« 17日今夜から ハンタマに入ります | トップページ | 鈴木 毅と言う男 »

春のハンタマから戻りました

 戻ったのは3月25日ですから、合計8日間のスキーでした。

19-20はここの最後のポール。

此れでポールの券はお終いになり、通算30日間滑ったことになります。

最後の日は、ポールバーンから、ハヤシライスの素を皆さん戴きました。

50人分ぐらい用意されているように見えました。


 以後も鈴木さんのレッスンを受けました。

22日(ポールの終わった次の日)、やっとの事で、カービングらしい滑りが出来たと、OKをもらいました。

なかなか出来なかったので、すごく嬉しかったです。

鈴木さんは「此れで3秒は稼げるよ」と言って、私本人より喜んでくれました。

この3秒の意味は、こちらを見れば読めますよ。

此れが1本目のタイムですが、前日です、二日目タイムが伸びると思いきや延びませんでしたね。

Img_5246masutazujpg


5番目が私の2度目のタイムですから 。1度目も5位)鈴木さんの1位のタイムが(48秒29)
私とは10秒の開き、ここで10秒は、頭から17パーセントの開きだ。
60秒と50秒の違い、せめて54秒で開きの真ん中、此れならメタル圏内で1位争いになる。
私は、坐骨神経通が心配だが来年に掛けよう。

Img_5274jpg


出番をどきどきしながら、待ちます。赤いザックが私のザックでサポートで下ろしてくれました、サンキュ。

Img_5265

こっちは「こんなもんか?」いくらかスキー板から受ける反発の力が足に感じられるようでした。

下から見ていた鈴木さんが、大きく両手を頭で繋いでOを作って「それで良い、其れで良い、スキーがしなっている。普通は年寄りは10年かかるんだよ。一日でできるなんてすごい。」と興奮して喜んでいました。

以後23日まで、谷足加重100パーセントターン?をやりました。

「内足は雪面から出来ることなら離しなさい」

今までのバッジテスト用のアドバイスではありえない、アドバイスでした。

また、「ごく僅かでもバンクがある(谷側に傾斜が掛かっている)斜面のポールの時には、更に強い膝(ひざ)内傾型のターンに」など、実戦のきわどい膝の使い方を交えて、一日やりました。

3秒早ければ表彰台に上がれたものを、、、、、、?

今のところ私のターンは良くなったようですがね?相手も頑張りますからね。

出来たのが大会後で残念ですが、逆に考えてみれば、あと1年調整できます。

来年の大会の、西舘(にしだて)、さ来年の小樽、目ざして、何が何でも『台』を狙います。(笑い)

|

« 17日今夜から ハンタマに入ります | トップページ | 鈴木 毅と言う男 »

スキー」カテゴリの記事

コメント

編集長様ですか。
材料は全て揃いました、後は何処でやるかですね、
今後私は4月7日から15日迄ハンタマに出かける「予定」です。
其の当たりで如何でしょうか?
其の先は多分まるぬまで。
GW後は、三俣で2ヶ月シーズン券?を買おうかなと思っています。
春はここものんびりして良いですよ(笑い)

投稿: HIRO. | 2012/03/27 11:06

おはようございます。

ハンターお疲れ様でした。
技術が向上したようで
来シーズンのレースが楽しみですね。
私も、来シーズンは、気合を入れたいですね。
ヽ(´▽`)/

ビデオですが、データーがありましたら
お知らせください。ヽ(´▽`)/

投稿: なんちゃってレーサー佐藤 | 2012/03/27 06:19

はいはい、よく分かりますよ、
何本かメール送っています、
付きましたか?
ただの(C)で分かりますよ。

投稿: HIRO. | 2012/03/26 20:12

お帰りなさい! ご苦労様でした。


メールアドレスを変更されたと伺いました、一度メールいただければ幸甚です。


一ノ瀬のCでお分かりいただけるものと・・・

投稿: 一ノ瀬のC | 2012/03/26 17:59

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 春のハンタマから戻りました:

« 17日今夜から ハンタマに入ります | トップページ | 鈴木 毅と言う男 »