« 蟹と豆腐の旨煮 や 78才の科学的 あがき | トップページ | 安比高原スキーでした »

軽井沢とスノーパーク二日間のスキーでした

今回の二日間で前の4日を入れると 通算「33日」に成りますね、此れでスノーパークが2回目です、

プリンススキー場に夜付いて 1泊 ,車ですよ、朝7時30分 スノーパークに向かいました、朝8時30分集合、
スベロークラブ 会員は リフト代が安くなりました 確かシニアー1日券が1800円でした。
写真は 今日の講師の萩原さん、とても良く、皆さんには気の毒でしたが 初心者用?私用かな? からのレッスンでした
私にも良く分かりました、有難うございました。
Img_0770


この日は1日ポールレッスンでした 私はポールは初めてでした、初心者用のくぐり方から教わりました、
今までの軽井沢で教わった くぐり方とは まったく 違う物でした、あれは高度すぎて 駄目とのこと、

ポールの基本は 先ず落とされないこと、此れに尽きると言いますから、フラッグに向かって走るなど有り得ない
と言われました、初めてとはいっても やさしいポールはプリンス軽井沢で 6本ほど滑っています、其のときに早い方にフラッグを

めがけなさい と言われたんです、其のときも 初めてですと断ったんです、ところがこの方のスピードには付いていけない、かなり 上級者の方ですが、教え方はまったく違いました、今回の講師は「萩原」さんですから、こちらの方が間違いない、ビデオも撮ってくれました。

こちらは初心者は セットの下半分から滑る 1旗門ずつ上の旗門を増やしていって5本目ぐらいで 上から滑る。
どう考えても初心者用では こちらが正しいでしょう。

午後はセットを変えました、ドリルで穴を開けるのですが 開けても 思ったより硬いです、此れはポール回し用のレンチが必要です、次回は私が買って?寄付しましょう、いくらでもないでしょう?ポールによっていろいろ有るのかもなら駄目ですね。

でも軽井沢の あの方のやり方も 早いだけに魅力があります、

萩原さん曰く

「テクニカルだって クラウンだってポールこそ無いが 落とされ方を見ています、
此処でスピードと落とされ方で 点数をくれます」と言い切る。
私が1級を目指しているのを知っての言葉か。

と言われても フリーではどれが落とされたターンか、大きなターンか 私では分からないので困ります
ポールがあればはっきり分かります。

ずれないターンが落とされないのかと思いきや、見ているとかなりずらします、だからずらす程度の問題か、回転弧の内の始めはずらしても良いのか?、カービング、フルカービングでは先ず無理(レールターン)よほど傾斜の無い最後の 3旗門はレールターンが利きますし、クローチングターンも利きます、後は 自分のスキーのずれ方が 分からない、自分では自分が見えない。
ポールの場合なら、音はするし 大体が苦しく頑張らないと入れなくなる、だから分かります。
其処でビデオが役に立つ、今回も 午前も午後もビデオを撮ってくれました、ビデオのテレビから更に私のデジカメで写しましたので、まだ見ていませんが、ゆっくり見ます、

テレビを見た感じでは私は 初めから恐がっているように見えます 
此れでは駄目でしょう?自分が見ても恐がって見えるんだから。

でも感じたことは おそるるにたらず、ですね、此処のポールなら 100本も滑ると何とかなるのでは?10日かな、甘いかな? 正直そんな気がしました、其のときに感じたのはスキーですね スキーが今のスキー(アトミック)ではなく

昨年試乗した、ヘッドの170ならば?この硬いバーンでも もっと何とかなりそうです、あのスキーは グリップが抜群です、たかやまで
検定のときに 2日前に行って 又借りて試乗して見たいですね、その結果良かったら、もう1本今度はヘッドを買うかも、在庫が有ればの話ですがね、ヘッドは我が家の店で扱っていますから、在庫しだいですね。

 昨年乗ったのはオールラウドモデル、赤い方です、黒いやつがインストラクター用、こちらの方が固い?ですね、でも昨年試乗したのは赤い方でしたから柔らかな方です、緑のやつも乗ってみたいですね 高山に有るか?有ればの話です、
あのグリップ力は忘れられません、今のアトミックも30何日乗ってますから 普通の方の1年分は乗っています、

