« 旨くばかりは行かない物 でも | トップページ | ブルーマウンテン »

昨年の東北の旅

下北半島の 恐山(大尽山(おおつくしヤマ)?読み方が解らない の絵が出来ました

恐山よりは おおつくしやまの方が 聞こえが良いかな?とおもってさ、Img_1928jpg


日本画 「胡麻符岩流し技法 8号のPサイズ(45,5センチ×33センチ

値段ですか 此れは8号だから本来は 64万ですがPだから
Fよりは少し小型ですので6号

の値段で行きましょう、成らば  48万ですが6号よりは大きい 

あいだを取って「55万」で如何ですか?。

ノート型パソコンの方は 画面を倒してご覧ください、色が綺麗に出ます。

勿論額装付です、空と山はだが、特徴的胡麻符が良く出ました、

でサインがなくても私の絵ということが分かる絵です。

このような だれだれと解る絵が 良い絵なんですよ、サインが

なければ 誰が描いたか、解らないのが 現在の絵に多いのです、此れでは

値打ちが出ないですよ。(笑)

誰にでも描けますからね。

絵の値段に明るい方に聞いてください。

大抵は サインがないと 高くて3万ですよ 100年立ってもね。

其の点 私の絵は 特徴の有る描き方で 何万と言う数の中からでも

私の絵は直ぐに誰でも分かります。

どうせ飾るなら 世界に此れが一枚、しかも作者がわかる、貴重品?の部屋飾り

ですがね。
問題は作者が誰かですから作者の目と自然からのトリミング 絵を作る

感受性、此れが絵の価値を決めます、決めるのは私ではなく お客さんです。

幾らなら買いますか?此れに近いですが、初めて買った人が私の絵に値段を

付けた人です、後は モット高くても買います、この方が値を吊り上げた事に

成ります、安ければ良いではなく、この人の絵なら 此れだけ出しても欲しい

此れですね、だから私を高く評価していただいている方この方が値を付けるんです。

私の絵を気に入ってね。

この私の「胡麻符岩流し」技法は 私が付けた名前ですから他にはないんです。

日本画の大家に聞いてください、私の師、小滝雅道先生「ネットで出ます」に聞けば何とか

解りますがね 。

只の岩流し技法の方は居ますよ、此れを駆使したやり方なんです、

安い絵が欲しかったら それは他にたくさん有りますから、でも 孫に

捨てられますよ、息子かな?

それを大事もっこに飾られる方 カレンダーの方が宜しいかと。

私の絵は クライマーの目で捉えた風景です、此処も他の絵とは 違うんです。

多分この絵も見たことがないと思います、400年以上前から此処の場所は

人が見ています、でも時点を変えないと 此処には立ちません。

其処が私なんです。

違いを 強調しましたが 同じので宜しかったら 凸版印刷で 宜しいでしょう、

シルクスクリーンでも 300枚は出ますよ。

私のは 絵ですから 世界にこれ1枚ですね。

商売の家は別として 普通の家に飾るのはこのくらいでしょう額装して飾ると大きいですよ。

話変わりますが 今夜伊勢丹へ行ったんですがついでに肉売り場

を見たんです、

ステーキ用霜降り和牛、100グラム2000円でしたよ 先日

食べた近江牛のステーキは 確か230グラムで1600円

でしたから、やはり安かったですね、指し方はいくらか違いましたがね

同じ目方で4600円ですね。

此れでもステーキやの3切れよりは 大きいのではね。

帰りに、ブルーマウンテンのコーヒーを買ってきました

パックコーヒーが無くなったんです、なぜブルーマウンテンか

此れはいつも此処を覗いている方は分ると思いますが、

スキーで合う ブルマンさんが自慢が ブルーマウンテン

なんです、あのスキー場で戴いた味が 家で出ますかね、

美味しかった。

でも値段を見て驚き、100グラム2000円でした 10杯分だそうです

此れが あの高いと思った 霜降りステーキと同じ値段だから、

コーヒー1杯 200円で10杯ですよね、

もっとも肉は4600円

同じ100グラム2000円が面白いですね。

キッチンコートのお買い得は 当たりでしたね、安かったですね1食

の夕食としては 安くは無かったんですが、又あそこへ行って

多分覗くのでは?今度はどんな面構えの肉が幾らで 出ているか?

お陰さまで最近良く爪が伸びます、まさかステーキ1枚では爪は伸びませんよね

食いすぎだね。

明日入れてみますが、今夜は眠られなくなりますからね、

高価なブルーマウンテン 楽しみに寝ます。

ブルマンさん読んだらコメントください。(笑)

同じ中南米で100グラム1100円のやつも有りましたが

次の機会ですね。

|

« 旨くばかりは行かない物 でも | トップページ | ブルーマウンテン »

絵画」カテゴリの記事

コメント

>8号です、書き間違えてばかりですね。

何か間違っていますか?コメントに対するご指摘ですか?

記事でなければ 間違ってもかまいませんよ、

記事の間違いの指摘を願います、ニックネームもね。

名無しさん。

投稿: HIRO。 | 2010/10/24 00:51

CUITEさん今晩は
学生さんの時は 美大なんですか

30号でも家には飾れませんね

借り額でも大きいですよね、

日本画は照りが無いんですよ、

砂ですからね、

水で書くので溶くのでかな、水彩

の仲間ですが、同じ水彩でもアク

リル画も水彩ですよね、

私は岩絵の具で描きますから、

アクリルではないんです。

でも 油では 間違っても描けな 
い、此れが狙いですね、水彩は

水彩ですが私は其の水と画面と

下地と砂「岩」此れの流し方 水

の力を借りた 砂模様?此れを

生かした 作図です、ですから

他の方の、普通の日本画とは違う

んです、それに粒子遠近法此れも

使います、この粒子遠近法も、

私が 初めてなんですよ、言葉も

私の先生が私の絵を見ていて、

銘銘したんです。

私の絵はしたがって新しい技法な

んです。

この時代に新しい何々絵というのは 至難の業ですよ、此れは私の

良く行く額縁屋さんがよく言って

ます。

ですから構図は習いますが技法では、

習ったものでは有りません、

独自の物なんです。

投稿: HIRO。 | 2010/10/24 00:47

こんばんは

8号です、書き間違えてばかりですね。

投稿: | 2010/10/23 21:18

また良いのができましたね。

9号ですか。飾るのにちょうどいいですね。

私達が学生の頃は30号(油絵ですからね)が主でしたが150号も描いたこともあります。

日本画もいいですね!!

見ていると楽しいです。絵にお人柄がでますね。

投稿: cuite | 2010/10/23 21:17

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 昨年の東北の旅:

« 旨くばかりは行かない物 でも | トップページ | ブルーマウンテン »