« 3月12-15日の志賀から戻りました | トップページ | 3月の志賀一ノ瀬で=B »

3月の志賀一ノ瀬でーA

技術研究会 今年最後のスキー(年4回)
今回はブログの種が有りすぎて 何から書けばよいか迷う、日にちで追えばと思うが頭が混乱してどれが先だか分からない。
其処で今回は名前を伏せて、ABCDで行こう、誉め言葉だけではないからだ。
先ずこのブログだ。 あまり良く読んではいないようだが、批判はする、其の批判はこのブログが一般の営業誌と比べての批判だ、翌日奥さんが「あくまで一般論ですよ」と補足が入ったが。言うことは、お金で買った本、此れと比較しているのだ、言い変えれば、比較が高ければ高いほど私のブログも、高く評価されているとも受け止められる、では無しにそれとも只の憶測か 聞きかじりかによる、批判だろう。

私は 営業誌にも原稿は出すが、ここでは(このブログ) 文章の意図が違うのである、切った貼ったを書くのではなく、色の無い、網?のかから無い、真実を書くのである、ですが記憶をたどって書くので、勘違いもある。此れはレコーダーで取っても、其の通りには書かない。、、、、、と言われたよ。だけど、、、、、、と書く。

ここでAさん曰く。先ず文章が長い、長すぎると読むお客?が限定されて狭い人のみの相手になってしまう、従って文章で飯を食べている人は「研ぎ澄まされた文章」此れで無ければ駄目と言うのがAさんの言い分の大半だ

私は此れに反論する、研ぎ澄まされた言葉や 文章は早い話 学がある人のその内でも選ばれた人、此れで無いと読者が少なくなる、と言いたいのだろう、でないと読んでも面白くないから読まないといっているのである。

ところが私の方は、70点取れれば 最高50点でもよし、偶然80点ならもっとよし、早い話全体として分かってもらえれば良し。なのである、だからと言って誤字で解釈が変わってしまっては 本位ではないのだが。

 さてそれならその道の特権階級の書いた文章しか読む気がしないよ、と言っているのか?、此れは此れでよいと思う。

(学校で劣等生11年を経験した私は、11年間の劣等感を我慢して過ごした人で無いと分からない

感覚、出来ればそれらの人を(誰も見向かないグループ)を代表して述べる。そんな中での読む人たちに 喝采を受けたいのである、此れが第一の目的なのだ。学が無くても、社会的、に笑われない、地位になって、其の人たちの代弁者にとまでは行かないにしても、「良く言ってくれるは」頑張れ と言いながらの、カウントで応援してくれている、従って彼らは、研ぎ澄まされた文章は読みたいが読めない、何故ならいちいち百科辞典から 選び出した文章は疲れる、この人たちは「夏目漱石」でも読めば良い。選び出された言葉は フイクションの方が好ききなんだろう、私の文はどちらかと言えばノンフイクション、なのである。

私は、ちまたの飲み屋言葉此れで良い、と言う人に発進し続けているのである、従って頭の回転の速い人用ではない何度言っても分からない人向けなのである、従って話がくどくなる、ここは仕方が無い、只手におはは知らないから、誤字脱字も多い、此れが目的ではないから気が付けば直す、又娘は文章家ではないが、作文に憧れている人の一人なので、家に遊びに来たときには、読んで手直ししてもらう。
此れは何の違和感も無いありがたい話だが、文章を「カット」する事は先ず無い、むしろ私にしか分からない言い回しなどは、追加の文章を入れるから、文そのものは 私が書いた物より、説明文が入るだけ長くなる。

と言うことが根本的な考えでやっている。
早い話 何の成約も無い文章で、私が見て聞いて触て、匂いをかいで、五感や触覚で感じた事の真実をそのまま感じたまま書くのである、そこに流れるのは何の成約も無い、(お化粧の無い文章として)文での真実である。

読者の方が、先生此れは当然だ、だからありがたい批判だ。此れは私は選ばれた言葉ではなく。
話文字で書いていく、私と同じ比文化人?この人たちの応援団文章でありたいのである。

文化人ごめんなさい、私の生い立ち、劣等感がそうさせるのである、山やスキーは、11年間の劣等感からの反発による、優越感取り?の形である、スキーも優越感取りの(優勝)一手段なのであるだから手当たり次第勝てそうなやつ何でも良い。

何か私にもできる筈」彼らは学業時代に散散優越感の渦のかなですごし今でも過ごしている?。本当は親の遺伝子の力が大きいのでは?私の有利な骨格も不利な骨格も遺伝子だろう、両親又は先祖の遺伝子が大きく働いているように感じる、自分の力ではない、他の見えない力が働くのだ。今度はこちらが僅かでも優越感をアジワウ番だ、少しでも長生きせねば発信が途絶える。
この当たりをご理解しながら お読み居ただければ 嬉しいのですが。

読者は少なくなっても居るはず。多くを望むが、相反する人は一度読めば読むまい、私の書くのは八方美人の文ではないのだ。
金銭的時間的に余裕をもてない 言いたくてもいえない、やりたくてもやれない、せめてパソコンから、何かを知りたいそんな人に届けたいのだ。

|

« 3月12-15日の志賀から戻りました | トップページ | 3月の志賀一ノ瀬で=B »

スキー」カテゴリの記事

コメント

 早速の良いコメント有難う、佐藤さんは落ちこぼれでは無いでしょう、どちらかと言えば、文化人の部類?では。違うな野蛮人の部類だな、境目が無いから、中間かな?(笑い)野蛮人だって映画の
編集はできるよな、学校と違って1科目だけを時間制限無く、やれば良いんだから、やる気が有れば
常に触るので、掛けた時間につれて、だんだん通になってやがて世間に認められて、プロの道を歩む様に成ると思う、お金を出しても
あの人に頼もう?となれば、プロ
である(笑い)其れまでは反省しながら、作品を前回よりは上。
此れで良いのでは。
とりあえず後1本、今月中?にアッピの大会スタート画像大阪から届くはずですが。
頼みますよ。先は分かりませんがスキーは劣等生で終わりたくないので。
 、、、、のカウント100近くになりましたね100でささやかな乾杯ですね。

投稿: HIRO。 | 2012/03/17 12:45

おはようございます。

私は、ブログ楽しみにしてますよ。
自分の日記みたいなものですから
好きに書けばいいと思いますね。
それが、人柄になると思います。

今回も、志賀の”大作”しっかりと
楽しく読まさせていただきました。
ヽ(´▽`)/

今月は、もう1回位スキーに行きたいと
思ってますが。・・・・

投稿: なんちゃってレーサー佐藤 | 2012/03/17 05:29

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 3月の志賀一ノ瀬でーA:

« 3月12-15日の志賀から戻りました | トップページ | 3月の志賀一ノ瀬で=B »