そろそろ 頭にある 乗り心地のスキーに乗ってみたいですね。

此れが旨くなってくるとフリーでも自分で落とされたかどうか分かるのでは?。
でも良く教えてくれました。

「南さんのターンは 此処までダダダと言うのが聞こえます、(下でビデオを写していて)もう少し高い位置からやわらかく外を回って入ってください。
音がすると言うことは 回転は完了されていないのに ポールを通過する。」

ポールには 補助の田植えの苗のようなふさふさした補助フラックを立ててくれました、(ピステマーカー?)外ポールの35センチ程外ですが非常に目に付き ポールが邪魔にならない、滑りやすいです、「これは またがず 踏まず、ぎりぎりに入ってください、それには此処にスキーの頭が来たときには 回転を終えてください、したがって2メートルぐらい前からスキーの方向ずけができていないと、回転が終わらず 落とされます。

確かに此処で回転を終えると次のターンの外回りに余裕が出ます、外に大きくはみ出すと余裕が出ます、ポールとポールの 真ん中あたりに向かうことが出来、もう少し上かも、其の前に切り替えますから、ポールから2メートルは外に出る(最大傾斜のときに)この回転が終わるころフラッグに近ずく、回転を終えながらフラッグに近ずく、こんな感じですかね。

それほど難しいことではありません。
それよい 難しいのは ポールの下で回転が終わると次のターンが上から入れるので 時間的余裕が出てスピードが遅く感じます、此れで良いのか?と思えるぐらい時間に余裕が出るんです、遅く感じるんです、此処が我慢ですね、此処で遅いスピードに我慢しないと フラッグに向かいますから 下で落とされます、其処のところの我慢が難しいですね、「スピードは考えるな」此れの徹底しかないですね。

赤青ポールが降られています、下から見ると 其の幅で回転ができると勘違いします何故ならポールに触れるぐらいの所を通過すると思えるからですが 話は違います 、ポールに入る前がかなり外に膨らみます、
此れが下から見て左右2メイトルは外を回ります、(ポールから2メートルではないですよ)それでもスキー自体は 補助フラッグぎりぎりを回転を終えた形で 通過します、話がWりましたが 頭の良い皆さんは 整理してお読みください。

したがって次のターンが楽になる、又次も外に膨らませることが出来る、此れが出来ないと、補助フラッグを踏むか跨いでしまう 、こうなると 次も間に合わないので苦しい 続きになる、だから1度やりそこなうと、後々ただる
事になる、特に気をつけるのが 、

2本目のフラッグが見えないときは、普通より30センチは思ったより外を回って間違いない 見えてからでは 間に合わず 落とされる、見えないポールが見えたときには、遅いから落とされないように 頑張るので 「だだだだ」と音がして頑張ることになる。頑張らないでください頑張るとスキーがポールを通過した後、「だだだだ、」となる。

このあたりが 初心者の基本で「早く滑りたいスピードは考えないこと」、それより「速め早めに上から外回りで体を止めないで やわらかく大きく攻める、やがて落ちなくなってきたら 少しずつふくらみを修正しながら 攻めるのが大事」「大会ではフラッグには当たらないこと当たると 旗が付いているので絡んで危険なことが時々あります」

と言われました。

後私の悪いのは 切り替えで「立ち上がる」、此れはフリーでも言われたことで、このようなときにフリーが出てしまう、
此れは体が遅れる「1歩手前」になっている、だからフリーでも「立ち上がらず前に体を出すことに気をつけること、
切り替えを低い姿勢で切り替えるふだんが大事です。

大きく外を回って頑張らないで滑ったときには「良いすべりです」でもこの1本だけでした(笑)あれでいいのだ。
それで、この日のビデオを見て4時に上がったのですが。
Img_0774
Img_0781
私は プリンス軽井沢に戻ってフリーのナイターをやりました、9時までですが ものすごい雪で 先日のニセコの様、寒く8時に上がりました。ニセコは6時に上がったんです。

