« 期待の孫たち | トップページ | スイスの写真 »

フランスからの手紙(me-ru)

此れがフランスからのメールです、手に負えません(笑)

フランス語の様ですが。

写真も添付されていますので、旨く縮小できたら乗せますが、やり方がイマイチわかりません、挑戦してみます。

Chers amis

Je vous envoie la photo de notre assemblée du 15/10/2012 ou nous avons exposé  les 2 magnifiques tableaux.
Jacky n'était pas présent mais se joint à nous pour vous remercier.
Nous vous souhaitons une très bonne saison de ski.

Le SCV

Alain Marotte

Dear Friends

I send you the picture of our meeting of 15/10/2012 where we exposed the two beautiful paintings.
Jacky was absent but joins us to thank you.
We wish you a very good ski season.

頑張って何とか成りました、2時間掛かりました。

Dsc_0723jpg Pic_0010 右の写真は前橋スベロークラブの総会ですので問題ありません。

左フランスからの添付写真。

あんがいお年寄り?、女性も
多いですね、フランスですね。あちらも総会かな?。

何でも会員が、9万人とか言っていましたから、全スポーツでしょうね?


この2枚の私が描いた絵を差し上げたんです。

大変喜ばれました、昨年の1月、30人程でピレネースキーに、彼らの山小屋?鉄筋3階建てに無料で、食事は材料代だけで、彼らのボランティアで、チョ安。

他に大きかったのが、スキーをパリからスキー場まで、レンタカーで運んでいただいたり。

日本の様に大和便や佐川便がないんです、有るのは郵便局だけです、此れは高いです。

ですから日本人がピレネーで滑る事は先ずありません。

大抵はジュネーブから入れるスイスです。

それでもジュネーブから、夏のスイススキー場までは、レンタカーで又は乗り合いタクシーで片道10満はくだらないので4-5人居ないと高いです。

我々のサースフェーは桶谷さんが、20日間、レンタカーを運転してくれているんです。

ですからレンタルスキーが流行り、団体ではたぶんピレネーの自分の板では今回が日本人で初めてでしょう?。

この写真の方たちに大変お世話になって今回のスキーが成り立ったのです。

そこで何かお礼をしなければとなったときに。

私の絵が前橋の荻原さんの目に留まって?、お礼に送ることに決まり、何枚か写真をおくったら、この2枚を指定?されました。

1枚はかなり前(15年前)に描いた、上村松園の模写、原寸大、と下北半島の「縫い通石山」雑誌にも出た新作。

いずれも新聞見開き大の日本画です。

フランスの何処かに?飾られていると思いますが、そのうちに生きている内に一度、壁の絵を、見てみたいものです。

なんと言っても、絵の本場、印象派のルーツ、フランスに私の様なものの絵がです、大変光栄です。

しかも個人ではなく公共の場?です。

記念すべき喜ぶべきではないですか?。

有り得ないことがおきたんです、関係者を代表して、荻原さん有難う。

フランスの皆さん喜んで戴いて有難う。


先ほど11月31日17時ころ、娘から電話が有って「フランス語と英語」だと言う、英語を約してもらいました。



親愛なる友人達ちえ

ここに私達の2012年10月15日に行われた私達の会合の写真を送ります、そこで貴方の2枚のすばらしい絵を公開しました。

ジャキーは写真には写っていませんが私たち同様感謝の気持ちでいっぱいです。

素晴らしいスキーシーズンである事をお祈りいたします。

LE SCV     アラン マロッティ  MARDTTE

手紙はこのようです。

返事を出したいですがね(笑)




実はこの前に前橋の荻原正治さんに。2012年7月30日付けE-メールが来ていました。

ここで紹介します。



スキークラブ、ヴィコワ、ジャッキー、ボルジェッラ


南  博人さんの絵画について

  親愛な友人の皆さん。私は、南  博人さんの素晴らしい二つの絵を正に愛眼しました事をお知らせするメールを送ります。そして、南さんについて書かれた2冊の雑誌も受け取りました。この素敵な贈り物とあなた方の友情に対し、重ね重ねお礼申し上げます。

 この絵は、我がふるさと、美しいピレネーで一緒に過ごした日々を、いつも思い起こさせます。

素晴らしいアーチストであり、素晴らしいスキーヤーでもある南さんに対し、

私達の満身からの感謝の気持ちをお伝えください。

トッシーにお願いします。

どうかこの私の喜びを日本語で伝えて下さい。

私はフランス語から英語に訳すため、グーグルの翻釈機を使いましたが、これは少し解り難いかと心配しています。

私とスキークラブ、ヴィコワの名において、重ねてお礼申し上げます。

また、近いうちにお会いできることを希望しながら。

                         ジャッキー  ボルジェッラとヴィコワスキークラブ

此れが来ていまして、前橋スベロークラブ「雪だるま498号」に掲載されていました。(笑)

|

« 期待の孫たち | トップページ | スイスの写真 »

スキー」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: フランスからの手紙(me-ru):

« 期待の孫たち | トップページ | スイスの写真 »