« 10月11日 秋の東北の旅に行ってきました | トップページ | いよいよ今年最後の プラスノースキー »

東北の旅ー2

昨日は 八甲田以外は晴れ

12日今日も晴れ 竜飛岬から日本海を眺めながら南下 

義経が此処から大陸に逃げたという所 中々の景観です、

Img_4496

Img_4571

Img_4560

黄金崎ですが 


只では行かない チャッカリ「霞山」を登りました

高さは 150メートル、学校の校庭裏から上りますが 此れが手ごわい

高さでなめて掛かると とんでもない。

かすみ では無く  モヤ山ですよ。

全コース トラロープが張られています、学校の朝錬にはもってこい、此処の体育会は

強いのでは? 上の眺めは最高でした、頂上には 石ころはないが大きな庭石がありました

どうやって上げたのでしょう?大きな庭石、此れは何人居ても担げまい リアカーかな

でもタイヤーではむり(笑)ヘリかな?のぼりは思い切ったジグザク道。

もしかすると裏道が あるのかも?

往復40分 此れも本の案内時間どうり上りました、本来なら威張れないが なんと言っても80歳

本の案内時間はかなり無理 若い人向けかな

黄金先に掛かる途中千畳敷きかな?

Img_4609

下の写真此れは翌日 先の山 石橋君天皇山の松林で

Img_4600

話が飛びますが 先になりましたが、今夜の宿から。

かくして黄金崎、まあまあの夕日、 露天風呂が海岸にありました 今回の旅行で一番張り込んだホテル。

11日 の刺身の美味しかった竜飛岬の民宿から 全てに かなりの差がある 12、750円 

「人気の不老不死温泉」

此処は3-4ヶ月前から 予約しないと 泊まれません、人気ポスト。

この日は 風が物凄く 波が荒く 海が荒れていました、観音岩など岩に当たる波

露天風呂に波しきが掛かります。

Img_4628


浪打ぎわからの夕日は日本一とか、今日は65点か


 料理もまあまあ良し。

あわびが目玉か? 残すのもしゃくだが 太るのもいや。

さすがは 名温泉の食事。


Img_4629

私たちの部屋は一番奥で夕日はこの時期 窓で左を覗かないと見えないが 他の部屋の人も

殆どの方は 部屋からではなく 外風呂にカメラを持ち込んで 日の入りを待ち構えています、

下の2枚は 露天風呂に降りる階段からです。


Img_4618


同じ時間帯なので込みますが 此れが此処の売りですから。

風が無ければ 広いのでカメラポジションの心配はありません、

カメラの操作腕を心配ください。


Img_4620


此処に来る途中見るところは千畳敷き、好きな美空ひばり りんご追分の故郷? 色々ありましたよ、


又八甲田の「もや」ユース(雲谷)  と此処の「もや」は字が違う 靄山と書きますが もやです 字は かすみですね、

ユースの 高塚さん曰く 札幌の 藻岩山?と同じ意味とか。

不老不死温泉から 更に下って?13湖で お昼に例の 「特製蜆ラーメン、」1000円高いが 此れはさすがに

美味しいの一言、あっさりスープが美味しい まー100点でしょう、13湖大橋のたもと「和歌山」と言う 


民宿ドライブインです。、


Img_4582


能代を過ぎると 広大な 干拓地 色々な話題に事欠かない。


男鹿半島を目指すが、またまた寄り道 勿論やま、この山は珍しい名前だよ 「天皇山」

高さは分らないが 徒歩15分 御稲荷山だね、上まで登ってきました。

登山口の赤い鳥居、武藤君 此処の立派な松林で先に出したサングラスの石橋君

Img_4604


今夜の

男鹿半島の夕日は 綺麗なものでしたよ 85点かな ワイドで5枚出しますね ホテルからではなく

入道岬まで 夕日を見に行ってきました

温泉を出るときには 空全面 曇り空でしたから 期待しませんでしたが 「まづは行ってみよう、駄目で元々