此処ナイターは1時間に12本ですから26本ほど滑りました、ポールのほうは軽井沢の場合7分掛かります1時間に6~7本
ですかね?でもポールを張る前に 1,5時間ほど時間がありますから、フリーを楽しめます。

翌日は こんな滑りは私一人でしたが教えて戴いたポールの入り方で 外から大きく入り、をモットうに、立ち上がらないなど、1日やりました、
始めは私の入りかたが、私ただ一人 外を回ってポールの下30センチほどを通過するシュプルールをつけていましたが、

やがて私の外回りのシュプールが殆どの主力になりました、やっぱり此れで良いのだ、と言うのは、

セットの内 急斜面の3本が皆さん落とされてしまうんです、私は教えて戴いた 急斜面に入る1本目は大きく
他の旗門よりは 2メートルは外から入ります、此処が2本目が見えないんです、先が見えないんです、1度滑ってみると分かりますが、次に入るときは、2本目は見えないですから、1本目に大きく外から入らないと2本目が思ったより高い位置にあり余裕が無いと其の見えなかった2本目でポールぎりぎりに入るようになって、

流されます、此処は大抵硬いアイスになっています、落とされてくると余裕がなくなり3本目が流されるか、私は1本目から習ったように大きく外を回ってから 入りますからこの3本は落とされずにラクに?通過できます 。大きく回ると 雪が溜まっている上を回ることになります、つい此れで良いのか?と思いながら 回ります。

この急斜面は皆さん落とされて落とされて、3~4メートルはテカテカに成っています、私はこのテカテカの上(ポール寄り)をそれを見ながら 掠めます、スピードは勿論遅くなります。

ですからだんだん私のシュプールを皆さんが滑るようになるんです。やはり習わないと成果は出ませんね、
でも始めは浅いターンで入っていた方たちが 誰にも教わらず 逆らわず私のシュプールに
ならって来る所を見ると、 さすがですね、私は習っただけ損をしたように思えます、(笑)
午前中のころの 皆さんより膨らんだ 「初心者?」の滑りと見なされる、であろう、感覚に耐えなければ滑っていられません。

かと言って習っていなければ、始めの皆さんのシュプールに付いて滑っていたのでは、私だけが変えて滑る自信は無いですからね、
落とされても知らなければ 自分ではコースを修整できません。

やっぱり習ったほうが 自信を持って初めから膨らんで攻められます。

此れでポールを二日間やったことになります、良かったー。

後頑張って ポールではないですが 又ナイターもやりました、「立ち上がらない切り替え」此れをモットうに、この日も9時迄でしたが くたびれて8時に上がりましたが。

そんな滑りを練習?していたナイターの前 ポールが済んでから、の小1時間、

中野の方で お話をさせていただきましたが 、リフトで隣になりました、

この方當麻真彦さんでプルデンシャル生命保険、副部長さんです。

大変私の滑りが気に入ったようです?。
これからも機会がありましたら、お付き合いしたい方です。

屈託の無い明るい気持ちのよい方です、私を「良いしょ」したからではないでしょう、根っからの明るい方です。
Img_0772


かなり滑る方でした、後から私が滑って中ほどで偶然抜いたんです、リフトで追いついてきて「参りました私を追い越す人はめったに居ません、最近は追い越されたことは覚えに有ません、」笑いながら 「スピードオーバーで 捕まりますよ」名古屋の事を知っての様でアレー。「是非ご一緒に教えてください」と言うことで教えはしませんが、ナイターの前4時コロまで一緒に滑りました 、いつもわずかに50メートル程 遅れますが、何とか付いてきます、「早いではないですか」「やっとです」
「貴方のようなすべりはこのゲレンデーには居ません、」「私は今の所2級ですが、」「この滑りは級は入りません完全なカービングお上手ですね」 ときた 大笑いしながら 冗談を言いながら 1時間ほど10本ぐらいかな? 一緒に楽しみました。

私は大抵一人で滑っているので 前回のように 絵の先生や、今回の當麻さんのように 連れが出きるといっそうスキーが楽しくなります、お付き合い有難うございました ブログが開けたら コメントお待ちしています。

