« 西澤 清美さんから | トップページ | 登高会の山本武治さんから »

スキーにも行けず、山にも行けずの6月

首の鞭打ち症は思ったより、手ごわいものです、

仕方なく?鉢植えに水やりです、いくつかの鉢植えがあって、過酷な条件に強い良い子だけが生き延びています、山やですから 、植物は好きなんですが、水やりが問題なんです、此れは私が留守がちだからです、スキーは出かけると10日ぐらい 居ません、水は家内に頼んで行くんですが、此れが問題なんです。

鉢を置く所も問題なんです、此れはその植物によって、日当たりの好き嫌いがあるからです。

まとまって置けないんですが、日当たりの嫌いな植物は、見落としやすいところにおいて有るんです、白根青い、なんかは何度挑戦したか分かりませんが、駄目ですね、せいぜい2年、2年目に芽が出れば まだ良い方で、ブルーポピーなどは、10回ぐらい挑戦するんですが、まー其の年の夏には消えてしまいます、丈夫な水の好きな日本桜草でも 4年でしたね。

深大寺植物公園は、スキーと同じに 何年も前からシーズン券(1年券)ですし、府中大国魂神社も毎年行くんです、植物好きな証です。

拝礼は5円玉だけでそこそこ、お目当ては 園芸露店市です、結構だいだい的です。

欲しい物は特に無いんですが、冷やかしです、まったくの冷やかしかと言うと、そうでもない、気に入った物があれば、多少は高くても買うんです。

従って「何か気に入った物が出ていないかな」思いながらの冷やかしです、只気に入った目新しいものが無いだけです、どうしても大物よりは、下げて帰えれる、小鉢の高山植物が目に付きます、縁日よりは専門店ですがね。

無いと思っても見るんです。

GW前般は一の瀬レースキャンプでしたが 毎年後半は 大国魂の冷やかしで、帰りに府中伊勢丹の、夕食も楽しみなんです、時に孫と食事ですから。

大抵はお気に入りは無いんですね、時に売れそうも無いが?と思える看板?商品、飾り商品を買うことも有るんです。

10年も前の事でしたが、目に付いたのが、姫舞鶴草の大鉢でした、2万でしたが、気に入ったので買い求めたんです。

ところが其の夏のある日、其の大事な鉢植えの上に、野良猫が丸くなって寝ているではないですが、3時頃見つけたので、追い出したがとき遅く。

結果は 翌年は只の1本も芽が出ませんでした。

数年後、大菩薩に行った時に、素晴らしい姫舞鶴草の大群落を見て、心躍りましたね、「此れは凄い」とてもとても 値段には換算できませんね。

あの野良のやろう。

Img_5421

更に数年は、深大寺にも、大国魂にも、立派な?鉢植えは 見たことが無かったのですが

一昨年 大国魂の縁日で 見つけたんです、ところがやや貧弱、小ぶりで鉢の中ほどが剥げていたんです、其処に岩が飾ってあったんです、私はこの小ぶりの、姫舞鶴草には値段が無いんです、前の、2万円から見ると、1万2000円はするかな?と心で値踏みしながら。

「お幾らですか」と聞いてみたんです、返事は「7千円です」「いくらか安くならないんですか」「此れは7千円では安いんですよ」とすげない返事、では7000円で手を打ちます。  

1万2千円と踏んだ物が 約半値の7千円、前に買った2万円はぼられたかな?

大菩薩峠を思い浮かべながら、大事もっこに抱えて買ってきたんです。此れを元の2万円

の鉢に植え替えて、昨年秋には、元の2万円の姿に戻ったんです、此れが今年は完全復帰、2万円の時より 大きく密度も濃く、鉢からはみ出すほどにりっぱになりました。

もっとも元が27000円ですからね。今度は猫ごめんです。

秋には赤い可愛い実がなります。直射日光は嫌いですから パーキングの屋根の下が良さそうですが、これまた 雨が当たらない、難があります。雨が当たって半日影、夏を越せば何とか成ります、案外丈夫な良い子です。

|

« 西澤 清美さんから | トップページ | 登高会の山本武治さんから »

