« ゴールデンウイーク の初日 | トップページ | 府中 大国玉神社 暗闇祭り »

第16回 光彩展に 出します

連休いかがお過ごしですか?

今回 5月13日からやる光彩展に出す1枚です光彩展は
 「日本画展」ですなぜ日本画か、此れは私が日本人
だからです、 油絵はオランダ画ですから 日本画とは 

違うんです 日本画は 膠と水で描きます、油彩画は
名前のように油で顔料を画布に固定します、膠と油の
大きな違いは 長い間飾っておくと ちじみますが 膠の方が

其の率が少ないので 画面が 干割れしずらいのです、
油絵は 300年で ひびが出てきますが日本画は割れ
が出来ません、そんな優れた画材の日本画を手放して 

油絵をやる 理由が 私には 分からないんです、
又油彩画の真似は 日本画で出来ますが、
今度 日本画の真似は 油彩画では今の所出来ない
んです、

ですから私の絵は 常に油彩画を意識した 真似のしずらい、
画法で 描いています、常に意識しているんです、
此れが 私の手がけている 「胡麻符 岩流し技法」
なのです。
油彩に対する真似の出来ない 膠絵での挑戦です、
お楽しみに。

Img_1084jpg_2
この絵は 日本画 胡麻符 岩流し技法と言う 表現方法で描いた絵です
大きさは56センチ×41センチ、約10号の大きさです。
やや 12号の大きさです。

名前は「蔵王の帰り」です。
値段は 80万円ですが 今回の展示会では特別に 価格をご相談に応じますので、ご相談ください。

絵は分からないと言う方が居ますが 、抽象画は私にも分からないんですし 分かれば抽象画とは言わないですから、私の絵は、自然の風景での (偶然生を大事に、)画家の目で掴んだ、画角これをデホルメしたものです。

ならば写真でも良いのでは とお思いの方も居るとは思いますが、写真が好きなら写真で良いと思います。

絵は命が長いのです 1000年です日本画はもっと長いかも、貴方の祖先も1000年前に何処かには居たわけです、
写真は40年ですかね 飾ればそんなには持ちません、

絵の魅力は 例えば戦争での戦利品に持っていくんです、ですから戦争が怪しくなると、砲弾が飛んでくるように
成ると、其の国の 美術館が 作品を全て 疎開するんです 出ないと負けたときに 相手に召し上げられるんです、国家が戦利品に欲しがるほど 魅力があるんです、

しからば私の絵の価値 はと成りますと 此れは貴方が決める事です、たとえ貴方一人でも、自分で決めるんです、

値段ですか、値段は その人が 「最初に売れた値段が その人の値段なんです、私の場合、1号が8万ですから この10号は大きいですから 80万は安いのです、かなり前の値段ですし、高いと思われるでしょうが 何かが 初めて買った人が 私の絵にこの価値を出させて、決めたんでしょうね。
其の方お金持ちか、と言うと 私の見た目では普通のお勤めの方です。

早い話 数は売れなくても 買う人が居るから 値段があるんです。

今まで描いた私の絵の大半は 現在 群馬水上に有る 町営の山岳資料館に収められているんです、だから高いかと言えば違います、 

其の前に売れているんです、ですから高ければ予算を言っていただければ、見合う絵をいくらでも

お描きします。

又 昔に描いた絵はもっと安いですが それでよろしいですか 嫌でしょう?
今の絵は 誰が見てもア 南の絵だ、と分かるんです ですから4年生の孫も オジイチャンの絵は直ぐに分かるよと言って グループ展で 初めて見た私の絵を此れと此れと当てます。

サインが無ければ 誰が書いたか分からない様な絵でよろしければ、安いですよ、なら前に描いた絵は嫌でしょう?
サインは有りますよ、サインはいらないと言う人も居ますが、絵は長い間飾っておく物ですから 気が変わるかも知れませんよ、

買うならやはり題名とサインは居るんです。
希望ですが 万博帰りの ブラジル3世か 外人さんが日本のお土産に日本風景の日本画
を買ってくれると良いですがね、

先ず油彩画は買わないと思うんです油彩画はオランダかフランスで買いますよ、再び絵画ブームが来そうです。

其のあたりですね。

生意気に言えば 「有限の身を持って 無限に生きるロマンですね、」

私流に言えば、部屋飾りです、カーテンのような物です。

又例えばですが、私の絵は リゾートの風景の絵が多いのです、他の絵も書きますが、コンクリーから離れたのが 多いのです 橋は描きますよ、

と言うのは、良い風景のところに 別荘を立てると、安くても 5千万はかかります、いやー1億かも 所が ベニヤの部屋でも 気に入った絵を飾ると 自分の部屋に 窓が出来たようなものです、別荘なら4期はありますが窓から見える風景は 何年たっても同じ景色です、

所が絵は 何処の絵でも良しと言う所は 描きに行きますから、絵を変えれば 窓の景色が変わるわけです、実際はよほど恵まれないと

自分の別荘からの風景は それほど良い物ではありません、其のあたりの散歩の風景が良い事が多いのです、
この蔵王帰りの絵も、決して別荘からではありません、1日車で走って 此処だという景色なのです、

しかも普通のドライブでは 只見過ごしてしまいそうな 場所からの眺めです、ですから、先ず後から行って 此処だと見ることが出来ないと思います。
ゴッホの絵は大抵其処に現在は 絵の題名の 標識が立てられています。