中野の方は 調布も渋谷も良く知ってました、商売ガラですかね?。

私がブログを立てているので と言っておきましたので 楽しみに覗いているのでは?78歳ですがねと言うと
ますます驚いて、完全なスピードオバーです、又滑りたいですね、しっかり気に入られました。
読んでいましたらコメントください。

 彼が帰って、ナイターで 前回も同じでしたが 地元子供のスクールで300人程がナイターに出てきます、この人たちが出てくると 私のスピードは思うように行きませんが 、動くポールだと思って滑ります、其の内に、彼らの中のレーシングチームが私の滑りを見ていて「白と赤のおじさん早いね」など言葉を掛けてきます、1度上で一緒
になり、「スキーは早いほうが勝つんだよ、よく見てな、」ジュニアーレーシングチームは7~8人他の人がそろうまで待っています、こちらは待っていられませんから、「よく見てな、」捨てぜりふをみんなに残して、彼らが出る前の空いている所を 上下動だけを抑えていつものように滑りました、私がリフトに乗ったときには、まだ100人ほど リフト待ちしていました、

其の中から 例のレーシングのれんちゅうが 「あ 早いおじサンだ」と誰かがリフトの私を見つけました、5~6人が いっせいに手を上げて私をはやし立てます、私も手を上げて挨拶すると、リフト待ちの人たちは何事かと私を見ます。講師の指導員達まで 巻き込まれて見ていました、 子供には中々の人気かな?悪い気はしませんでした、あいつら上で「見て居ろよと言ったときのやつらだ。」
8時15分まで滑りました。 

それでも其の日12時に家に戻ったのでした 次の日今日は 絵がありましたので1日絵でした、2日間で戻ったのです、
深雪の晴天午前中と、午後はガスが掛かり心配しましたが中野の方が帰ったナイターは快適でした。
さすがに疲れました、明日はスキーのチュンナップ後 安比に送ります。

考えるに ここプリンスのポールは簡単で、真ん中の3旗門だけが落とされる、後は落とされない 此れに比べ スノーパークのポールは 初めから最後まで落とされて バーンも硬く 傾斜も強く此処よりは 練習には成るポールが設定されていて、練習している方たちも、1枚上の方たちですね、話では「いつも此処にきていて あの二人が大抵の草大会では優勝を浚います」こんな夫婦も来ていました。

萩原さんが このお二人を見ては大変誉めていました、「旨いですねー」ですからポール練習には スノーパークが良いですね。

軽井沢のポールは 甘いかな?でもあの3旗門あれが練習ですね。

この甘いと見るや、自信のある方は鼻から クローチングで攻めますが、はじめだけで、やがて3本は落とされます、彼らは落とされて初めて 修正してきます、やはりなれているんですかね?。

私も今1度スノーパークに行って見ます、ポールも旨く入れると面白いですよ。

時々習いながらね、ポール教室は3日で55、000円はしますからね、ポールをやるには やはりクラブに入るに
限ります この日のレッスンは 1000円でしたからね、他のポールレッスンよりは あらゆる面からお徳ではないか。
瀬野プロに2~3日習いたいですね、でもプライベート1日12、000円です、プライベートでは安い方です、なぜ瀬野さんか、此れは昨年4月 三叉でプロと知らずに この方の滑りを見たからです、素晴らしいすべりでした、萩原さんはプロではないんですが 出れば勝つという方ですからね荻原さんの方は1日1000円此れは値段ではないですね、 クラブ員ですからね。

今回はプリンス軽井沢に初めて パーキングに15センチほど雪が積もりました、おかげさまで人工雪が天然雪に変わりました、晴天で何処へ行ってもグルーミングの後を楽しみました、最高でした。
Img_0786
4日は天気が良いので寒いですが スキーのチュンナップとワックスがけです,「安比」の為です。


3月にGSの大会にも出てみようと思ってます予定ですよ。(笑)
2月に1級を取れたら 気持ちのよい大会ですがね、しんまいレーサー?

