« スキーの極意? | トップページ | 貴重な体験ー2 »

前回のスキーで 貴重な体験-1

前にも書きましたが 思ったよりスキーが上手な方は

スキーのほかに かなりの方が他のスポーツをやっています

多いのがゴルフ、テニス、自転車 他にもいろいろ有りますが

水泳と言う方も居ますし 山登りは勿論、先日会った武浪さんは

バレーボールの国体及以上の方で もしかすると 実業団の

バレー部?以上の腕前では?例の1千万の方です。

丸沼レーシングの 島村さんは ボデービルの方で

筋肉付きを競っている方ですが、夏場は 男体山を毎週

登るというんです 20回を越すといいます、此れが基礎体力

の最高のかたでは、この方が 全日本のマスターズ優勝

此れは 彼のトレーニングなら 此れを越すのは難しいのでは

他の日は殆ど毎日丸沼のプラスノースキーに居ます、土日

に良く居無くなります と言うのは私も夏場は40日は丸沼に居るのです。

男体山でも、話では 大抵は 山岳マラソンの方と競うらしいです、

「あいつら早いよ」特に下りは付いていけないという、会えば競うのだろう

「無料駐車場から行くんだ、」更にジムでは5時間はトレーニング

をやって、「ポーズを取りながらこうやって肉ずきを競うんだよあはは」

 この島村さんのトレーニングは、

並なものでは有りませんし。

「トレーナーを付けているんですか?」「はじめはな 今は自分で

どの筋肉は どうやれば効果的、此れが分っているから、皆さん

自分で 得意なやり方で やっているんだよ」

更に栃木の技術選で連続何回も優勝した事がある

大和田さんは 特に筋力トレーニングはしていないが、

鮎の解禁日から 終わるまで 毎日かかザず、釣りに

出るという 此れは鮎釣りのプロである 全て旅館に下ろすという、

とも釣りと言うのは 此れでお金を稼ごうとすると、かなりの

体力が 必要だという、特に腰 腕が強くなるという腰が弱ければ

それなりに稼ぎが落ちると、結構冬のスキー代飲み代は稼ぐというから

仕掛けを作るのに大体一月掛かるとも言う、「旅館ではたったの

1匹でも買ってくれるよ、」といっていたから 旅館でも大和田さんを

当てに手放したくないんでは、此れをもう何年もやっているとか。

 同じ鍛錬するなら お金に成る鍛錬が 本当に実に成るのでは

 なぜなら 釣りは其の度に一振り一振り喜びを感ずるからです

この喜びが肉付けには欠かせないからです、

筋肉増強用の酵素の出方が違います、

苦しさだけを我慢するトレーニングと 一振り一振り 快感を

感ずるトレーニングは私にも意に合うものです。

後は睡眠です、ある東大の博士曰く 睡眠が一番大事で

寝ている間に 出てきた酵素によって 足りなかった筋肉や筋

を補強するというのです、ですから がむしゃらにトレーニング

するのではなく、2時間でやめて 暗い部屋に入り 昼寝が

効果的と言うのです、したがって今の体育会ではかなりの

学校がこの睡眠方トレーニングを取り入れています。

私はどうか、 無料休憩所では寝られませんが、心に当たる

場所も有ります、

此処は ハンタマの休憩場です、シーズン中土日は分りませんが、

普段日であれば 広い床暖で 数人しか居ません、

いつも合う ハンタマの連中は 此処で昼食を取ります、

皆さん近いので上がってくる時に スーパーから弁当

を買って上がってくるんです。

大奨の山根さん曰く、「年を取ったら たとえ5分でも10分でも

足を伸ばして 寝るんですよ」 此れが長続きのコツですよ、

彼らは此処で 昼寝小1時間、私は ははー此れだな、と感じていました

以後丸沼では車に戻り 長めの昼寝を取るようにしています、

1時半ころ あ寝すぎたな でも此れで良いのだ、2時から

滑っても4時まででタップリ2時間は滑られます、

三叉では無理ですね、でも机にもたれて疲れからか腰掛けた

ままで 寝ている方が居て、「あれが良いんだよな」と見ています。

鮎釣りは昼ね付きかどうか分りませんが、

本人も「この トレーニングもどき鮎釣りはやめられないよ、」

と言っていました、 お酒が好きだというから 、夜は良く

寝られたのでは、落とし穴も待っているようです。

お金を稼げるトレーニング 此れに越した事はありませんよ。

でも大和田さん今年は丸沼には現れませんでした。

 自分を見たときに何をしているのか ハイキング 果たして年に

何回歩くだろうか此れでは 足りない事は事実です せめて

スローマラソンか 台登り、30-40分  此れだけでも続けたい

と頑張っています。

「テレビを見ながらなので 喜びを感じながらですよ」しかも寝る前です、

せめて太ももを もう少し強くしたい、此れが弱いと練習が思った

より出来ないからです、私の場合 一番弱いのが太ももで

次が腰です 一番強いはずの腰が疲れてしまうんです、

次回からは 腰サポーターの助けを借りますが、膝も痛いのです

此処に加えて、左足が坐骨神経痛なのです、でもコンドロイチンを

飲みながら バンテリンの助けを借りて 膝サポーターでやるしかない

やれるだけ何とか やってみますが勝てませんね?。

|

« スキーの極意? | トップページ | 貴重な体験ー2 »

スキー」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 前回のスキーで 貴重な体験-1:

« スキーの極意? | トップページ | 貴重な体験ー2 »