此処が絵の一つの魅力です、此処までは写真も同じ魅力でしょう。
大きく違うのは 手で 筆で描いたと言う事ですかね したがって 気に入った物は大きく、気に入らない物は
描かない 其処が 絵なのです 。

 車をとんでもない所に止める事が出来るのは 画家以外にカメラマン以外に 無いのです、早い話私以外見ないのです。
したがって この風景の絵は日本では只 1枚と言う事です。

此処に絵の価値が有るのです、時間的に其の時の景色が 不満なら 次の年に再び行くんです、理想を追い求める目が探すんです、出かけては探すんです。
外出時は 絵描きの目は常に 鷹の目になるんです、ズーム付きのです。

只紅葉見物に行ったのと訳が違うんです。

普通なら 見過ごしてしまう風景此れが私の目には 魅力に見えるんです、一度見過ごしても 帰りに又寄ってみることもしばしばです。

仲間と歩くと又かよ、しょうがないなと成りますので 気の毒ですが、私を誘った以上 諦めていますがね(笑) 
 
下北半島の夕日も素晴らしいものでしたが やはり宿からは見ることが出来ず 車で5分ほど出かけて、見た風景でした 前景を探す為 少なくも1キロは海岸線を探します、更に決まったら 高さも出来る限り いろいろ探すんです、

此処からが決定的というポイントを掴んで 腰をすえます、この絵はまだ描いてませんが、あの辺りから見た夕日としては気に入っています。

何処へ行ってもこんな調子です。
そんな絵です それの独特なタッチの 1度本画を ご覧ください、お待ちしています。

この絵がそんな 珍しい技法の絵なのか? 不思議なお疑いの方は、この絵をA3に焼いて 知人の日本画家の方に

見てもらってください、なんと言うか ご返事をお待ちします其の 聞いた方の お名前も願います。

|

« ゴールデンウイーク の初日 | トップページ | 府中 大国玉神社 暗闇祭り »

hiro。からの お知らせ」カテゴリの記事

コメント

cutieさん こんにちは

今回は売れませんでした10号で

80万ですからね 簡単には売れません (笑)

手元から 分身が離れると ものすごい 良い いきがいの刺激になりますよ。

所が簡単には 売れません、

予算のない方には小さいのもありますがね、
普通の方 給料の3ヶ月分ぐらいですからね。

株も駄目絵も駄目、スキーでは怪我、財布も体も怪我だらけです。

投稿: HIRO。 | 2010/05/18 11:27

こんにちわ

どうですか、絵は売れましたか。
手元からなくなると寂しいようなどこかで大切に飾ってもらっていると嬉しいような感じですか。

今年の株、、確かにちょっといいですでも油断なりませんね

マイナスがあるのでまずは戻すこと、です
先日の横ばいで手間取っていると書いた株は自社株消却のニュースで
でもまだ対してプラスではないのでもっと希望です
株はなかなか難しいですね、
時々クラウディア覗いてます^^
また宜しく

投稿: cutie | 2010/05/18 09:34

cutieさん コメント有難う

絵はお好きですか?来年は5月に又やります。

株は何とか挽回してきましたね、

今年は案外良いかもね?

油断大敵ですがね、

画家?から買う絵は下がりませんよ(笑)

明日明後日 何枚か お嫁に行くと良いですがね?
又コメントください。

投稿: HIRO。 | 2010/05/15 20:29

展覧会の絵をみつけました
まだブログを全部見せて頂いた訳ではありませんがとても面白いです
趣味と専門と美味しい食べ物、そしてなによりのご家族>>なにもかも豊かです
絵は日本画だそうですが楽しんで書いていらっしゃるように見えます。
写真でみるとまるで和紙に描いたようなぼかしの感じが秋の紅葉をうまく表して山全体が空に溶け込んでいます。
良い絵ですね
今日は初日でお忙しいでしょうがご無理ありませんように、そして展覧会の成功を祈っています。

投稿: cutie | 2010/05/13 08:41

今晩は コメント有難う、
足ですが よほど癖が悪い捻挫なようで 腫れがすきません、

普通の生活はしていますが 只くるぶしの辺りの腫れが取れないんです、参りました、特に痛くは

無いんですが、スキーは無理でしょう

2ヶ月半に成りますがね、
雪のスキーは諦めています、

どうせコブはやれませんし来期に
持ち越しそうです、

7月からは 丸沼のブラッシング
スキーに出かけようと、思っては

いるんですが、あそこはコブは有りませんが、勿論腫れが引けば

三叉に24日過ぎにでもコブを避けて、滑っては見たいですがね、

足首の内側からくるぶしにかけて腫れが空きません、風呂治療の後は、半日ほどは 

腫れがすくんですがね、次の日は腫れてきます、

展覧会が済んだら 針灸院にでも行ってみますかね と考えています。
ご心配をお掛けします。 

投稿: HIRO。 | 2010/05/06 19:38

こんにちわ。
足の具合はいかがですか?
3日に、かぐら・みつまたに行ってきました。
愚妻がスキーウェアをクリーニングに出してしまったため、20年前に着ていたデモパンをはきました。
デモパンはいてるスキーヤーなんて、タイムマシンから出てきた感じでした(笑)。
今年は雪が多いので5月30日まで営業しているそうです。
足が良くなれば、間に合いますかね?

投稿: 當麻 真彦 | 2010/05/06 17:52

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 第16回 光彩展に 出します:

« ゴールデンウイーク の初日 | トップページ | 府中 大国玉神社 暗闇祭り »