« 前回のスキーで 貴重な体験-1 | トップページ | 来年のスキーの流れは »

貴重な体験ー2

確か月曜だと思っていたら 日曜でしたかね22日と有りましたので、

當麻さんとお会いした日です、この時に貴方の友人名前は忘れましたが

中野北口で不動産屋さんをなさっているとか、

私は中野は縁が有るんです戦後の何年か多分昭和26年から30年

頃まで 丸Tと言う中野北口にあった東京通運に勤めていたんです、

ところが今では、南口丸井の裏の 桃園会館で月に二日 山の集会

を未だにやっているのです、だから中野は 私にとって縁が深いんです、

其のナカノのしかも北口の不動産屋さんとは、考え無りょうな物が有るんです。

其の内にお邪魔します。

さてこの方の息子さんと滑ったのですが、見た瞬間 習って居ないな、

と2級の私にも分ったんです、

此れは私は初心者では習ったことは無いんですが 同じような孫

が二人居てこの習い方を 見ていたので 初めての方の教え方?

を何度かかじっていたんです。

此れを二言三言、言っただけで 小6で何回かスキーに来ていると

言ってましたので 小さかったうちの孫よりは 早い飲み込みで

本人も「もっと早く習っていれば良かったのに」とぶつぶつ、

此処でしっかり信用を取った私に 一日パパと離れて滑ったのです。

ところが気になったことが有るんです、此れは渡される前に、何とかのときに

時々 「頭痛がするんだよ、」と言われていたんですが、

此れを今考えると「前回のスキーのときにも}ではなかったか?

此れが私たち

二人になってから 「頭が痛くなった」と私に言うんです、私も医者では無いので

どうした事か ここでも出たかな?ぐらいに思ってみていたんですが、痛いといって

顔が青白く見えたんです、此れはまずいな、「酸欠かな」

スキーは激しい頑張りだからな、此れは私は長い山屋ですから

直感で感じたんです、「どう見ても酸欠の顔だ」船酔いの顔、其処で私が

スキーを水平に保たせて 休ませ、大きな複式呼吸をやってもらいました

此れは彼はやったことが無く やり方から教えたんです、「空を見て大きく

息を吸わせて 下を見ながらゆっくりゆっくり吐きだす」

はく時は 口を尖らせる」

此れを「はいもっともっと吸って未だ吸ってーハイ

下を見ながらはいて もっとはいて、もっともっと」此れで5回ほどやっている内に

おじさん頭の痛いのが直ったよとニコニコ、やや顔色も青みが消えました。

ところが1度半ほど滑ると又痛くなり 其の度に複式呼吸をやってもらったのでした。

「学校で走っても頭が痛くなるの」と聞くといやと言う。

あのね ボクは赤血球が

少ないんだよな、足や手も冷たくなるだろう、といって手を取って暖かさを

見たんです 案の状 手が私に比べて冷たいものでした。

「此処は空気が少ないので学校と違って 激しい運動をすると 

酸素が足りなくなるんだよ、

だから頭が痛くなるのさ、」

家に戻ったら 鉄分を食べなよ、鳥レバーが最高 オリジン弁当

が有るだろう「あるという」其処にレバー炒めが有るから パパか

ママに言って食べな、又飽きるから、牛乳の「ラブ」と言う妊婦

用の鉄カルシュウム入りが有るから レバーと かわるがわる食べな。

又スキーで頭が痛くならないように 成るには食べ物だよ。

懇々と言って聞かせたんです、

 パパたちが追いつくまで リフト乗り場で待つことにしたんですが

其の間も 雪の塊に腰を下ろすんです、春雪ですから 濡れて冷たいはず、

でも指定席のように 待つ間 腰掛けるんです、此れは当麻さんも

見ていて 「僕の指定席だなそろそろパパが来るよ 立ちな」

私は彼に 「良いんだよ 少しでも休んでいて、其処で腰掛けていいんだよ」

當間さんは酸欠で 疲れて無意識に雪に掛ることに気が付きませんでした。

と言うのは 一度 転んで後ろから抱っこで 立てても立てても 

その場で滑らず転ぶんです、本人にもなぜか分らず 

山側に倒れるんです。

此れはおかしい、「目眩では?」と直感したんです 先に滑る

のをやめて 直ぐには上がらず

休んでパパ達を下で待つことにしたんです、この時に 其の雪の塊を見つけたんです、

無意識に休みたい 。では無いか。

私が山屋で酸欠に明るかったのが良かったなとつくずく感じています、

山でも酸欠は足から来て頭へ、ですから立ったまま休んでも休まりません

腰を下ろして ひっくり返って空を見ることなんです、此れで休まるんです。

胸に空気が入るからです、洋弓のメタリストも言っていました、「当たらない

時には空を見るんです そうすると的が見え出すんです」とね。

 ボクどうだ其の後 ちゃんと おじちゃんの言ったように 鉄分食べているか

今度会った時にばれるぞ。鉄は元気の元だぜ。

ご両親願いますよ きっと親がこの食べ物が余り好きでは無いのでは?

本格的には米屋で 「アマランサス」を買って僅かご飯に混ぜなさい、此れが一番、

悪い事は言わないから、スキーもどき山屋より。

|

« 前回のスキーで 貴重な体験-1 | トップページ | 来年のスキーの流れは »

スキー」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 貴重な体験ー2:

« 前回のスキーで 貴重な体験-1 | トップページ | 来年のスキーの流れは »