« 新宿の京王デパート | トップページ | ピレネー -第2段 »

フランス ピレネーで滑ってきました

此れはゲレンデの始まり に お昼で 下りてきた私、昼食も宿舎です

此処から町まで シャトルバス10分 無料。


Jpg_2

朝のゲレンデは誰も居ません 他に何処かに行くんだろうか、私たちは圧雪車の跡を 滑る事が出来ました。
Img_jpg美味しいみかん?ネーブル?のようなかんきつ類が出ました

聞くと「ルル」といってました 1っヶずつ包装してあります、フランスのものではなく スペインからの輸入だそうです

小型だが私はとても美味しく思いました。「ルル」でした。

味はネーブル形は蜜柑大きさはS

フランス語、分らなくても このように理解できます(笑い)


Img_2246jpg

Photo_2


細かく言うと大変ですから 大雑把に言うと 前橋スベロークラブ

40周年 FSGT, ビコアスキークラブとの親善スキーで

行ってきたんです、総勢24人、

1月22日成田発、Img_2204


30日成田着で パリ観光が1日です、凱旋門から ルーブル美術館、夜のセーヌ川

下り、夜のライトアップされた エフェルトーは思ったより綺麗でした、青いライトが印象的でした
Jpg_7


この写真印象的でした。Photo

Jpg_8

Img_2536


川下りが終わって下船すると待ってましたとばかり写真を売っていました

誰も買いませんが 私の写真が一番目に付いたので買いました

1600円ですたが この値段は ハワイと同じです、ハワイの写真は

色がなくなるまで 部屋を飾りました これも飾るでしょう 色がさめないように

パウチっコします、此れはASA400で壁を写した物で 本物はさすがにプロです。
先ずは 良い旅行でした スキーは 5日間バッチリ、堪能しました、

景色はと言うかスキー場は 日本で言えば、乗鞍から 唐沢までをスキー場

にした様な、大抵が森林限界の上で潅木や 立ち木が無いところです、

中央アルプスの 千畳敷きカールにあらゆる面が似ていました。

二つに分かれるゲレンデの 左手のゲレンデは下が低く

針葉樹を切り開いた ゲレンデです。

雪は少なく、人工雪でしたが 大きい割には 手の行き届いたコブの無い

滑りやすいゲレンデでした。

雪もかなり多い時も有るらしく 雪崩誘発器?が沢山見られます、有雪器

も沢山有りますが 日本とは違い丸いやつではなく 1本の柱?が時にゲレンデの真ん中にも

見られます。Img_2209
Img_2210


傾斜は全体に 白馬八方に似ています 何処までも快適に飛ばせます、ゲレンデの幅も広く

日本の約2倍?

飛ばし屋さんと 普通の方が 合体しないで滑られます、時には一緒になります、

全体に迂回路的なコースが多く、でもどの迂回路も雪が硬いせいか

かなりのスピードが出て、長いのでクローチングに太ももが疲れます。

リフトの長さは 日本よりやや長いか です リフトは 6人掛けが多くフードはありません、

2本のケーブルを繋いで上がれる 天文台が有り、眺めは抜群ですが、雪が少なく

滑っては下りられません、眺めを楽しむだけです、スペイン国境まで 見えます

約200キロ山またやまで中間に別のスキー場もあります、夏は道があるのかな

山屋としては 魅力的です。

親善スキーでしたのでいろいろ便宜を図っていただき 

泊まりはクラブ宿舎(3階建)でした 全体の費用が

約半額で済みました 成田から 成田まで保険リフト全てを入れて

25万でしたからスキー運搬代も入れて 約半額ではなかったかと見ています(笑い)

桶谷政博さんと言う方が 仕切ってくれました、この方 半分はヨーロッパ

ジュネーブ近く

に居るとか?何人か集まれば面倒を見てくれると思いますが紹介します。

スキーもめっぽう上手な方です。

ゲレンデ中ほど途中 ツールフランスの峠の小屋?が有ります

反対側に大きなレストランも有ります、此処が自転車の最高点か

その道も滑る事が出来ます。Jpg_4


Jpg_5

写真を出していきますが 次の記事でお楽しみください。

|

« 新宿の京王デパート | トップページ | ピレネー -第2段 »

「スキー」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: フランス ピレネーで滑ってきました:

« 新宿の京王デパート | トップページ | ピレネー -第2段 »