« 7日から 10日まで軽井沢プリンススキー場です、 | トップページ | 先ほど軽井沢から戻りました »

虹の町 前橋

先ほどNHKで前橋の 宣伝映画の紹介がありました、
驚いたのは 「虹の町」と言う言葉です。

実はわたしが 「私の大好きな水上は虹の町」と言うキャッチフレーズをつけたんです、これは谷川岳 肩の小屋
に私の絵を寄贈した時の 小屋の馬場さんに さし上げたタグに書いてあげたんです、其のタグは 絵の脇にピンで留めてあったんです、もう何年になりますか6~7年は経ちます。

これは地形的に水上が虹が多い町なのです。

私が谷川に通っている内に体験的に感じたことです 、山が雨で 諦めて降りてくると 決まって水上まで来ると晴れてくるのです、振り返ると必ずと言うほど虹が出ているんです。
それほど多く雨で撃退したと言うことでもあります。

谷川岳が雨で其の雨の切れ目が 水上あたりになるんです、ですから滝などには 大きな滝にはいつも虹が掛かるんです。
兎に角映画監督が 虹の町と言う言葉を題名に使う 其の言葉は私がすでに10年近く「前」に
使って、谷川岳に有る絵に添えて書いて飾って有るのです、
この感覚 捨てた物ではないでしょう。
今頃になって大真面目に使われ出したんです。
水上の山岳資料館の方たちにもこの「虹の水上」を使うべきと言ったんですが、聞き入れず、今に成ってしまえば
虹の前橋、になってしまうではないですか、水上の方たちは 遅れているのでは、すでに7年も前に ヒントを差し上げたのに、ただ取られるようなものです。

「虹の町水上」

ですから私の絵は誰の絵より感覚的に優れていると思えるのです、私の右脳でなければつかめない山岳風景
の絵なんです、全ての私の絵に共通しているのでは?

|

« 7日から 10日まで軽井沢プリンススキー場です、 | トップページ | 先ほど軽井沢から戻りました »

エッセイ」カテゴリの記事

コメント

こんにちは、早速のコメント有難う、
ブログを見ている方にゲレンデー
で合うのは 嬉しいものですね、
今日は珍しく雪でした、
最後の今日午前中、安中(軽井沢)の方で「とのいけ」さんという方、指導員レーサーの方から
ご指導を受けました、記事にも書きますが、私の治す所は 外の手が高すぎ、と言うことと、肩から突っ込むのがよくないといってました、早速素直に直しました(笑い)、これからはこれで行こうかな、と思ってます、
やはり60歳ぐらいのすべりだと
言ってましたが 、「手が広すぎると1級はくれないよ」と言われました、良かれ悪かれ1級は欲しい、素直に言われた形にはまります。

投稿: HIRO。 | 2009/12/18 22:13

カルスキではありがとうございます。

いやぁー。ダイナミックな滑りに
驚きました。!

ヘルメットも似合ってますよ。

午後からお会いできず、帰ってきましたが、
次回もまた、お会いできましたら、
ご指導を含め、よろしくお願いします。

投稿: なんちゃってレーサーこと佐藤 | 2009/12/17 08:13

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 虹の町 前橋:

« 7日から 10日まで軽井沢プリンススキー場です、 | トップページ | 先ほど軽井沢から戻りました »