« 中々スキーに出かけられません | トップページ | スキーの足手まといの年賀状 »

忘年会は 南青山 骨董品道り でした、

技術研究会と言うのが有って ここに顔を出して 私は年に4回程

家内とスキーに参加しています、ここの忘年会をここでやるんです。

夏には この会のメンバーが絵をやるので 其のついでに?他でも銀座での

食事会もやります、こんな付き合いです、色々な研究をやっているらしく 

例えばマージャン、お酒、スキー

海外旅行など 私たちはスキーでお付き合いしています。

なぜ南青山か、此れは他でもやっていたんですが、早い話値段の割りに

料理が美味しいからです、集まりも皆さん比較的集まりやすい、

何方かの息子さんが 東京ガスに勤めていると言う事で、一般客の我々は

500円程高いと言いますが、乾杯用飲み物を入れて、一人6500円でした

ドタキャンの方が 一人だぶん1万の寄付がありましたから 追加の飲み物は

それで間に合った様です?とか挨拶で 言っていました。

Img_4906


我々が渋谷の駅に着くと、次のバス迄が30-40分ありましたので

タクシーで行きました、近くでスローでお願いして ビルの前につけました。

Img_4905


このビルには看板が無いというような 小さな看板しか出ていませんが、よく見ると

出ています、誰かが会社関係者ですから、宣伝は要らないんですね。

かなり大きなビルです5フロアーが 会場になっているようです。ビルは11階かな?

さすがに皆さん 毎年美味しい美味しいの連発です、

料理は何時もオリジナルが多いのでたのしみです、

名前は 「東京ガス株式会社 青山クラブ」の角判がお品書きに 押して有ります。

お品書きを先に出しますね。

Img_4909


お品書 読めますか 全部で10品で 他にコーヒーも付きました。

さてさて 先付けが このわた鶉玉子、

Img_4910

先ず此れがお酒好きには たまらない 塩辛ですね、私は初めてでした

なまこのはらわたとか聞きましたが?塩が強く鶉で薄められると言う

仕掛けになっていました。

お酒が飲めない私も この一口には 参りますね。

先ずは合格ですね(笑)勿論頼んだのは和食コースですよ、

隣の席の 細川さん名前は倫子さん ただ一人の和服姿、あだ名が

「湯水のみちこ」お金ずかいが荒いらしい、其の割りに 代々木

公園で 銀杏を拾っては 買うと高いよ?。

先ずは写真を、 お能が好きで会場を貸しきっての発表会とか?

Img_4912

ブログ様ですよ、とことわっての撮影「写真送ってよねとすかさず」と言われました。

前に座ったのは 書店の奥さん 古川橋の老舗 小川書店の奥さんです、

変り種は?未だに大学院で勉強中とか 羨ましいのが通りこしての、うー

隣の湯水の倫子さんを写しているのを見て 小川さんも私のカメラの腕のリクエスト、集合

写真も頼まれたが 後が面倒なので断りました。

二人ぐらいなら 何とか送られそうですから。

全部で20人は来ていますからね。

下が学者?の小川さんです。

Img_4914


次々に人は出てきませんよ、料理が出てきます。

Img_4915


出汁が命 日本料理の元祖 お椀盛りですね。

次のお造りが美味しかった 下に引いた 氷にさすがですねと言いながらこちらは先日のスキーの雪(人工雪)

を思い出していました、3品でしたが 中でも「縞鯵の歯切れと油が上品で 此れも名前はよく聞くんですが

これほど美味しいとは、身の締まりが 歯ごたえが もう1度の声を掛けたくなりました。

我々の口に入る 大とろは問題になりません、とろけるようなではなくこりこりの美味しさ。今まで食べたお刺身

の中では 此れが一番でしたね 、竜飛岬の 鱸も美味しかったですが 料理では無かったですね、

ここのおつくりは料理です、竜飛と青山の違いかな?

Img_4919


器に使われていた 蓋に 黄色いイチョウの葉が使われていましたが、隣の ゆみずの倫子曰くこの黄色い葉を

見るや、「与謝野あき子だね、「金色の、、、、、、、ときた、向かいの学者からではなく 湯水から出た。

Img_4922


焼き物は エリンギと栗魚でしたが くりも美味しく焼かれていました、包丁で皮をむいて焼いたものですが

程よい焦げ目が 崩すのが勿体無く ためらい勝ちに成りました、甘味も結構な栗でした、もしかしたら チルドで

でも長期保管栗かも、薩摩芋も甘くなると言いますから、魚の焼き物が大物でした。


次の煮物が 今回NO1でした、此れは皆さんも 声が上がりました。

風呂吹大根です。

Img_4924


同じ前の席の 男性も出しますね女性だけでは まずいので。

Img_4916


名前は根井さん、将棋2段、お酒 ソムリエ級といいますが、此れが美味しいんだよ。

といいながら ニッコリ。

秋田の出羽桜 を傾けていました、値段はと聞くと、「ここでは2400円 お酒屋では1000円か?」中ビンでした

この人油絵もやっています、スキーもやります。

ここで風呂吹き大根の 良さをお話しましょう、

写真を見るとみそがかなり高く盛られている様に見えますが 中にタンの角煮のような やわらか煮、

が入っていて、此れが美味しいのです 甘みそ に合いますね。

私より左に居た方は 全員此れでした。

美味しい物ですね。
揚げ物湖此れも美味しいものでした、蟹の甲羅にImg_4926

揚げ物は蟹の甲羅にかに肉をグラタン風にした天婦羅ですね 直径9センチはある蟹の甲羅

で見た目 パイ何甲羅揚げですね、皆さん僅かに甲羅をかじってみていました、私もかじって見ました

それほど美味しかったということです、最後が 此れはだし汁に付けて戴きます。


Img_4927


果物 マンゴーとイチゴでしたが変わった所はマンゴーに、大きなレモンが付いていてタップリレモンを

掛けるんですね、シンセンですね イチゴのすっぱさが和らぎ 後味が 新鮮に感じます。

Img_4928

他におしんこう, ちりめんご飯 赤だしなめこ汁 が有りました。

この値段で さすがは 青山クラブ 創業20年を超えるそうです。

マンゴウにレモン 気が付きませんね、青山ですね。

毎年楽しみなんです。

次は15ー16日が彼らと丸沼です、泊まりはシャレー丸沼です。

記事もそれになると思います。

|

« 中々スキーに出かけられません | トップページ | スキーの足手まといの年賀状 »

グルメ・クッキング」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 忘年会は 南青山 骨董品道り でした、:

« 中々スキーに出かけられません | トップページ | スキーの足手まといの年賀状 »