« 回想の春夏スキー | トップページ | 本シーズンの初滑りに行ってきました »

恒例の東北紅葉と温泉の山旅

画像は全てクリックすると大きくなります。「サムネール」
プロフイールの写真は大きくなりません。


4_152_2

10月12日夜出かけました 11日まで丸沼でスキーを楽しんでいました、
家に居たのは1日だけ、
 始めが 恐山これは私の勘違い 山だとばかり思っていましたが恐山と言う山は無く、成田さんが「ざん」になったような山で車が 高原の沼まで運んでくれます、この時期景色はとても良いところですし 人気はさすがです

日本中の車のナンバーが見えます、広大な駐車場は無料で好感が持たれますが、連休の昨日までが込み合っていたようです 皆さんも1000円の魅力ですかね 料金小屋がありましたから、休日は取るのかも私たちは無料でした、これに対して、金精峠の菅沼は 問答無ようで 沼を見に行くだけで お金が掛かります、駐車料金は掛かりませんが。
4_122

高度はかなりありますし、冬は車が上がらないのでは?
湖に注ぐ小川が何本か有って、なかなか見せ付けます、
中には三途の川もあって 橋もあって 記念写真を撮るんですが、橋を渡りきる人は居ません、橋の上に上がるとみんなが 行け行けとはやし立てます。

私たちは 御利益があるように、?参道の両脇にある、温泉に入りました、風呂場だけの建物が女湯と男湯に左右に分かれています、中々の温泉です、此処も無料、入館料は掛かります。
それから小一時間 ぐるりと池まで探索しました。
水子の赤い風車が多すぎますが。
2_154
写真は水平が曲がりましたが 直すソフトが持ち合わせ無いので 勘弁ですよ。

恐山を後に青森まで高速代1000円の喜びを語りながら 下北最高峰の釜布施山に此処もほとんど上まで
車が入り それでも残りの階段を10分ほど登って山頂に、ところが山頂には 航空自衛隊の巨大なレーダーを作っている最中でした 10階立ての巨大ビルが 吹き飛ばされそうな、ものすごい強風のなか 工事が進んでいました、突貫工事とか言ってました。
今夜は 井上靖の(海峡)の舞台の下風呂温泉です、

14日は一旦戻って大間を見て 縫道石山に登りました 中々形の良い岩山ですが 登山道は何本かの 倒木が有る以外 岩登りはありません 登山道はくるりと裏?を回っていますし 固定ロープもところどころあります、正面はロッククライミングの対象になったことがある岩壁を持つ堂々とした山ですが近ずくと岩は何処にあるのか見ることが出来ません。

形が北海道の「定山渓天狗岳」に似ていますので こちらの方が立派ですが、とても懐かしく眺めました
と言うのは 定山渓天狗は 私が 中4のときに 東尾根の初登攀の記録があるからです、札幌に居る計良幸作
と斉藤信夫と、私の兄の4人でした、思い出の山です、其の定山渓天狗の兄貴分の様な山ですね。
234_2


234
 
4_207
脇の沢から蟹田までフエリーで渡り、秋田まで走って北秋田森吉湯 -森吉山に登りました、縫道石山とは対照的な女性的美しさ
を持つ われわれ年寄りには 登りやすい山でした。
362

途中までは ゴンドラで、此処より下はスキー場になっています、阿仁スキー場です
どのあたりかというと、秋田県のほぼ真ん中ですね、田沢湖の北です、ゴンドラの上も立派な非難小屋が
あちらこちらにあります、冬用ですかね、夏は天候が急変以外いらないのでは、冬ガスに巻かれたら分からなく成りますね?
更に16日は仙台まで戻って秋保Ⅱ口温泉まで17日は糸岳を登る予定でしたが 道路崩壊のため車が入らず
ばんじー岩や大滝を見て373
「1キロは続くという盤司岩の1部です。」