エッセイ」カテゴリの記事

コメント

岩原さん お久し振りです、コメント有りがとう。
首が思ったより、直りませんね、でも何とか、7月10日までには、直らないとね、

キャンセル無しの安い切符での予約ですからね。
年金爺には 其れほど響きませんがね、不景気なのか、今年は参加者が何時もより、少ないようです。

今からでも間に合いますから行きませんか?
多い方が頭割りが安くなるから。

殆ど実費ですから 安いツアーですよ。

今日 グレッシャー成田さんの、GWのポールレッスンのDVDを、編集長の佐藤さんに送りました。

これがもしUチューブに出たら、5本目ですよ、(笑)、スイスもしっかり写してきます、ま、お楽しみに。

スイスの前にオーストリアで二日程フリーですが滑る様ですよ、未決定ですが、行けると映画?には良いのでは。

先ず首ですね。
滑れなくてもキャンセルはしないつもりです。
まースキーを抱えた観光になりますがね。

秋には家内とハワイに行く予定です、此れはスキーではなく100パーセント観光です。家内サービス?銀行の積み立て旅行です。

投稿: hiro。 | 2012/06/04 16:29

こんにちは。

陸へ上がった河童に・・・!?
南さんらしくないですね!
絵を描いてはいかがですか?
例えば、①DVDの自分の滑りと師匠の滑りを一コマづつ描く
②カメラに残した風景画
私はカーポートの屋根の張替えや部屋の壁塗りするよていです。
サマーSKIが始る前の家庭サービスでーす。

投稿: 岩原 | 2012/06/04 15:35

この所暇をもてあましています、特に今日から脚の痛みが無くなり、急に時間が余ります、
寒天ジュースを作ったり、冷凍カボチャを美味しく煮たりして 食べています。

何か食べられる物でも作らないと、絵は幾ら作っても、食べられませんからね。

一の瀬のdvdはありますが、私たち参加者のサービス用のDVDですから、自分には参考になりますが、人様が見るには、飽きるのでは?。
此れは狙いが 編集長に見てもらわなければ、分かりませんがね、会場などの雰囲気のカットが、まったく無いですから、まー
送りますか。?
そちらにあるリューシの洗いやつでも混ぜて、変化を付けて?どうですかね?
あれも大会後の絵ですからね。

山ならね、来週大阪で、ある山岳会の講演会に呼ばれて行くんですが、此れは写そうと思えば撮れますが、スキーの話はしません。(笑)

投稿: hiro。 | 2012/06/02 17:35

こんにちは。

そうですね。山は無理ですね。
それに登ったこともありませんし。
体力、気力、知力がいりそうですしね。(笑)
せいぜい、夏の高原迄ですね。(爆;)

連休の合宿のデーターがありましたら
どこぞで落ち合って
お預かりしてもいいですし、
送っていただいてもいいですよ。
腕によりをかけて編集します。ヽ(´▽`)/

投稿: なんちゃってレーサー佐藤 | 2012/06/02 14:59

今日は、コメント有難う。
どんぐり山の会の「柳瀬直子」さんですか、埼玉の方です、いくらか近いかもね。

でも山の映画は、本人より、カメラマンが上で無いと記録的には面白くないですよ。

一度誘って写してみたら、場所は厳冬期の
「雲龍渓谷の氷滝」映画は面白いですが、
車から、4時間は歩きますよ。(笑)

夕方?氷の柱の間をタイマツを付けて歩く

此れは綺麗ですよ、太さ1,5メートル

長さ30メートルこんな大きなツララが有りますから、下を歩くと良いですよ。
本来は側壁の氷をスクリュウハーケンで登るんですが絵に成ります。

投稿: hiro。 | 2012/06/02 11:13

こんばんは。
首お医者さんへ行かれては。?

南さんの3部作の3番目の
英語版をアップしてみました。
まずいようでしたら、
ご連絡ください。
早々に削除させていただきます。
ご確認ください。よろしくお願いします。

http://youtu.be/fPhgnCaRAUU


このたび、私の料理レシピも
ユーチューブにアップしてみました。
よろしければご覧ください。(笑)

http://youtu.be/W8XBNk8UXSk

また、”どんぐりの講師の方”の
動画もとりますよ。
中高年の為の、”山登り講座”なんて
いいかもですね。

体だけは大事にしてください。(願)

投稿: なんちゃってレーサー佐藤 | 2012/06/01 18:55

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: スキーにも行けず、山にも行けずの6月:

« 西澤 清美さんから | トップページ | 登高会の山本武治さんから »