部員を鍛え上げ隣の北中と互いに刺激し合い、両校とも後に日本代表選手を多数輩出するようになった。」
と有りますから、ホッケーもやっていたんですね。
いずれもハイレベルの競技者でしたね、敬意を評します。

私は今に成って スキーに目覚めたんでは、遺伝が生かされませんかね?
岩登りでは 遺伝子が出たようですが?

でも 山でもスキーでも「バランスが良いですね」。
これは良く言われますから、遺伝子はまんざらでもなさそう、がんばってみます
南2世? 遺伝子の天が加勢してくれるか?シニアースキー、
先ずはそのSAJの1級ですね。

友人は 脳梗塞や胃がんでばたばたしているのに、こちらはコンドロイチン
で済んでいます、ありがたいことですが お互いそんな歳と言うことです。

|

« この所見舞い続く | トップページ | 何が効いたのか 分かりませんが »

エッセイ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 兄から聞いた、南 留三郎 の検索:

« この所見舞い続く | トップページ | 何が効いたのか 分かりませんが »