昨夜は寒かったので 浴衣掛けで 車の中から見ようと決め込みましたが 行ってみると 僅か15分で中々の

太陽、

広い芝生で海岸が見えず 「夕日に誘われて」 つい車から出て 海岸線の

近くの土手まで 200メートル前景の岩礁めがけて写しながら斜めに歩いて400メートル  思いがけ無い 水

平線に落ちる夕日を見ました、素晴らしい。

これで3回目の夕日、此処は85点かな、観光バスも来ていました、みんな幸せ、とっぷり暮れてから 車に戻り

ました、ホテルから車で15分ほど走ります。

沢山写しましたが とりあえず5枚。


Img_4676


Img_4654jpg

Img_4649jpg_2


この写真も捨てがたいですね。

Img_4648

遂に沈みましたかな。


Img_4689jpg_2

同じようで時間が違いますが前後しています、三脚が欲しかったですね せめて一脚。


男鹿半島の 入道岬は 良い岬。

海岸線は岩礁が有って、中々の物です、腕に覚えの有る方は

黄金崎より 良いかも。

写真には 竜飛岬の 「寒風蛸」も絵に成ります、私の腕では何処も今一残念。

Img_4530jpg

 男鹿半島の山は頂上はいずれも航空自衛隊のレーダー基地になっていて金網の世界です。

「金網よじ登ったら打たれるかななど、、、、」

泊まりは

「白竜閣9000円、此処は他に この値段で有れば 辞めた方がよい?温泉に拘らなければ

民宿は有ると思う、温泉は何処も高いよ 此処が一番安い。

ところが安いだけの事がある。

男性従業員は 私より 世間知らず、社長が居ないせいか?らしき人が居たが、我々の到着を迎えず

背中を見せて ずーと パソコンに向かっていた、何だ此れは?勿論 我々だけか?。

高座椅子も 00も無いし ジンジャエールも 勿論無い、足の痛い人「武藤」 飲めない人私は 目に入らないら

しい、パソコンがそれほど客より大事か?客は何を求めているかが分っていない?。

竜飛津軽屋 は 殆ど奥さん一人、これに対して 此処は 付くと玄関に女性群揃って どけ座して甲高く迎え

る、此れは駄目だな?と思ったら 案の定。

ワタシャいやだね。

帰り際 寒風山 へ ここは 車で、男鹿半島の真ん中、両方の海と干拓地がみえますが 冬は閉鎖 。

いも団子?付きコーヒーを頼んだら 

帰りに「稲庭うどん」をみんなにくれた、乾麺 期限切れと思いきや 2013年8月と大書きしてあった

宣伝だね、


Img_4728

全ての人にくれるなら コーヒータイム お勧め、寒風山ですよ。

 どうせくれるなら そうめんが嬉しい、欲を言えば 「蓬入りそうめん、」此れはくれまいね(笑)作ってないかも?

スーパーで 「めんつゆをを見れば いかに「そうめん」が売れているか「そうめんストレート」此れで分るのにね。

文句を書いていたら 家内が 「稲庭うどん」は 長一流品だよ、ぎゃふん。


追加文 22日 

戴いた 稲庭うどん 食べて見ました 腰のある 食べた事が無いうどん オーバーに言えば 零面に近いかな

山掛け盛りで食べたんですが 暖かいかけうどんで戴いた方が美味しいかも、うどんは密度の詰まった 細けれ

ばそうめんに近いか もっとも乾麺はそうめん以外 余り食べないので、スーパーにあるあらゆるうどん又は お

蕎麦屋さんにも無い強力粉のみで打ったかのよう。

美味しいか?此れはもう 普通のうどんとは 比べられないのでは、別物では 硬ゆでのパスタの硬さ?。

さて。

此こで終わったのでは日にちが足りない 14日は :天元台(西吾妻)山に行こうと 小野川温泉ではなく

白布温泉東屋旅館

10650円 所が雨、諦めて米沢、

思ったより高い 米沢牛ステーキを諦めて、デパチカで買ったほうが良いとなって 北方へ、らーめんを食べに、

「支那そば喜多方坂内食堂」で(駅で聞いて)


