« 切手切りの大変さ | トップページ | ネットの アドレスが 変わりました »

ティトン ブロス、の受注会とDPSスキー試乗会

Img_2632


此処に二日間行ってきました

此れは私のスポンサードされている スキーウエアーですが、

此処で輸入されているのが DPSと言うアメリカの 新雪用の

スキーです、此れの試乗会ですから 勿論私もこの新雪用を

履かせていただいたわけです、新雪試乗会としては最高の

ホワイトバレーでしたが更に 幸いにも新雪が30センチ程有りました

12月の猫魔でも 新雪でてこずったばかりですが、指導員

が付いて居た為、1度滑った だけで 此れは練習には成らないと思ったのか。

今回はスポンサー付きの試乗会 とあって 此れは逃げられず、

真っ向から勝負となりました、

此れには次の理由が有りました。

Img_2638


Img_2639


其れは、「ブルーガイド.グラフィック」と言う出版社?が本名(実業之日本社)出している、スキーの専門誌

「大人のスキー」と言う本の 取材が有ったからです、此れは

1っ世1代の大芝居?とばかり 何とか実力以上の写真に仕上げたいと

思うのは 誰だって同じでしょう、此れが今まで数えるほどしか

やったことの無い、新雪スキーのメーカーの 試乗会の取材です

嬉しいような 下手なので悔しい様な、だから 出る以上全力

投球して 「果てたい、」そう思ったからです、この気持ちは1度でも

本に写真が出た事がある 方なら解っていただけると

思います、誰だって 張り切ると思います、山の本ならともかく

スキーの専門誌ですぜ。

失敗しても失敗しても(転んでも転んでも) 此れでもか?と言うくらい 

監督とカメラマンの指定された

コースに挑戦しました。
Img_2630

新雪といっても ゲレンデですから 1時間も滑ると、ぼこぼこになってしまいますので、思ったより苦戦。


でも お陰で二日目には 何とか形に なるようになりました、

此れは本に 大きく出ようが 小さく出ようが 2級の私に取っては、

ましてや 殆ど初めてでも このスキーを履いたお陰で、

「この滑りでも 2級だぜ」と言いたい 背伸びした滑りをしたい、

そして できればこのDPSと言うスキーに乗れば 新雪

新人でも 5本も滑ると このくらいは滑られますよ、じきに慣れますよ、

と思わせたいのですが、写真は正直ですからね、

でも思ったより かっこよく撮れていれば、DPSのお陰でしょう

新雪を滑りたい 2級の皆さん 試してみるかちはあります、

私はそんなモデルですから、なれてくると 踏み跡の無い新雪は

思ったより 楽です、ボコンボコンは好きになれませんが 基礎スキーで

私のように 1級から 上を目指すにはさけて通れない、種目では

いやなところを逃げていては 強くならない、挑戦有るのみです。

11月は 本を見るのが 楽しみもあります、できる事なら 私が着て居るウエアー

にも 効果的に成っていただきたい、此れが本音です。

何故なら メーカーが 来年はスポンサー度は「やめた」となる可能性が

出るからです 戴く以上 効果が上がる事を願う

のです それには 「南が着ていて カッコ良い」と

私が着た以上 滑った写真が 本に出た以上

何らかの効果を期待したいんです。

今回の本の取材は もっとも効果的でなければ、と願うのです。

Img_2629


本が出たら覗いて見てね 確か11月発売かな 昨年は11月末の

発売 年に1冊です。

実業之日本社からの 「大人のスキー」ですよ。

私も79歳にして やっと大人に成れたのかな?

昨年出た山の本  PEAKSは とても評判が良かったんです、

応援頼みます頑張ってます。

其の証拠に二日目の午後には トイレに立つのもやっとほど

くたびれました、足が弱いですね でも 「此れで撮影を終わります」カメラマンは私の疲れを

解るのかな?。

1日半 でしたが 実は二日目は 私から提案させていただいて

朝食抜きで朝の一番リフトに乗りましょう、1番に並んだんですが

此処ホワイトバレーはマナーが悪く

二人も 先に割り込まれました、一人は外人でした。

もう一人はブルー系統のウエアーを着た若者。

40分も前から並んだ 私が 始めてのリフトに腰掛けられた

はずですがね 3番手になりました、朝抜きのとばちりを受けた多くのスタッフ

の方 ご迷惑をお掛けしました、それでも3番手になってしまいました。

とんだ番狂わせでした 私の前にカメラマンを入れて3本のシュプール

が入ってしまいました、本来ならカメラマンのシュプールの

隣を私が滑れたはずでしたがね。

スタッフの皆さんごめんなさいとんだ邪魔が入りました。
Img_2630_2


新雪を滑ろうとする若者の中には マナーの悪い人が居ます。

取材終わって ちびたスタットレスで 何とか家まで

たどり着きました、今も足と肩がパンパンですが、なんだか達成感がふつふつと

沸いてきます、あれだけやって駄目なら悔いなし。

体力の限界でしたもう少し基礎体力のトレーニングをして次に備えます。

このような話が いつ舞い込んできても そく戦力に成れるように。

ほぼ外の撮影が終わって食事後 編集の方が 

「此処に使える写真を」と言って本の表紙を指指しました、

2級の私が もし1級合格でも 表紙には出ないでしょう、となると

直感で でしたが 其処に出る出す写真は 「5年後ですね、5年後の

表紙 今から予約しておきます」と言って大笑い「5年後ですか、」いくらか

さびしそうな顔でした。

6年後なら 85歳に成りますね。

5年後 「編集から表紙を撮りたいので」、という 声を聞きたい、スキーヤーに

なっていたいですね。

|

« 切手切りの大変さ | トップページ | ネットの アドレスが 変わりました »

スキー」カテゴリの記事

コメント

見つけました! 息子さんのブログ・・

2011-03-08 
なんと「大人のSKI」の取材とDPS試乗会

 愛読者の皆様必見!ですよ!
・・・・・・・・・・・・・・・
「親父とパウダースキーセッション」その1
http://ameblo.jp/satoshi-minami/entry-10823945704.html
「親父とパウダースキーセッションの巻その2」
http://ameblo.jp/satoshi-minami/entry-10824891896.html#main

BC目覚めた小生・・・・
  DPSの板はよさそうですね!

投稿: 岩っ原で~す! | 2015/08/02 17:52

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ティトン ブロス、の受注会とDPSスキー試乗会:

« 切手切りの大変さ | トップページ | ネットの アドレスが 変わりました »