« さていよいよ軽井沢の事件? | トップページ | 蟹と豆腐の旨煮 や 78才の科学的 あがき »

智佳ちゃんからのラブレター

今日思いがけない 彼女から ラブレターが来ました、チカチャンは4歳に成りますが 私にはさっぱりなつきません、抱っこはもとより、手もつなごうとしません、ところがスキーのときに 思いがけなく オジイチャンと一緒にリフトに乗りたい と言い出したんです、でもその後は又元に戻ったままでした。

ところが今日 再び思いがけない ラブレターが届いたんです。
Img_0764jpg


 面白いのが 私も テントームシが大好きなんです、20年ほど前から このテントームシのネクタイピンが欲しいのです、未だに手に入れていません、テントウムシの話は このブログにも何度も出したことがあります、天道虫は無く、かわせみを買った話などです。

 このテントウムシの裏が問題のラブレターです。
他に自分の写真が添えられていました勿論キッチンに飾りました。
Img_0765


Img_0763jpg


 さて4歳のときの私は何をしていたでしょう、まったく記憶にありません、有るのは断片的に町の風景がちらつきますが何歳の記憶か まったく分かりません、まして文字を書いて、自分の気持ちを他人に自分から伝えようなどは小学校でも 記憶にありません、小学校でも近所の友達と遊んだ記憶だけです。

 文章は「おじいちゃんだいすき」ハートが3ヶ、此れは誰にでも読めます、更に下の赤い字が「ちいちやんはほじょなしできたよ」此れは始めは読めませんでしたが 何とか信念(根性)で読みました 、1度読むと何とかそのように見えます、よほど補助輪無しで乗れた自転車がうれしかったのでしょう、此れは素直に認めてあげるべきです 人は認められることが 1番うれしいのです、いつも照れて母さんの後ろに隠れるチカちゃんが、私に伝えたい、もっとも私が苦手だった 文章によって伝える 思い切った手段、うれしいですね、本人の想像を超える、喜びは、何とかこちらからも分かりやすい文章で伝えたい物です。

 此れですが何と渋い 精一杯の表現、手紙に全力を出し切っているのが分かります。

素晴らしい、孫ながら、「すごい」物です。

 此れだけ書けるということは 4歳にして「年中組み」にして かなりのひらがなを読み、更にかなりのひらがなを書き、しかも大事なのは 恥ずかしがらずに自分の意思を私に伝えようとしています、大抵は自信の無いことは人に見せたくない物です。

自転車の補助輪無しで乗れたんだろうか?又は手伝ってもらわないで出来たよ、?か、非常にこちらの想像を駆り立てます。

兎に角返事を書きます、こんなことで返事ぐらいで(私の返事を待っているとして)思うに 私の半世紀に渡って 味わってきた 漢字コンプレックスをあじわはずに済む、多少の手伝いになれば、更に又手紙を
くれることがあれば、此れは字による気持ちの表現と伝える面白さを知ってもらえる力になれば、 いくらでも応援したい物です、

先が楽しみです。

私は学校中は劣等生でしたから、私はパソコンが出てきてから初めて 自分の考えを 活字で人に伝える面白さを知って、登山と言う特殊な世界ですが
文章を「エッセイを」書くようになったのです、このブログもです、活字になれば、楽しんで何百人に読んでもらい
しかも 自分を 宣伝しながら、もの書きで食べられなくても、時におこずかいに成れば、これほど幸せなことは有りません。

私は人生で 最大の弱点は、漢字を知らないことでしたから、もしチカチャンの様に字が書ければ、人生の最大の欠点が弱点が、最強の武器になって、それこそ 剣より(岩登りより)ペンが強く成って更に一回り大きな豊かな 人生をひた走ったことでしょう。
今は余生ですが 力を頼りに、スキーに魅力を感じているんです。

エッセイは山だけではなく 猫の専門誌に 「投稿」したこともあります これも使っていただきましたよ猫のはなしですよ、投稿する勇気此れに 此れにチカチャンの私に出した手紙、此れを重ねます、オーバーラップと言いますか?。

此れを孫に託すのは無理がありますが、私のような 高い?感受性は 多少でも受け継がれていて欲しいのです、
感覚と力を蓄えておいて、チャンスは逃がさず 、的確に掴む、此れが私のモットウですから。

後は私の場合 いろいろ人より強い 右脳と強い体を持っていますから、いくらかでも受け継がれていれば、今は
嫌われても その私を嫌う感受性を大事にして欲しいと思うんです。

チカチャン頑張れです。私と比較しての、親ばかの 上のばかですからね御勘弁を。
それだけこのラブレターが私には嬉しく感じたのです。

|

« さていよいよ軽井沢の事件? | トップページ | 蟹と豆腐の旨煮 や 78才の科学的 あがき »

エッセイ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 智佳ちゃんからのラブレター:

« さていよいよ軽井沢の事件? | トップページ | 蟹と豆腐の旨煮 や 78才の科学的 あがき »