Img_4720

Img_4723


 ラーメン、太麺で きょろきょろちじれ 麺 寝かせて有るね、味は

まーまーチャーシュウが4枚 此れだね。

一枚では物足りなくチャーシュウ麺では、多すぎ。

並んで食べる価値は 問題だね でも先ず1度目は 良いのでは あと又来るかどうか分らない、外れは許され

ない、2度目に来たら 前に調べておいて 冒険だね。


此処の見所は鉄分の多い レンガの倉だね、私なら ラーメンより 窯を買って 陶磁器屋

をやるがね、有るのかね、「喜多方焼き」だね。良い粘土の色だよ、花器や茶器、良いねー。

ラーメンのどんぶりも此れで焼けばね、と思いながらスイスも思い出して「すすり」ました。

彼ら嫌がるのは此れだな?。

15日は上杉神社 博物館 などを覗いて 山ぬきの 観光のみ、上杉と正宗がおなじところに祭られている

のが面白い。

中が良かったのかね?

だんだん年毎全体に山が低くなってきました、紅葉は今一でした 夕日の旅でした、

太ったかな、残念、次はスキーだね、今回の山のタイムでは、何時もの台登り効きますね、普段いたい

膝に力が入りましたよかったー。

それにしても きん取り坂40分には参った、でも今回のハイライト。

お目当ての夕日は入道岬、 美味しかったもの

鱸(スズキ)の刺身と 大きなサザエの刺身、刺身だよー

旅行から戻って次の日からも 台登り やっています40分ですがね。

皆も言っていました 「南さん強くなったね、80歳でも強く成るんだね」スキーのせいかね

山が年ごと比較的低いせいかもね、思ったより痛い膝に力が入るんだね、コンドロイチンも利くのかね。

 元気は結構なことです、絵画教室でも何人かが、南さんは元気だね 今のうちにお金を使った方が良いよ

切実に羨ましそうに言う、スイスの話のことか、あれは使いすぎ なんだかんだ120万強、電話だけで

3万の請求。(笑)そんなに掛けたかな?

  此処でコマーシャル

10月27日 発行の ブルーガイド 大人のスキー 4ページの特集です。

何時ものように 私の「絵」を壁に飾って戴いている方には 私から送りますので買わないでください。

少し遅くなりますが 個展の取材の絵も小さいが出ていますので。


話が変わりますが 「不老不死温泉に 風力発電の大きな風車がありますが この風のさなか止まっていました

不思議に思って 聞いて見ると「風車は十数年前に取り付けたのですが 芯が故障して(油切れ?)

なんと直すのに 億と言うお金が掛かり、と言うのです、話半分でも5千万、で採算が取れるか検討中だそうです

何だこれは 、そう言われると あちこちで 止まっている風車を見かける、先日は 火事になったと言う

此れではまずいのでは、 此れでは 保険か メンテナンス契約が問題、うっかり取り付けたら、壊す方が高く付

此れは 辞めるに辞められない スキーリフトと同じでは?ブームが去って閉鎖しようと思っても

壊す費用が高く かねが無い やむなく「補助金をもらって 赤字でも 続けなければならない、此れは税金の

無駄ズカイでしょう? 年寄り引ったくりと風力発電 要注意ですね。

引ったくりも「違法駐車取り締まり」の様に、民間に委託か、機動隊に委託して、捕まえた数多い方に 一軒に付

き30万予算を与える、勿論少ない方警察予算から引く、此れだね。

相手 日の丸の 独占役所では 効率が悪いね 民間の知恵も使うべきです、今は取られた方は泣き寝入り、

生命財産を守るのであれば 、年よりは守ってくれないのかな?何とかしたい。

おとり捜査なら 元気だから 協力するよ バーさんでなければ 駄目かな。

関わらないほうが得の 独占ではやる気を出さないね。

|

« 10月11日 秋の東北の旅に行ってきました | トップページ | いよいよ今年最後の プラスノースキー »

登山 旅行 喰」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 東北の旅ー2:

« 10月11日 秋の東北の旅に行ってきました | トップページ | いよいよ今年最後の プラスノースキー »