 時間が有るので 蔵王の紅葉を見て帰りましたが、帰り道 昼食に寄った食堂の隣の公民館?の広場で蔵王祭りの出店「100店舗以上」でお土産に

「ゆっくり見ることが出来た夕日、10年前のハワイ以来か?左井の夕日はこの次期
海に落ちます、遠く左に見えるのが津軽半島か」

 紅ざけを買いました 色と値段に惚れて 山の中で 紅ざけはどうかと思いましたが、S君も私に付き合って買いました、7切れ1000円、私の覚えでは紅ざけのカマだけで450円はしましたから安いかな?と思ったんです、今日いただいたんですが 塩を買ってきたような 塩からい物でした、やっぱりな、明日は塩抜きをして残りをお茶付けですかね、それでも3切れ残ります、彼もやられたと思っていることでしょう、塩抜きが思いつくか、シーランベです。

紅ざけは塩をきつくすると色が濃くなるんですかね?油は乗っていましたがこんなのを食べていると癌になりますよね。
今回の宿は1番が民宿の 「みやの」7000円此処が1番の料理でした 電話0175-38-2631です下北半島 佐井村です、行くなら太鼓判を押して お勧めします。
宿からは夕日は見えませんが、車で5分ほど行くと「願掛け岩」という大きな岩があって裏に大きな駐車場もあります
私たちもここに止めて 海岸まで少し下って願掛け岩の裏から 見ました、最高?ですね、椰子の木は有りませんがハワイを思い出しました、246


ハワイの夕日も綺麗ですね、何かが違います、空気か雰囲気か気温か?魅力があります、場所によっては2000人以上の人たちが海岸に出て 海に沈む夕日を眺めます、どの国でも同じですが、夕日と言うとデンマークの夕日も みんなで見ます夕日が長いんです 確か6時から9時頃まで4時間もつづきます、中々沈みません、朝も中々出てきませんが、日本はボソッと沈みますので楽しむ時間

が少ないですがね、いいところ20分?空の焼け方はなんといっても ハワイですね、なぜか空に美しい雲が掛かり、それが見事に いつも焼けます、風も朝夕はやみますが昼間はいつでも吹きます、いつもと言っても私たちの行った2週間ですがね、息子の嫁さんは6度目とか かなり気に入ってます、「ハワイか」といって「か」を付けていましたが 私も気に入りました、見直しました。
椰子の木の間に沈む夕日独特ですね、絵を描きました。
暖かく湿度が無いですね、昼は熱くてもさっぱりしています。
レストランが高いですので 自炊が良いですね、レンタカーは欠かせません、東北の旅とは関係が無いんですが
夕日を見ながらいろいろ思い出しましたので。
散々海岸を走って、買ったお土産が 山で買った紅鮭 ヤジキタのような お土産買いでした。

森吉山の阿仁スキー場は蔵王の様な樹氷と雪質が売りとか、不便ですがね、
「これは下北の 夕日の写真です。」ビデオのように沢山撮りましたが それだけ感激でした砂浜から見るよりは
岩があって ススキが有って、、、。

日が落ちると言うのに あわびの密漁か?舟もありました。
われわれを密漁者と思ったのか パトロールと思える人がバイクで見回りに来ていましたね、
4_263_3

4_258

これは海 の大間の只一つの土産 「マグロ酒盗」なる塩辛を買ったのだが 創業明治27年は良いのだが
買うときは此処までしか読んでいなかった、
家でよく読むと、製造者神奈川県小田原とあった、ハワイで買ったお土産が ジャパン製という話に似ていて
なんだかすっきりしない。
これはイタリアは厳しいですね、イタリア製しか見かけません、日本から行くとイタリア製で良いんですが、
日本では日本製ではなく土地のものが良いのですがね。
味は未だですが塩辛ですからこれも塩かな?
われわれは お土産の買い方が下手だね 山で買っても海で買ってもこれだと言う物は買えませんね、
骨董品を安く買うようなものですね いつも売るほうが1枚うえですが。
思いがけなく美味しい物ってなかなか無いですね。地方の食堂もしかりかな。

 

|

« 回想の春夏スキー | トップページ | 本シーズンの初滑りに行ってきました »

エッセイ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 恒例の東北紅葉と温泉の山旅:

« 回想の春夏スキー | トップページ | 本シーズンの初滑りに行ってきました »