« 個展の為の 申し込みに行ってきました | トップページ | 久しぶりに すき焼きでした »

南 博人 検索で 面白い記事を見つけました

貼り付けます コメントも入れたんですが 期限切れで入りませんでしたので
記事とともし 下にコピーしていきます。

>屏風

 記事タイトル:穂高岳北尾根屏風の頭登攀記 

書き込み欄へ  記事一覧に戻る  ヘルプ
-----------------------------------------------------------------------------

---
お名前: client-MAKO-chan    URL
また、MAKO-chanの日記です。

9月28日(水)晴れ
 新「釜トンネル」を抜け、上高地に入ると久々の大展望。
霞沢岳、六百山、明神Ⅴ峰(最南峰)・主峰、前穂、奥穂、ジャンダルム、間ノ岳、焼岳
がクッキリ見える。
 上高地バスターミナルで、鈴木ガイド、Yさん、Oさん、Iさんと合流。
横尾へ向けて、12時30分出発。

 明神にて、明神主稜・Ⅴ峰・東稜等の話に花を咲かせ、徳沢の水場でノドを潤し、
15時10分横尾山荘着。

 登攀装備のパッキング後夕食、風呂に入り21時頃就寝。
紅葉のシーズンでもあり、山荘はやや混雑気味。

9月29日(木)
 3時起床。山荘の朝弁当(クロワッサン・ジャム・チーズ・紅茶etc.)を食べ
3時30分山荘を出発。

 岩小屋跡の河原から、横尾谷を横切り第1ルンゼ押し出しへ。
横尾谷を横断中、「ムッ」「アレ」・・・つるり・・・ジャボン。
今日は、久々に着乾(きぼし)しでのスタートとなる。
(梅雨の時期には良くあることサ、苦笑い)

5時18分「T4尾根」取り付きに到着。
明るくなるの待ち、5時38分登攀開始。
出だしは、Ⅳ級のフェース。身体が冷えているせいかここでも
「アレ」「ツルン」。
2P目、左のⅤ+のライン。3回トライ「今日は登れないかも・・・・」
4回目、シュリンゲアブミで突破する。
2P終了点にて手足を伸ばすと、全身がシビレ血が循環するのがわかる。
その後、身体がポカポカしてくる。
ひょっとすると、低体温症の初期段階「血液は重要器官を保護するため
筋肉への血流が減少する」の体験かも。

2P終了点より100m強連続登攀し、「雲稜ルート」の取り付きテラス着。

雲稜1P目
 鈴木Gよりルートのガイダンスとロケーションの説明(扇テラスの位置等)を受け、
登攀開始。ポイントの、小ハング部は考えていたより大きくステミングでき、
無事突破。中間部の左の壁への乗り込みもシンクラックへ指がバッチリ決まり
ニコニコです。

雲稜2P目
 鈴木Gよりルートファインディングの説明を受けスタート。
匠みなライン取りに「スゴイ!!!」の一言。
私の選択したピナクルの内側のラインは、狭かった。(確か鈴木Gは外側が良いと言っていた)
9時15分扇テラス着。

雲稜3P目
 扇テラスにて水を飲み、エトリエを準備しスタート。
クラツックルートのアブミ架け替え。間隔は狭いがピンが古いのでジワーと攀る。
左ラインにPETZLのサポートピンがあり心強い。

長年確認したかった、
南博人さんの「扇テラスの上のピッチで、ボルト2本分飛ばしてある」の言葉、
納得しました。(ホントウダ!!!)

雲稜4P目
 崩れかけたフレークの登攀。「崩壊」「ピン抜け」「高度感」
三拍子揃ったスリリング(嫌な)なピッチ。
鈴木Gより、エトリエにたよらず、荷重分散の指示あり。

雲稜5、6P目
 快適なルンゼ状スラブの登攀。
但し、鈴木Gのライン取り、ムーブを良く観察していないと登れない。
(ここでも、匠なライン取りに関心しする)

雲稜7P目
 悪い草付きルンゼの登攀。
浮き岩多く、ホールド・スタンスをタタキながら登る。
12時25分雲稜ルート終了点着。
後続パーティーを待ち13時35分発。

 稜線まで「タイトロープ」「コンテ」で進み
本日最高点の「屏風の頭」へ。中間で槍ヶ岳も見えルンルン気分で登る。
16時30分涸沢到着。涸沢ヒュッテに宿泊のOさんと別れ、横尾へ下山。
横尾山荘へ18時30分着。ヤレヤレ。
ビールで祝杯し食事。例により、日本酒で反省会を開き21時就寝。

9月30日(金)
 天気が良さそうなので、7時に鈴木Gを見送り、8時10分北穂高岳向けへ出発。
涸沢の紅葉を堪能し、猿にも出会え、涸沢小屋で食事をしていると、
隣の席から「昨夜へットランプを点けて降りてきた人が、屏風・涸沢から降りてきていまし
た・・」
「それは、私です」世の中狭い。
15時10分北穂高小屋着。

久しぶりに、3100mからの展望を楽しむ。
展望は、冨士山、妙高、白馬、諏訪平が見える素晴らしいものでした。
小屋は畳2枚に3名の混雑状態。隣は、北海道から来た、クライマーが宿泊していました。
(我々の後、屏風を登攀していたグループ)

10月1日(土)
 4時起床。外を見るとガス。西穂から上高地まで天気が持つかなア~。
4時50分出発。
滝谷側からのガスに、雨粒が混じりだす。
奥壁バンド付近で、岩が濡れ靴底が滑り出す。
縦走の意欲が徐々になくなる。
ザイテングラードより涸沢に下山。
横尾経由で上高地へ。

途中は傘を広げたり閉じたりの道中。
釜トンネルを抜けると、天気ははれ。
松本で、味噌カツとビールか?

