« つい比べたくなる、食物繊維。 | トップページ | 韃靼蕎麦茶の味 »

大阪で読んでくれていた、このブログ

大阪からメールが来ました。

事件なので、名前は伏せて貼り付けます。


>南さん

こんばんわ。大阪の、、、、、です。
ブログで脳梗塞のことを知りました。
後遺症は無いとのこと、本当によかったです。
大会前の絵美ちゃんキャンプでも
絵美ちゃんも広井さんも南さんのご病気をどなたかから聞いたのでしょう。
南さんが来られないこと、たいそうがっかりしていましたが
ご無事で何よりと言ってました。
私は昨日、野沢より戻ってきました。
結果は表彰状ももらえずがっくりの成績でしたが
無事に滑り終える事が出来て感謝しています。
というのも、2日目の国体予選は、大雪で前日からずっと雪が降り続いて
朝になっても、まだ湿った雪がどんどん降り積もっている状態のスタートでした。
私は、最初からマスターズだけで予選はサポートに廻るつもりだったので
主人のスタートを見て、ウエアをリュックに入れて東コースをヨタヨタと
降りてきたのですが、ゴールエリアで何やら騒がしい。
ゴールしたはずの主人は、そのままゴールマットに激突、乗り越えて
頭から雪に落ちた様子で、私が到着したときには、すでに
靴もヘルメットもつけたまま首を固定されてスノーボートに乗せられていました。
頸椎損傷?
この言葉が頭をよぎり、よくて車イス生活、寝たきり等、想像すると身体が震えてきましたが
側で見てくれていた消防士の知人が「大丈夫や、手も脚も自分で動かせてるから!!」と
声をかけてくださり、妙に説得力があったので安堵しましたが、
そのまま温泉病院→救急車で飯山日赤へ MRIを撮ってもらい
ドクターから「大丈夫。強度の首のねんざです」と言われるまでは、やはり心配でした。
長々と書いてしまいましたが、
今年初めに西舘で、マスターズで連覇されている有名な方が頸椎を打ち亡くなったとのこと。
一つ違っていたら主人も大変なことになっていたかもしれない。
命あればこそ、生きていてよかった。無事でよかった。と思った出来事でした。
ブログを読んで、「柿は脳梗塞がない」泣けてきました。
昨年3月以降、練習してきた月日、思いを考えると、
これからのスキーシーズンを雪上に立たぬまま過ごすことは本当にお辛いと思います。
でも、取り留めたかけがえのない命。どうか大切になさって、一日でも長生きして欲しい。
そして、一日でも長くスキーを続けて強い最年長競技スキーヤーになってほしいと心から願っています。
きっと南さんなら来年には輝く優勝メダルを手にしていることでしょう。
来年は北海道Kiroroで全日本マスターズが開催されます。
>今から楽しみですね。



と言うことです。返事は出しましたが、ここでは乗せません。

でも驚きです、大したことが無いのを祈るだけです。

実は昨年の12月、われわれの仲間「技術研究会」で、このキロロに行く予定だったのですが脳梗塞で「ドタキャン」してしまったのです。

技術研究会だけでも3回のキャンセルです、もちろん家内の分もキャンセルです。

キロロは来年?の大会場所だったのですね、偶然ですね。

事は順調には旨くいか無いものですね。

|

« つい比べたくなる、食物繊維。 | トップページ | 韃靼蕎麦茶の味 »

スキー」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 大阪で読んでくれていた、このブログ:

« つい比べたくなる、食物繊維。 | トップページ | 韃靼蕎麦茶の味 »