« スイスの写真 | トップページ | ハワイの名残? »

冬支度ーとサッカー観戦から思う

きのうは冬支度、第1弾。

冬支度にも色々有ります、先ず写真が決まったので年賀の紙とインクを買いに新宿ヨドバシでした。

紙もインクも大変変わっていました、私の器具はエプソンですが、特にインクの社外品が変わっていました、今までの様な面倒な、詰め替えではなく、一回り小さな簡単な詰め替え用のインクが出たんですね。

更に2色ずつ入ったセットもあって、値段は安くなりました、ところがこの仕掛けは、純正には無く社外品です。

簡単に言えば、沢山使えばエプソンのインクはかなり安く上がるということです。

でも今回はインクは全部新しくしての万が一の為のスペアーでしたから安くてもスペアーは2ヶはいらないのでは、と思い、ワンセットのみにしました。

とりあえずの印刷は年賀状150枚分ですから。

更に紙と。

あまりにも佐藤さんにDVDを何枚も焼いていただくので、せめてと思い20枚入りを買いました。

思ったよりやすかったですが、幾ら安くても、人のものを焼くのですから、せめて今度のカルスキーでお会いした時に、此れを差し上げようと思ったからです。

ヨドバシを切り上げて。

ICIにも脚を伸ばしました、此れこそスキー用のタイツを買ったのです、『ブレスサーモ』という

タイツ厚手とシャツを家内と私の2セット買いました。

美津濃、と名前が入っていました、案外高かったですがどれほどの効果か、寒いよりは好いかと。

これらを下げて、久ぶりに、京王デパートの食堂街に上がり、家内の好きな、「光悦」で和食を食べて。

「ヤッパリ、ハワイとは格が違うな、」と言いながら、「紫陽花」という安い定番を食べて帰りました。

紫陽花は何時食べても安くて美味しいです、紫陽花のメニューの内容はここ何十年変わっていません(笑)特に茄子田楽と天婦羅そうめん、煮物、此れが他では太刀打ちできません。
新宿は時々出ますが、ここで食事を取れる、チャンスはそう多くないんです、二人揃っていくのは通過はしますがね、年に1度有るか無いかです。

ここの客の大半が女性ですね。

下真ん中の写真が,

息子ファミリー、縞のウエアが、ナデシコ?。

東京今日は負けて1部昇格は無理かな、始めて見た感じでは、集客を考えたら、小学生のサッカー参加者を我が家の様に1人増やせば 。

中学まで行けば、×4-5倍人の1回が800円なら、年に3回としてもかなりの

動員数になりますし×辞めなければ6年-8年。

問題は裾野広大だね。

此れが孫が出る試合なら、年寄りの生きがいにも繋がりますね。




Img_6092 Img_6084 Img_6122

味の素スタジアムでサッカーを見て、帰りは駅が込むので、家が近いので徒歩で帰りましたが、子供たち皆で、帰り道にある、ステーキガストでステーキを食べて。

なんだかんだ動き、満足度は上がります。

Img_6119

昨日は京都田ごと和食、今夜は洋食のリブステーキ。

こんな1日で、サッカーはなまで見るのは初めてでした、

ところが後半の試合だけを見に来る方が案外多いのに、皆さん時間が取れないんだな?。

孫のサッカーのおかげかな?。

1万4千人との発表でしたが見たところ球場は3分の1かな、5万人は?入りますね。

負けましたが応援が好いですね。


初めて見たんですが、敗因は、シュートが下手くそ、何度もチャンスが有るのに生かせません。

時間が有るなら現在のシュート練習の2倍はいるのでは?少なくてもプロですからね。

此れが何らかの理由で出来なければ何時までも勝てません。

J1昇格は無理でしょう?。

どう見ても一番大事なシュートだけに掛けるべきでしょう。

少なくても相手の横浜、シュートだけの練習の2倍。


将棋で言えば、詰め将棋が甘いです。

詰め将棋は毎日やっても、足りないと名人達が言います。


もう一つ目に付いたのは、キャプテンが、イマイチパスが遅いように見えました、ボールを受ける前に回すところの候補を決めておいて受ける。

此れが無い、一度も無い。

ボールを受けてから、見回して考えてパスを回す、此れでは、私が見たって駄目です。

この方だけが目立ってパス回しが遅すぎます。

もしオフサイドの待ちなら、こちらもせめられたときに、やればよし。コーナーまで引いてから、蹴ればよし。

「抜群のスピードで相手DFをかく乱し、勝ち点を獲得した。」

この様に言われないと駄目でしょう。

こんな事が一試合に何度も見受けられるんです。

これは練習不足でしょう?疲れも見えます。横浜の方が試合前のウオーミングアップが軽いです、東京はウオーミングアップが、ハードすぎます、3試合やったことに成っています。

コートチェンジの後は、断然横浜の方が、全員のやる気が見えます。動きが機敏です。

始めて見るサッカー度素人の私が見て、横浜なんですから、きっと勝ち進みます。

此れでは試合前に疲れてしまうのでは?、横浜の方がおりこうですがな。

岩登りとスキーの目で見たサッカー、どうなるでしょう。


スキーなら、1人で年に1箇所、自分の欠点を見つけて、此れを1年掛けて直す。

と同時に、もう1箇所、欠点を見つける。

沢山は直せないから、一番大きな欠点を、1ヶだけ「集中的に」1年掛けて直す。

と同時に、来年の課題を1箇所見つける、此れには、強い他の人のホームを見て、自分と違う所を見つける、この眼力が大事では?。

「あのやろう、ここのところを、こうやっていた。」

今回は人のサッカーを見て自分のスキーに生かそう?と思いました。

脚を使うのは、野球も、サッカーも、スキーも同じでは、脚の裏で感じるバランスでは?。

私はあまり感じない方だから、神経をもっと足の裏に、集中するのが課題かも?

靴があるので外から、見て足の裏の感覚はわかりにくいが、膝の僅かな位置の違いで足の裏に掛かる力を見破る。

指導者にここまで要求するのは無理だから、自分で考えるより、打開の道は無い。


この秋の『グランジャースキー』で感じた、スキーからの反発力、此れをGSのスキー板で得る為に、如何にしたら得られるか?。「ずれない外脚加重かな?。」

グランジャースキーは全くと言う程ずれないので、スキーのしなりは『O』なのに、物凄い反発力を感じるんです。

しなりが無くても、あれだけに反発力が来るんだから、スキーの返りの力が加われば。

この反発力は脚の裏なんて生易しい物ではなく脚全体に、来るんです。

今回のグランジャーは初めてでしたので、反発力を感ずる場所が遅すぎる、少なくてもスキーが最大傾斜線に掛かる前に、「グググ」とこなければいけない、ところがスキーが4時を過ぎたところから来るんです、此れが練習によって早く成ってくれれば好いのでは?。

ブランコの振りの掛かる時の力に近いか?片足で扱ぐ時かな?

つくずく思いますがグランジャーは好い経験をしました。

今までのスキーでは感じなかった、反発の力を午後慣れてくると感じたんです。

あの感覚を目標に今年は滑ろう。(笑)

作シーズンは、足首すね加重を専門に頑張りましたから、「兎に角脚の脛で押し捲る」今年は内傾エッジング?ですかね。

逃れようの無いカーブのレールにはまった感じかな?

普通のGSのスキー板でグランジャーの感覚が出れば(私の横浜?に勝てる)(笑)

|

« スイスの写真 | トップページ | ハワイの名残? »

「スキー」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 冬支度ーとサッカー観戦から思う:

« スイスの写真 | トップページ | ハワイの名残? »