[2005/10/17 18:25:46]


-----------------------------------------------------------------------------

---
このテーマについての発言をどうぞ。
氏名
E-mail URL

この記事 読ませていただきました、 あそこは ボルトが無く
「天狗様でも登れない」と言ったのが 第3登のかたです、不思議でたまらず
第弐登の緑山岳会 の方に電話して聞いたんですと、緑曰く「ボルトは抜け落ちたのでは」と聞いてさ

も有らんと 納得したと言うのです、この話を雲表の松本さんにしたら

ボルトが抜けたら 穴が有るはず 、「バカいってんじゃ無い」と笑っていました。

当の第弐登の緑は 私たちが 残した 10メートルの 縄梯子で 其の部分は登り

登り切ってから、其の縄梯子を切断して落としたんです、下も止めて有ったのではしごは逆さになって

下がったわけです、 緑だって ボルトが無いのは はしごを上ったとしても 分かるはずです、カラビ

ナが掛からないんですから、 打ってい無いのですから、

此れが実際の話です。

第3登が打ったボルトはわれわれのボルトとは 「貴方が確かめたように」 違うはずです

この文は 面白いので 私のブログに添削させていただきますのでよろしく。

この文章も載せますので。

※半角カナは使用しないようにしてください。文字化けします。

此処で私の感想を少 少 言わせていただければ、

初登攀にもいろいろ有って その人(初登攀者)の価値は いかに素晴らしい
ルートを切り開いても、ルートに対して いかに余裕の有る開き方か?余裕や

遊び心が有ったか によって、価値が更に高くなるのではないか、と思うんです、

この東壁雲稜ルートの場合、第三登のかたが「此れは天狗様でも登れない」と

言っているわけですから、まさしく私は 天狗の上を行く 登攀だと言っているのです、

所が この文章を書いた方は 其の事を自分の目で確かめたかったと言う事です、

そして確認した、私の言葉を確認した、疑いが晴れたと言う事です、嬉しいではないですか

この方は 私の技量を確認したのですから、「大した物だ」と思ったに違いない、此れが第三登の方に

聞いていただきたいのが本音です、第三登の人も 更に 私を高く評価することになるでしょう。

もう一つは

この文章を読んだ限りでは 、扇岩上の フエース(2本のボルトが無い)上のテラスから右に

トラバースしている 様に書かれていますが、私はこのテラスから更にハングを越して

直上しているので、

この1ピッチが抜けているのです 約 ボルト連打の30メートルがあるのです、

此れこそがこの壁の 一番快適なフエース登攀なのです、登っている途中は股下(間)にテラスの

ミッテルが 小さく見え更に其の同じ股下から 扇岩に居る70メートル?下のラストが見えるのです

此れこそが 最高の高度感 が楽しめるのです、おまけに 私たちの時は晴天でしたが 青空から

きらきら光る ダイヤモンドラストが 舞ってきたのです。

下では 前の日に掛けておいたカラビナが ベルグラで氷付いて 弁が開かなくなって

困った物です カラビナの弁を乱暴にハンマーで叩いて 弁を開けながら

登った程 冷えていました、 お陰でカラビナのスプリングの何個か壊れてしまいました

それほど寒かったのです、この文章で当時がよみがえりました。

この真ん中のテラスは 2人がやっと腰を下ろせるテラスです、此処から

右に逃げるのではなく テラスのハングを 潅木を足がかりに越して

アブミで直登するのです 残念でしたね 今はカラビナを掛けるだけですが

私はここにはハーケンでのっ越 後は ボルトをしかも ねっこまで打ち込んで

確実に突破したんです、この高度間で、万が一があっても どのボルトも抜けないように

確実に骨は折れましたが、最後の力を振り絞って穴を掘ったんです。

ハング上は多少傾斜はありますが 10本は打っています、完璧な深い穴です、

このテラスから上 それだけの体力が未だあったと言う事です、逃げた方は

論外です。

私たちの時期はGW前でしたから 、こうして出たルンゼには 氷が怪しくブリッチに成ってルンゼに張り付いていたんです 下の抜けた氷ですから登れませんから ピッケルで 叩き落して登ったんです、1ヶの氷が2トンから

10トンは有るやつです、此れを右岸壁に張り付いていて ブリッチの足に当たるところを壊すんです

ものすごい勢いでごう音とともに崩れ落ちます、

下の浸りは凹みにへばりつきます。

此れも最悪でした。
-----------------------------------------------------------------------------

---
記事一覧に戻

|

« 個展の為の 申し込みに行ってきました | トップページ | 久しぶりに すき焼きでした »

登山、絵画、エッセー」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 南 博人 検索で 面白い記事を見つけました:

« 個展の為の 申し込みに行ってきました | トップページ | 久しぶりに すき焼きでした »