« スキーザンギ よっしぃさん | トップページ | 今夜は 特製 ゴーヤ  チャンプル »

三俣かぐら の努力

リフトが動いて 5月一杯滑られるのが 魅力 でもスキー場

にしてみれば、土日しか儲からない、 土日しか休めないと言う事

も有るのでは、1月にフランスでスキーをやりましたが なぜか

水曜日が 日本の日曜並みの込みようで 子供ずれも現れる、

1月でも 込んでも リフトの列は知れた物、ゲレンデの広さは

私の行ったピレネーは 日本の2倍(山勘)圧雪車による手入れは

日本以上に 行き届いている、小さいが 軽井沢なみ、寒いせいか

エンカリは殆ど蒔いていないようだ、したがってスキーがさびない、

スキーの洗い場も無い。

三俣かぐらと 比べる訳ではないが。

春の三俣は 努力している、今年は雪が多かった、にも

関わらず 雪集めに目を見張った、此れだけ努力しても

スキーヤーが減少しているのか?今年からの春のシーズン券

が 3月中から5月一杯まで 2万円に値下げしたと言う、

普段日の客獲得の為だろう、私にしてみればラッキー、

東京の私は 高速代金が問題だ、今までは 土日を引っ掛けて

1000円で行っていたが 来年はどうなるか、東北が無料なら

そちらに引かれるのでは?関越は2000円に成るのか都内を

入れると6-7百円プラスに成るから 往復6千円、数は少なくなる。

とまー考えるが、休みは有る、サンデー毎日だ、後はお金を旨く

つかうことだが。

この春 此処三俣で見たことで印象に残った事がある、其れは

雪が多いとは言っても、雪をかき集めなければ成らない、

雪は 深い凹に溜まっている、此れを 圧雪車で押し上げるのだが

春の雪は重い、斜度もきつい、其処で彼らが考えたのが、

なんとワイヤロープを張って 此れを圧雪車の鼻に取り付けて自分で

ワイヤを巻き上げて上がるのである、此れは他では見たことが無い

努力、感心した 其処までして 雪を集めているのだ、更に此処だけの

サービスは 普段日に多いシーズン券組み 無料休憩所には 電子レンジが有る、

大変助かる、普段日はシーズン券の客が殆ど、だが土日には レンジに列が出来る、

唯雪が降って其処に客が来ると思ったら 大間違い、特定の客しか来ない、

軽井沢にスノーパークと言うゲレンデがある、いつもガラガラ、此処の更衣室

には 暖房が無い、勿論電子レンジも無い、変わりかテレビはある、

下の プリンス 軽井沢の着替え室は 暖かい暖房が朝からリフトが

止まるまで有る。

でも他にも客は動く、私の場合、車泊のため パーキング代を取る所には

原則行かない、更に 自分の休み?と 優秀な無料指導者との出会い

此れも ゲレンデをえらばせる、条件の一つになる。

スキーヤーが少なくなってきている事は確かだが、幾らか増えてきている

とも言われるが、高速代次第では?又高くなれば減ると思う、

客は何処へでも行く、此れは単独とグループで違う グループなら

1台の車に何人か乗るので、割り勘に成るが、私は一人が

多いので ケチるのである。

でもあの雪集めには頭が下がったうーやるもんだ。

話変わって 夕べは 親子丼でした

とても美味しい親子丼でした 椎茸の佃煮入り、三つ葉ふんわり、

味付けは そばつゆ、酒 だしの元 ですね、肉は多めに買ってきたので

この方が 特売肉、広告の品、二人でタップリ使って半分でした、

其処で スキー用のテストに 半分の玉ねぎ(昨日の残り)

を入れて 椎茸佃煮を6ヶ入れて 同じ味で炒めたんです、

此れが ジャム大瓶押し付けて一杯、更に電子レンジ2分、

蓋は其の間に湯煎、此れがどのくらい持つか、テスト用に

作ったのです、前回 すき焼き瓶詰が大当たり 茄子しぎ焼き

味噌も大当たり、前に一度レトルト親子丼を食べてみましたが

此れは何だ、点数にしたら20点 合格70点には程遠い物でした

3級も駄目だぞ、

其処で今回の親子丼玉子抜き テスト スキーパーキングで現場で

玉子 三つ葉は簡単に入れられますから、此処では鳥肉と玉ねぎ、半製品は此れで

良いと思うんです、後はすき焼きの時の 豆腐が美味しかったので

今度は肉豆腐瓶詰を 作ろうと思っていたんですが、ついでも有って

(鶏肉の余り)親子丼玉子抜きにしたんです。

友人は 車泊の大家、一度出ると釣りをしながら

もっぱら下を走って 3ヶ月は出かける車泊のベテラン、この方 山屋 小池君 曰く

鳥レバーの甘辛煮?痛め?此れが大好きで 大鍋で作って20ヶも瓶

詰を作ると言う、話半分に聞いても10瓶は作るのでは、此れが何んと

半年は持つという モツ煮、幾ら続けても飽きない と言う のんべー、

それなら下戸だが瓶詰をこちらもやって見よう 3年ほど前から 

瓶詰工場をやりだしたのです。

前回は 瓶詰の他 山菜天ぷらも3回程やったので、此れも簡単、

今度は瓶詰で持参して 海老やレンコン

もやって見よう ナスは本来しぎ焼き用で生でしたが天ぷら 大当たりでした。

うどんや そうめんに天ぷら 此れが良いですね、

勿論天閉じ丼も簡単、

前回は何時も帰りに手が出る 「上里天丼」 今回は手が出ませんでした。

感想は 山菜だけよりは 1っ匹でも赤い海老が欲しいですね、

此れは家ですが先日玉ねぎの掻き揚げでの そうめん此れは

家内も美味しいと喜んでいました、海老無しでしたが、美味しいコツは

少し強く焦げる寸前の玉ねぎ掻き揚げですね 美味しいです、

そばやでは 山菜天ぷらなのに 山では海老が欲しいのはなぜでしょう?

油は ノーコレステロール油、

此れでやってますが、カロリーは有るとか。

このテスト瓶詰、旨く行ったらスイスに持っていこうかな?

荷物次第ですがね。

兎に角1ビン作りました。

蓋がポコンと出無ければ良いですがね今はおとなしく

引っ込んでいます。

追加文ー
6月20日 親子丼の元 手製瓶詰 蓋が膨らんでいました、

残念 冷蔵庫に入れました、中にガスがたまった様です失敗です

今夜開けてみます。

|

« スキーザンギ よっしぃさん | トップページ | 今夜は 特製 ゴーヤ  チャンプル »

スキー」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 三俣かぐら の努力:

« スキーザンギ よっしぃさん | トップページ | 今夜は 特製 ゴーヤ  チャンプル »