最後にビデオは何回も何回も見ましたが 普段のフリーの面影も無いですね、大体が 私の滑りだけスローモーション撮影になっています、かなり遅いですね ポールの上から入って、が過ぎてから頑張って、に言葉が変わりますね、(笑)一口で言うと「ジッチヤン滑り」でしたね、でも私としても今一何とかなりそうに思えるので、

歯が立たないと言うことでは有りません、気持ちの上では先は 明るいです。

一緒に家内がビデオを見て、初めてにしては まあまあでしょう、そんなに差は見えないとか 慰めてくれました。

|

« 蟹と豆腐の旨煮 や 78才の科学的 あがき | トップページ | 安比高原スキーでした »

スキー」カテゴリの記事

コメント

当麻さん早速のコメント有難う
今さっき 軽井沢から 戻った所です、開けて見たところ、
いの1番に 目に付きました、

今回は ナンチャッテレーサーの
佐藤さんや 前橋の恩田さん他松本さん などにもお会いしました、皆さん上手ですよ、恩田さんに ポールを習っていましたので

佐藤さんには失礼してしまいました、當間さんにも其の内に
お会いするのでは?

いきなりスピードオーバーと言われたので、あれー 知っているのかな?と一瞬思いましたが、真坂
とも思いました、偶然でしたね

貴方と滑っていると キャパシティが有るというのか、心底明るく
成ります、落ち込んでいるときなんかは 笑いの神ですね。

金曜から土日とブランシュたかやまです。

又時々覗いてください。

投稿: HIRO。 | 2010/02/17 00:07

こんにちわ。
中野の當麻です。
先日は軽井沢での楽しいひと時、ありがとうございました。
ブログを拝読させていただいた所、本当にスピード違反で怒られていたのですね(笑)。
スピード違反はゲレンデだけにいたしましょう♪
いつの日か、一緒にシュプールを描ける日を楽しみにしております。

投稿: 當麻 真彦 | 2010/02/15 13:47

佐藤さん今晩は 早速のコメント有難うございます、

教えられた事をわれ我が道を行く、自分だけが 違ったシュプールをつけていると 、いかにも初心者丸出しで。
プリンス軽井沢のポールでは、
大体のシュプールがクローチングターンのシュプール
です、あの日の前半は特にですかね、

 自信の無い私としては 心細い感じも有りましたが、続けるのが勇気が要りますが

萩原さんの言う「スピードは考えるな」此れを信じまして、しょせんがしんまいなんですからね、
でも後半は 私の皆さんとは外れたシュプールに皆さん乗って来ました、

だからバーンの状態で滑りを変えているのかもね、だんだん削れて
古い硬いところが出てきますからね、あの急斜面のところの3旗門

は削れますね、私はここも前半と同じ外から入りますから、「削れている所は、「落とされているな」?こんな感じで、其処を見ながら入ります、(ポール寄りです)
それでも いくらかジャリジャリ
っと、最後の方は音が変わります。
雪を見て滑りを変えるほど、今は分かりません、ナンタッテ2日目ですからねしんまいもこれ以上のしんまいはありません。

2月15~16日は行きますが、
15日は例によってスノーパーク
でポールレッスンですので、ナイターがあればプリンスで滑ります、16日もプリンスでナイターは8時までが限度です。
19~21日は又例の「たかやま」です(笑)8~10が安比ですから2月は忙しいです。
月末27,28、は石打後楽園で孫スキーです。

投稿: HIRO。 | 2010/02/04 17:13

こんにちは。
いやぁー。タフですね。驚きます。
私は、腰痛、もも痛等、
ぼろぼろ状態です。(藁・・;

ポールの理論拝見させていただきました。
まったくそのとおりと感心しました。
短期によく理解されますね。
覚えの悪い私には脅威にうつります。
理論を覚えるのが悪いうえに、
体でも覚えが悪い。・・・
見習って、がんばります。

俗名”なんちゃってレーサー”が、
恥ずかしいです。

中旬は(15日)、シニアクラブの基礎およびポールの無料レッスンがありますので、
何とか、時間を作って、
出かけようと思ってます。

お会いできましたら、スキー談義をお願いします。


投稿: なんちゃってレーサー佐藤 | 2010/02/04 13:07

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 軽井沢とスノーパーク二日間のスキーでした:

« 蟹と豆腐の旨煮 や 78才の科学的 あがき | トップページ | 安比高原スキーでした »