« 今日は晴れてヤラレマシタ | トップページ | 東北の旅ー2 »

10月11日 秋の東北の旅に行ってきました

10日の夜  昨日4時 まで丸沼に居たんですが 布団が

温まる暇も無く 思い切って青森まで、 朝当てにしていた

ガストが 開店前、 仕方なく 駅前ビルの地下 市場 食堂に

朝飯に、結果は 何軒かがありましたが 口に合わず、ガストの

隣の喫茶店で 朝食を取った方が お利巧だった かも。

先ずは 篠崎が始めてというので 八甲田に、

「ケーブルからは紅葉が見えないよ」此れを承知で上がり、

篠崎はご機嫌、

こちらは 寒さにぶるぶる。


Img_4469jpg


八甲田のケーブルを下りて 30分探索 見晴台 あとから付いてきた 

お兄さんに シャタ-を頼む 後の写真は誰かかが かける。

Img_4466

帰りに、元渋谷の

番頭さん 高塚君が やっている ユースモヤ?に立ち寄りました。


高塚君と奥さん、Img_4479jpg


勿論お茶。


Img_4477

5人分篠崎差し入れ昼食のおにぎりを此処で食べず 先延ばしにして、 待望の竜飛岬に向かいました

ついでに?一登り、

突岳(とんがり) 山ではなくて(岳)ですぜ

高さは案外高く 529メートル、でもかなり上まで 車が上がります、

高尾山くらいかな 車が落ち葉で滑り 石を抱えての奮闘

 下りても残りが(登山道)が かなり急斜面 テレビか何かの鉄塔が何本かある

上は藪こぎ  三等三角点 写真が有ります 早い話登ってきたよ。


Img_4485

車から往復1時間登り40分? 案内本 時間どうりに登れました、多少強くなったかな、

往復1時間は80歳には かなりきついよ。

其れより 竜飛岬に行った人は多いだろうが 此処の尖がり岳を登った

人は 数少なかろう、いやー居るとは思うよ

山が其処に有るから登る、のではなく バカと煙は

高い所が好き、私たちは 煙では無いから 残った方 バカの類、

類まれな 吾人のうちだろう、此れが バカ自慢、なのだ。珍しい事が

好きな 目立ちたがりや、でも此れは私だけではなさそう、沢山いるぜ。


Img_4483


下って竜飛岬の民宿に、夕方まで これまた目的の 竜飛の夕日

大きなホテルと灯台のある、展望台

で 出店の焼きイカを食べながら(多少はお金を落とさなくちゃー)

 夕日を待ちました。

65点の夕日 夕日と言うより 後光かな、遂に海に沈まず

雲とともに、、、、、


Img_4504


此れが又 絵に成りそうな 蛸の寒風干し こちらの方が素敵でした、

モデルにしましたが 蛸は入れ歯にはむりそう 隣のお店で口に合う イカ焼き

蛸は歯の強そうな若い観光客が買っていました 戴きとばかり 写しただけ。

おじさんの大きなナイフが夕日にキラリ。


Img_4526

実際の雲はこんなに黒く無いですが 太陽に露出すると 空が落ちます

実際の太陽は 白以上の明るさですから 夕日は 色々露出を変えて何枚も

写します、 今回の写真は全部で 250枚ぐらい 写しました、其の中で

人に見せてよさそうなやつ、選んで出しています、

此れはフイルムなら カメラのラチュウド かフイルムのラチュウドによって

画像の色の深さに関係してきます、

まーこの様には見えないよ、もっと綺麗だよ 此れを言いたいのです。

Img_4529jpg

Img_4516jpg


民宿の料理は 写真の 美味しかったのが 鱸 スズキ

の刺身 皆が 東京湾で釣れると言っていたが 多分

ボラの間違え?鱸が釣れるか、逆らうと 面倒なので話は「そうか?」

と聞き流す東京湾で素人に 鱸が釣れるわけが無い、

分っていないと思って わざととぼけて お上に この鱸の大きさ

を聞いてみたら やはり大物 両手を広げて「1メートル」

は有ったようだ。

Img_4542


なんと言っても 江ノ島当たりでは 1ヶ1800円いや2000円 はしそうな

大きな サザエが2ヶ 残念ながら 入れ歯では 刺身用の

1ヶしか歯が立たない、焼いたやつより生の方が柔らかい、発見初めて食べた。

タナゴの煮付けも美味しかった、此れも食べた事が無い食感

あのちっこい やつ?と聞いたら

海タナゴと言うらしい、魚好きの私が 始めて食べました。

見たところ つぼ鯛かな、聞いてみたらタナゴだと言うへー。

ところが後日 すし屋で「鱸」の話をするとなんと「東京湾で素人が」ルアー

で幾らでも連れているとの話、「あの大きなやつが」と念を押すと

そうだという、此処で又もや ギャフン、となりました。

やはり やらつら 知っていたんだ 逆らわ無くてよかーた。

展望台近くには

竜飛名物おばちゃん も居ましたよ、冷やかしだけでは悪いので

小ホタテの燻製1000円を 付き合いました。

Img_4548

またまた ところが家で探しても見えない、あ そうだ 車の背もたれのポケットに入れて忘れてしまった

半日かあそこに入れたのでは忘れるな と思って履いたのだが ヤッパリ忘れたもぐってしまったら

彼も見つけられない 電話しようかな?。

ところがところが帰宅して10日も立ったもろ、ウエアーバックの

底から出てきたんです。

参りましたね 年だね

口も達者な おばちゃんテレビにも出たらしいよ、私も1枚写しました おおきいのも写しましたよ下にだします。


Img_4546toriminngu

|

« 今日は晴れてヤラレマシタ | トップページ | 東北の旅ー2 »

登山 旅行 喰」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 10月11日 秋の東北の旅に行ってきました:

« 今日は晴れてヤラレマシタ | トップページ | 東北の旅ー2 »